iPad 2台持ち活用・併用のメリット&デメリット!一本化の検討を

iPad use Life
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

初めてiPadを購入する場合では特に悩む事はありませんが、今まで愛用していたiPadが既にある状態で、新製品のiPadシリーズが発売されると、不思議と新しいiPadが欲しくなってしまい、買い換える場合もあります。

この場合では、確実に2台持ちになってしまいます。でも、2台持っても良いですけど、現実的に考えて、新しく購入した機種をよく使う事になるので、今まで愛用していた旧機種は自然と使わなくなります。

完全に使わないと断言できるのであれば売却処分も選択肢の1つに入ってきますが、想定していたよりも買取金額が低い場合では躊躇して自宅で眠ってしまう展開も珍しくありません。

これだとまだ使えるのに使わないパターンになるので勿体ないため、活用方法に悩みを抱える事になります。現実的な解決方法としてiPad 2台持ち併用による活用となると思います。

今回の記事は『iPad 2台持ち活用・併用のメリット&デメリット!一本化の検討を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

所持している複数台のiPadは現役で使用?

iPad愛用者の場合では全シリーズ所持していると思います。家族がいれば実際に使いこなう事も可能ですが、個人利用の場合では自宅に眠っている事も珍しくありません。

iPad 2台所持して現在も現役で活用

iPad mini 5 と iPad Air 4 を所持していますが、両機種とも現役で使用中になるため、使い道に困って宝の持ち腐れになってしまう展開には陥っていません。

本来であればこのような理想のパターンでiPadを使いこなす事が望ましいのですが、複数台の場合では簡単とはいかないのが実情になります。

その理由としては、新しく購入したiPadに興味や関心が集まっている状態なので、自然と旧機種あまり考えなくなるからです。そのため、愛用する(頻繁に利用する)のは新しく購入したiPadになる訳である。

実際の利用頻度が少ないと、必然的にサブの用途になるため、利用頻度も少なくなります。幸いな事に、新しいiPadを買っても便利に利用できているのでラッキーだと思います。

 

iPad 2台とも現役で利用できる理由

iPad mini 5 及び iPad Air 4 は用途で使い分けています。うまく使い分ける事ができれば、個人利用でも複数台のiPadを現役で活用できます。

基本的に通勤用と自宅用に使い分けており、通勤はiPad miniが担当しています。だからといって、自宅では使わないのか?と言えば普通に使っています。

自宅ではiPad miniをゲーム活用しています。スマホゲームをiPad miniに移管したらスマホのバッテリー対策にも繋がってウィン・ウィンの関係で利用できます。

それに対して、iPad Air は主にスマートウォッチとの連携活用 及び デジタルノート活用に特化しています。

 

通勤からテレワークに変化

今まではiPad mini を通勤に持参していましたが、コロナでテレワークが増えてしまい、流石に通勤に持参の用途はなくなりました。

でも、iPad mini ではゲーム用途でも活用していたので、そのままゲーム専用機になっています。流石に新しい機種をゲーム活用するには勿体ないと感じますが、旧機種なのでそういう感じはないです。

 

スポンサーリンク

iPad 2台持ちのメリットを活かすには前提条件あり

iPad mini 及び iPad Air の2台を所持して実際に両機種ともに使って現役利用していますが、2台持ちのメリットは何があるのか?も気になると思います。

用途別に使い分けできる活用方法

複数台のiPadを所持している場合では、用途別に使い分ける事ができるようになります。

用途といっても自宅や外出で使い分ける方法も有れば、仕事プライベートで分ける使い方もあります。どのように使い分けるのか?も重要な要素となるため、安易に考えて活用する選択は良くないです。

その理由としては、用途が少しでも被ると活用の幅も狭くなるので、複数台のメリットを活かせないからです。

iPad 2台持ちを活用するのであれば、両機種ともにウィン・ウィン(メイン用途)で使える用途が望ましいです。

 

使い分ける場合は画面サイズも考慮

iPadを用途別に使わけて活用する場合では、画面サイズも関係あると感じます。というのも、同じサイズのiPadを複数台所持している場合では、使いこなすのは逆に難しいと考えます。

どうしてなのか?と言うと、画面サイズが近い場合では、見た感じや本体の重量が差ほど変わらないので、愛用している機種で問題ないという感じになるからです。

これでは両方とも併用しているとは言えません。所持していると言った方が正解になります。そのため、用途別に使い分けるのであれば、少なくとも画面サイズは明らかに異なる組み合わせが望ましいです。

 

使い分ける場合の前提条件

iPadはスマホとPCのどちらにも近いポジションになるため、必然的に用途も被りやすいのが実情になります。そのため、メインで活用するのではなくサブに徹する使い方になる場合が多くなると思います。

この状況でiPadを2台持ちして活用する事になるため、どちらか?のiPadは必然的にあまり使わなくなる可能性が高くなります。

そのため、両方ともサブの用途で使うのではなく、オンリーワンの用途で利用する活用が望ましいです。

つまり、両方とも1~2つの用途に特化した使い方を行う事になります。その上で、用途が被らないように努力することが求められます。

 

iPad 2台持ちのデメリット 及び 解決方法

複数台のiPadを活用する場合ではデメリットも発生します。このデメリットをどのように克服するのか?も重要になると考えます。何故なら、克服できないと意味がないからです。

iPad mini 突然、用途がなくなるデメリットの克服

いつも通勤用のボディバッグにiPad miniを収納して持参していますが、コロナの影響もあり、テレワークに変更になった事も関係して、通勤活用の用途がなくなってしまったのである。

これには参った!という展開。まさか通勤がなくなるとは全く想定していなかったので、さてiPad miniは何に使おうかな?と一瞬だけ悩みました。

実際にはゲーム用途にも使っていた事もあり、完全にゲームマシンとして活用しています。Androidスマホよりも大画面をプレイできるのでゲーム活用も便利に感じます。

 

iPad Air 実際のデメリット

iPad Air 4 の場合はデジタルノートに活用していますが、本来の購入目的は仕事活用になります。それが途中で挫折してしまった事もあり、デジタルノートに特化する活用で現在も便利に使っています。

何がデメリットなのか?と言うと、本来の購入目的で買ったのに、違う用途に活用方法を変更すると、それに伴い、アクセサリーが不要になってしまう事に尽きます。

仕事で使うのを目的で購入したのでSmart Connector対応のロジクールFolio Touchトラックパッド付キーボードケースを購入している訳ですが、用途を変更してしまったので、利用する頻度が激減したのである。

と同時にApple Pencil 2のペン先が消耗する頻度も高くなったので新たなる悩みも増えたのが率直な感想になります。

 

iPad 2台持ちはアクセサリーの活用も考慮を

iPadの場合では便利に使える反面、用途を変更すると対応するアクセサリーが対応できない場合も有るので途中で用途の変更は宜しくないと感じます。

特にキーボードケースを利用する目的でiPadを使っている場合では、ある日、突然、その用途が無くなった場合の事を想定しておいた方が良いのではないか?と思います。

又は、用途を変更した場合ではアクセサリーが使わなくなってしまうので、宝の持ち腐れになる事も十分に理解しておいた方が無難です。

たいていの場合は、そんな事は微塵も考えないで購入する場合が多いですから、iPadアクセサリーも一長一短があります。

 

スポンサーリンク

iPadは1台あれは十分!一本化の検討を

通勤でiPad mini 5を持参、自宅でiPad Air 4 を使っていますが、個人で使うのであればiPadは1台あれば十分だと考えます。これは実際に併用して感じた結果になります。

ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケースのレビュー(iPad Air 4)
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad Air 4 の ロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースのレビュー』についての内容になります。 iPad Air 4 で入力作業を行う場合に必要に...

iPadは、1台あれば十分

画面サイズが異なるiPadシリーズ(iPad mini 、iPad Air)を2台所持していますが、使い分けで迷いが発生する事も実際にあります。迷いが生じるとアレコレ考える展開に発展するため、時間が勿体ないです。

時間は有限なので、勿体ない時間は可能な限り少ないほうが良いです。この事を考慮すると、迷いの原因でもあるiPad 2台持ちはやめて1台に集約するのが賢明の選択になります。

それに個人利用であれば、1台あれば十分なので、便利に使えるからという理由で2台持つ必要はないのですが、この事に気が付くのは複数台の併用による活用を実践している場合が多いです。

 

家族にiPad活用を協力してもらうのは一長一短

複数のiPadを所持しても、便利に使えるには理由があります。家族がいれば家族に協力してもらうのが最適でかつ、最善の解決方法になります。

それに対して家族は居るけれどもiPadに関心がない場合では、預けても興味や関心が全くないので使わないのが実情になります。それは宝物の持ち腐れになっていると言っても過言ではないです。

これでは意味がないので、家族に協力してもらうのも一長一短があります。それならばどうするのか?と言えば、他力本願ではなく自力本願するのである。

それも難しいのであれば、結局のところ、一本化を検討するのが賢明の選択になります。

 

複数台のiPadは一本化の検討を

複数台のiPadを所持している場合では、いずれどこか?のタイミングで併用による活用に疲れてしまう場合があります。そのタイミングは個人差があるので「いつ」とは断言できないです。

用途で使い分けると便利に活用できますが、使い分ける事によって、うまく時間を活用できるいう訳ではないため、本当の意味で活用を考慮するのであれば、1台に集約した方が良いのではないか?と個人的に考えます。

だからといって、直ぐに一本化しなくて良いです。こればっかりは自分にとって最適なタイミングで行った方が良いからです。