iPad 便利な使い方!Assistive Touch 活用方法

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

iPadを便利に使いこなしたいと考えている人も多いと思います。実際にはそのように思っていても現実は甘くはなく、使いこなしているとは言い難い状態という場合も多いです。

これでは何の為にiPadを購入したのか?分からないので良くないとは感じると思います。便利に使いこなすには、基本操作は全てマスターすれば意外と答えは簡単だったりします。

その1つの例を挙げると、Assistive Touch になります。仮想ホームボタンとして使えるのですが、ホームボタンの用途で利用するのは勿体ないと思います。

今回の記事は「iPadで仮想ホームボタンのAssistive Touchを便利に活用する使い方」についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadは仮想ホームボタンを利用できる

iPadではホームボタンが無くてもAssistive Touchで仮想ホームボタンを利用できるようになっているため、使い方によっては便利に使えます。

仮想ホームボタンとは?

iPadにはホームボタンが装備されている機種と装備されていない機種があります。

ホームボタンがない機種でも仮想ホームボタンと呼ばれるAssistive Touchの機能をオンにする事で、同様の操作が行えるようになります。

また、それだけでなく、プラスαの機能追加も行えるので便利に活用した方が良いです。

 

Assistive Touch

仮想ホームボタンを利用する場合は、設定画面を開いて、アクセシビリティの中にあるタッチからAssistive Touchに進む事ができます。

デフォルトではスイッチがOFFになっているため、ONに変更する必要があります。Assistive Touchがオンになると仮想ホームボタンが表示されます。

ホームボタンがない機種(iPad Air Pro)の場合では便利に使える場合が多いです。

 

PCマウスを利用する場合

iPadはPCマウスも利用できますが、この場合は仮想ホームボタンがマウスのカーソルとして機能します。

仮に、カーソルとして利用する場合では、サイズを小さくしないと使い勝手が悪いので、ポインタサイズを変更した方が良いです。

 

スポンサーリンク

iPad Assistive Touch 便利な機能

ここでは、Assistive Touchを利用する場合の便利な機能についての紹介になります。とは言え、確かに便利に感じますが同時にデメリットに感じる場合もあります。

3つの動作だけ自分好みに変更できる

Assistive Touchを活用すると、たったの3つの動作だけですが、自分好みの設定に変更する事ができます。

たったの3つしか変更できませんが、それでも自分好みに設定を変更できるのは有り難いと思います。

とはいえ、選択リストから選んで設定する事になるため、自分が求めている機能が含まれていない場合もあります。

 

Apple Pencilだけで操作できるようになる

iPad でApple PencilなどのiPad対応タッチペンをよく利用する場合では、Dockやアプリスイッチャーといった便利な機能を利用する時に困ると思います。

何故か?と言うと、Apple Pencil単体でこれらの便利な機能を表示する事が出来ないからです。タッチ操作では簡単に行えても、スタイラスペンでは行えないのである。

このような場合では、Assistive Touchの カスタムアクションを自分好みに設定するしか方法がありません。

 

Assistive Touch デメリット

自分好みに設定できるのは確かに便利に感じますが、最大で3つの動作までしか変更できないのは逆にデメリットに感じます。

仮想ホームボタンに設定したい機能が3つ迄ならば何も問題ありませんが、4つ以上ある場合は厳選する必要に迫られます。

大いに悩める結果に繋がるため、この点がデメリットに感じます。3つしか設定できないのは不便に感じるのは気のせいでしょうか?

 

スポンサーリンク

iPad Assistive Touch 活用方法

iPadで仮想ホームボタンを利用している場合も多いと思います。特にApple Pencilを利用している場合に役立つといった感じなので便利に使っています。

仮想ホームボタンの活用

設定のアクセシビリティのタッチ操作でAssistive Touchオンにすると、仮想ホームボタンを利用できるようになります。

これで満足してはいけません。標準設定では使い物にならない場合が多いです。カスタムアクションで自分好みの動作が行えるようにするのが賢明の選択です。

逆に自分好みの設定に変更してこそ、iPadを活用しているといった感じになるため、真っ先に変更した方が良いと思います。

ここでは、仮想ホームボタンを活用するには、「シングルタップダブルタップ長押し」のどれかに自分が利用したい機能を割り当てます。

 

Apple PencilでDock表示に対応できる

Apple Pencilを使っている時に一番困るのがDockを表示する場合だと思います。何せ、Apple PencilだけでDock表示できませんから実際によく悩みました。

タッチ操作では出来るのに、どうやったら表示できるのか?悩みに悩んだ末に結論に到達したのが仮想ホームボタンことAssistive Touchになります。

カスタムアクションを活用する事で、3つまで自分好みの設定に行う事ができます。たったの3つだなので不便に感じますが、仕様なので仕方ありません。

iPad Air 4 では、ダブルタップにDockを表示するように設定しています。マルチタスクのSplit ViewSlide Overを利用する時に、Apple Pencilで画面分割などが行えて便利に使えるからです。

 

iPad活用!Split ViewとSlide Overの併用を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadの活用に最適な使い方は、Split ViewとSlide Overを併用した使い方が最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです...

カスタムアクション設定

Assistive Touch カスタムアクションを設定する事で、Dockを表示するだけでなく、アプリスイッチャーもApple Pencilだけで表示できるようになります。

筆者の場合はアプリスイッチャーもよく使っている機能の1つになりますが、カスタムアクションは最大で3つまでしか設定できないため、この操作はタッチ操作で行っています。

 

Assistive Touch カスタムアクション

ここでは、筆者が実際に設定している Assistive Touch カスタムアクションについての紹介になります。iPad mini 5 及び iPad Air 4 の2パターンで紹介します。

iPad mini 5 カスタムアクション

① mini シングルタップ
メニューを開く」に設定。仮想ホームボタンの用途で利用するため。一番良く利用しているのでシングルが最適だと感じます。

 

② mini ダブルタップ
スクリーンショット」に設定。スクリーンショットは長押しが最適なのですが、長押しに再起動を設定しているので必然的にダブルタップに設定という展開になっています。

 

③ mini 長押し
再起動」に設定。iPad mini ではアプリを使っていると、途中でフリーズする場合があるので、長押しで再起動できるようにしてあります。

 

iPad Air 4 カスタムアクション

① Air シングルタップ
メニューを開く」に設定。仮想ホームボタンの用途で利用するため。

 

② Air ダブルタップ
Dock」に設定。Apple Pencilを操作している場合も多いのですが、Dockを表示する時に困るため、Assistive Touch カスタムアクションを活用しています。

 

③ Air 長押し
スクリーンショット」に設定。色々試したけど、長押しが便利に感じたのが理由。