ノートPCやめてiPad購入は活用できない!iPad PC併用を

iPad use Life
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

ノートPCを使っている場合では、薄くて軽量&持ち運びにも便利なiPadなどのタブレット端末も欲しいな~と感じる場合も意外と多いです。

タブレット端末は、スマホを大きくしたバージョンなので必要性は感じないのですが、なぜだか?分かりませんがiPadは不思議な魅力を感じてしまい、欲しくなってしまいます。

その理由としては、iPadには高性能なCPUを搭載 及び グラフィック性能も高く、Smart connector対応のトラックパッド付キーボードケースも利用できるため、もしかするとノートPCの代用ができるのではないかな?と考えてしまうのである。

キーボードケースをiPadにドッキングすると、ノートPCのように利用できるので、余計にノートPCからiPadに乗り換えても良いのでは?と頭の中で考えてしまいます。

今回の記事は『ノートPCやめてiPad購入は活用できない!iPad PC併用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadはキーボードケース利用でノートPC活用できる

iPadは有れば便利に使えるけれども無くても問題ないグッズに該当するため、買わなくても特に困らないガジェットでもあります。それなのに不思議と欲しくなってしまう魅力が備わっています。

なぜだか?分からないけれどもiPadは魅力的に感じる

iPadは一般的なノートPCよりも性能の高いCPU 及び グラフィック性能を搭載しているだけでなく、直感的なタッチ操作も便利にできるので使いやすいです。

勉強や学習に活用する場合では、デジタルノートアプリを利用することで紙のノート代わりとして活用できるようになるため、使い方によっては便利に利用できます。

読書が趣味の場合では、電子書籍を購入して読書活用できますし、電子書籍を利用することで自宅の本棚に収納しなくても良くなるため、省スペース化にも役立ちます。

また、Apple Pencilを利用することで、イラストやお絵かきといったアプリを利用する場合に便利に使えるようなりますし、高性能なCPUやグラフィック性能があるため、ゲーム活用しても特に不満はないです。

これらの用途でiPadを利用するのであれば何でも使いこなせるのでは?と思ってしまうぐらい魅力的に感じます。

 

iPadはノートPC活用できるので便利に感じる

iPadでは、PC周辺機器のキーボードやマウス、USBハブ、ワイヤレススピーカー等が利用できるため、これらの周辺機器を利用することでノートPC化を実現できます。

幸いな事にiPadは一般的なノートPCよりも高性能なCPUとグラフィック性能を搭載しているので、PC性能も高いです。これらの機器を組み合わせることで、見た感じ、ノートPCとそっくりじゃん!といった使い方も行えるようになります。

このように感じてしまうと、ノートPCなんて必要ないのでは?と思う場合もあるため、頭の中のイメージで全てを決してしまうのではなく、実際に使ってみてどうなのか?を重視するのが最適な判断に繋がります。

 

iPadと一体運用できるキーボードケース

iPadシリーズでは、Smart KeyboardやMagic Keyboard、ロジクールFolio TouchなどのSmart Connectorに対応しているキーボードケースも利用できます。

これらのキーボードケースをドッキング装着することで、iPadと一体運用できるため、持ち運びする場合も一緒に携帯できるのが助かります。

また、トラックパッドが搭載されているキーボードケースの場合では、マウスを利用しなくても良いので外出先に余計な機器を持参しなくて済みます。

さらには、iPad本体とドッキングできるUSB Type-Cハブを利用すれば、拡張性も高まるため、USB機器などを利用する場合に便利に使えます。

 

スポンサーリンク

ノートPCやめてiPadに乗り換えの検討はしなくて良い

ノートPCを所持している場合でもiPadは魅力的に感じるので、ノートPCからiPadに乗り換えを検討する場合も有ると思いますが、この検討はしなくて良いと思います。

Smart Connector対応キーボードケース購入について

初めてiPadを購入する場合では、一緒に魅力的に感じるSmart Connector対応キーボードケースなどを購入する場合がありますが、この判断は最適ではないです。

というのも、iPadにキーボードやマウスを接続して利用できるようになったからといって、それはノートPCではないです。この場合でもiPadであるという事実に気が付くべきです。

この事に気が付いていても、実際にはイメージできていない場合が多いのが実情のため、iPad本体と一緒に魅力的に感じる 又は 便利に利用できるからという理由で購入する場合が多いです。

 

iPadでキーボードケースを利用する用途

iPadにSmart Connector対応キーボードケースをドッキング装着して利用する場合もありますが、この用途は果たして本当にどのぐらい有るのでしょうか?という事を考慮した方が良いです。

たぶん、Smart Folioなどのアクセサリーも購入している場合が多いですから、キーボードケースを利用する機会となると、限定的になるのでは?というのが個人的な見解になります。

たいていの場合ではメインでPCも使っているパターンになるので、キーボード入力に関して言えば、圧倒的にPCで行った方が便利ですし、使いやすいです。

それなのに、iPadにキーボードケースを利用して入力する用途を作るのは如何なものかな?と考えます。

 

iPadノートPC活用はやめた方が良い

iPadにSmart Connector対応のSmart KeyboardやMagic Keyboardなどのキーボードケースを利用してノートPC活用するのは良くないのか?についての紹介になります。

基本的には実際の用途がどのぐらい有るのか?が重要になりますが、それ以外にもキーボード入力に関して言えば、圧倒的に便利なのはPC入力です。

何故か?と言うと、自分にとって最適に感じる日本語IMEを使っているからです。仮にiPadでキーボード入力をしたとして、本当に便利に使えるのか?と言えば、そんなに便利に使えないと思います。

たぶんノートPC活用できて自己満足に終わるといった感じ。毎日の日常生活でPCで利用している日本語IMEとiPadで利用できるIMEは異なるので、この状況下でも便利に使えるのか?という事に着目した方が良いです。

そのため、この事を考慮すると、現実的な選択としてはiPadはタブレット端末の用途で活用するのが最適という結論に到達します。

 

iPadノートPC活用よりPCと併用する活用の検討を

iPadにキーボードケースを利用してノートPC活用する方法もありますが、キーボード入力する用途や頻度 又は 日本語IMEも考慮が必要になります。PCとの併用も選択肢の1つに入れても良いと思います。

ノートPCからiPadに乗り換えるのは良くない

iPadはガジェットに該当するので必需品ではないのが特徴の1つになります。その上でガジェットの場合は有れば便利に使えるけれども無くても困らない場合が多いため、ノートPCからiPadに乗り換えるのはリスクが大きいです。

そうも知らずに乗り換えた場合では、今までノートPCでやっていた作業をiPadで行う事になる訳ですが、実現するのが難しいと感じると思います。

何故か?と言うと、PCとiPadで同じアプリやソフトを利用している場合でも、機能なども含めて全く同じではないのでiPadアプリでは利用できない場合もあります。

Google ChromeをPCで利用していた場合では、PC版では拡張機能が利用できますが、iPad版Chromeを利用すると、拡張機能が利用できません。

それならばChromeと同じように利用できるMicrosoft Edgeはどうなのか?というと、iPad版では拡張機能は利用できないため、結局のところ不便に感じる事になります。

 

ノートパソコン(PC)も必要になるのが実情

ノートPCやめてiPadノートPC活用に乗り換えた場合では、今まで普通に行えていた事ができないという展開に発展する場合が多いです。

リストなどをプリンターから印刷する場合では、USB接続にて印刷できないため、Air Printに対応しているプリンターが必要になります。

複数のアプリを同時に利用する場合では、Split Viewによる画面2分割が利用できますが、それ以上のアプリを同時に使う場合は、Slide Overも活用して3つ利用する方法となってしまいます。

でも、Slide Overを使うと、確実に画面の右側に表示しているアプリに影響が出るので便利に使えるといった感じではないので意味がないと思います。

複数の異なるソフトを起動して必要に応じて切り替える使い方を普段から行っている場合では圧倒的にPCの方が便利に使えるので、iPadに乗り換えしない方が最適です。

 

iPadとPCを併用する活用方法

iPadが欲しくて仕方ないと感じている時に、iPadを買わない選択というのは現実的には難しいと思います。固い意志でもない限り、誘惑に打ち勝つのは厳しいのが実情です。

何かを買いたい欲求は誰しも持っているため、仕方ないので、自分が納得できる答えが見つかったら購入するという選択も有りなのではと思います。

逆を言えば、自分が納得できない内は買わないので、そのうちに冷静な判断が行えるようになるのをひたすら待つ戦略となります。

それも難しいのであれば、最終手段として、iPadとノートPCを併用する活用方法で対応するのが賢明の選択になります。但し、この場合はiPadはキーボード利用しないのが前提条件になります。

純粋にタブレット端末の用途で利用する事で、ノートPCとの共存が行えるようになる可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

iPadとノートPC併用する場合の注意事項

iPadとノートPCを併用する活用方法を行う場合では、相互に用途が被らないようにする必要があります。仮に被ってしまうと、一本化した方が良いと感じるようになるため、結果的にiPadが宝の持ち腐れになる可能性が高くなります。

ASUS ZenBook 13 レビュー!Windows PC(i5、8GBメモリー、256GB SSD)
皆さん こんにちは! 主にプライベート用途で使っているパソコンは、13.3インチのWindowsノートPCであるASUS Zenbook 13になります。 その他にプライベート用とビジネス用に使い分けている関係で、Win...
iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー
皆さん こんにちは! iPad mini を所持していますが、こちらは主に仕事活用(通勤)に持参する用途で使っています。 でも、仕事に活用するには画面サイズが小さいので、実際のところ、スケジュール管理の用途にも向いていな...

ノートPCとの併用は iPad mini が最適

iPadとノートPCは立ち位置的に近いポジションになるため、用途が被ってしまう場合があります。というのも、ノートPCのディスプレイがiPadに近ければ近いほど、用途が被る可能性があります。

その点、iPad mini であれば、ノートPCよりも明らかにディスプレイも含めてがサイズが小さいので、上手く併用できる可能性が高いです。

 

iPadは1~2つの用途に特化した活用が最適

iPadの場合では一般的なノートPCよりも高性能なCPUやグラフィック性能を搭載しているので、あれこれ色々な用途に利用したくなってしまいますが、1~2つの用途に特化した方が良いです。

高性能なiPadなのに1~2つの用途に特化するの?と思ってしまうかも知れませんが、現実的にこれが最適に感じます。1つの用途ならば確実にオンリーワンの使い方ができるため、活用方法に悩む展開に発展しない可能性の方が高いと考えます。

筆者の場合であれば、iPad AiriPad mini を所持していますが、両方とも基本的に1~2つの用途に特化しています。

iPad Air はデジタルノートOneNote活用 及び スマートウォッチ連携、iPad mini はゲーム活用といった感じ。

 

併用は意外と難しい

イメージ的には簡単そうに思えるのが併用による活用方法になりますが、実際に併用を行ってみると、意外と難しかったり、何でこんな面倒な事をやっているのだろうか?という事実に気が付きます。

このように感じてしまったら最後、行き着く先は一本化になってしまうので、必ずしも最適とは言えないのですが、一本化したくないから併用しているので、多少面倒でも割り切る事も必要です。

併用の場合では、棲み分けができれば上手く機能しますが、時間が経過すればするほど、ゴチャ混ぜになってしまう場合が多いです。

継続して用途の棲み分けが行える自信が有るのか?も考慮した方が良いです。この場合の解決方法としては、2in1 PCを購入するのも1つの方法になります。

タブレット端末とノートPCの両方の使い方ができるので、良いとこ取りになる可能性が高いです。