iPad Apple Pencil ペン先は消耗品!摩耗後は交換を

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを購入する場合では、Apple Pencilも購入する場合が多いと思います。純正品は高いので安価なiPad対応スタイラスペンを購入する場合もあります。

いずれの場合でも毎日のように継続して利用していると、ペン先に変化が発生します。あれ?もしかすると、すり減っているのかな?といった感じ。

この程度であれば、あまり気にしない場合が多いのですが、芯が出現したりすると、これは流石にマズイ展開に発展します。何故か?というと、iPadのディスプレイが傷付いてしまうからです。

そのため、ペン先の交換も必要になる訳である。

今回の記事は『iPad Apple Pencil ペン先は消耗品!摩耗後は交換を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air で利用するApple Pencil 2

iPad Air 4 及び Smart Folio と一緒に購入した Apple Pencil(第2世代)についての紹介になります。パームリジェクション対応iPadスタイラスペンも所持していますが、基本的にApple Pencilを利用しています。

Apple Pencil 2 仕様

サイズ : 165mm × 10mm × 10mm

重量  : 18g

充電等 : ワイヤレス充電

接続等 : ワイヤレス接続、自動ペアリング

取付等 : マグネット吸着

その他 : ダブルタップでツールの切り替え(鉛筆と消しゴム等)

 

Apple Pencil 便利グッズ(アクセサリー)

① Apple Pencil カバー
Apple Pencil の場合では、若干なのですが、実際に持ってみると細い感じがするので書きづらい場合もあります。この場合に役立つアイテムがカバーになります。

実際にApple Pencil用シリコンカバーを購入して利用していますが、持ちやすくて書き心地は申し分ないです。でも、装着する場合にちょっとてこづりました。

というのも、最初の半分ぐらいまではスムーズに入っていったのですが、半分から超えた辺りから、なかなか先っぽまで入っていかなくて、ちょっと苦労した感があります。

 

② ペン先保護カバー
ペン先保護カバーも利用しています。もっとも、いつも使っているよ!という訳ではなく、ペン先の摩耗が気になったら装着するといった感じの使い方になります。

 

Apple Pencil 充電方法

充電方法に限って言えば、iPad Air 又は iPad Pro とマグネット接続して充電になるため、他の選択肢がないため、一長一短があります。

この場合では、充電しながら利用するという選択肢も無くなるため、バッテリー切れになった場合はApple Pencilでの作業を一時停止するか? 又は、もう1本予備で購入するか?の2択になります。

実際には、Apple Pencilをもう1本購入するという選択はあまり宜しくないため、安価で購入できるiPad対応タッチペンを購入して対応するのが賢明の選択なのでは?と思います。

 

スポンサーリンク

iPad Airで使うApple Pencilのペン先は摩耗する

iPadシリーズを購入する場合では、iPadで利用できる周辺アクセサリーも同時に購入する場合が多いですが、Apple Pencilも一緒に購入するのでは?と思います。この場合ではペン先も考慮が必要になります。

iPadでApple Pencilの利用が多い場合

iPadでApple Pencilをどのぐらい利用しているのか?によってもペン先の摩耗具合にも違いが発生するため、一概には何とも言えないのですが、その内に交換してくださいね!と感じるサインが出ます。

そのサインとは何かな?となる訳ですが、ペン先の摩耗になります。初期段階では注意深く見ていないと気が付かない場合が多いです。

でも、明らかに摩耗している!と感じた時は既に時遅しになっている場合が多いです。この状態ではいずれ近い内にが見えて来るのでペン先の交換が必要になります。

仮に交換しないと、どうなるのか?と言えば、間違いなくiPadのディスプレイを傷付ける事に繋がります。

 

iPadで使うApple Pencilのペン先は消耗品

iPad Air と一緒に購入したApple Pencil(第2世代)になりますが、まさかペン先が摩耗して消耗品だったのか!という事実に気が付くとは全くの想定外でした。

実際にどこまで使ってしまったのか?と言うと、芯が出るまで使ってしまいました。iPad Air にガラスフィルムを貼付しているので、iPadのディスプレイに傷が付かずに済みましたが、ガラスフィルムの買い換えとなったので失敗ですね。

何でこうなる前にペン先を交換しなかったのか?というと、そんなに早く芯が飛び出て来るとは想定外だったのが敗因の1つになります。

 

スポンサーリンク

iPadで使うApple Pencilのペン先は交換も必要になる

iPadで利用するApple Pencilのペン先は摩耗するので交換も必要になりますが、安価で購入できるペン先が魅力的に感じますが、Apple純正品が最適です。

安価で購入できる Apple Pencil ペン先の場合

Apple純正品のペン先を購入しないで、もっと安価で購入できるペン先を買って交換したのですが、これが笑えない展開に陥っています。

交換して僅か1週間程度しか経過していないのに摩耗していたりするので、品質の悪さに気が付きます。安価で購入できるApple純正品のペン先以外の選択というのも考えものだな~と思いました。

これはこれで良い勉強になったので、それ以後はApple純正品のペン先を購入となります。やっぱり何事も実際に試してみないと分からない部分もあるので、そういった意味では良い勉強になりました。

だからと言って、全てのApple Pencil対応ペン先の商品が品質が悪いという訳でもないと思います。たまたま運悪く大当たりを引いてしまったのかも知れません。

 

Apple純正品のペン先を購入の場合

流石に純正品だけあって僅か1週間で摩耗するような事はないです。やっぱり消耗品に限って言えば、純正品が良いかも知れない事に気が付いたのは新たなる発見の1つになります。

とはいえ、価格は決して安くないので、摩耗しないように心がけて使う事も必要になると感じた事もあり、余計に悩める展開に陥っています。

 

ペン先カバーという選択

どうやったらApple Pencilのペン先の摩耗を少しでも遅らせる事ができるのだろうか?という新たなる問題をクリアすべく、ペン先カバーを装着してみるのは如何かな?という結論に到達しています。

Apple Pencil専用カバーを実際に購入して使っていますが、ピッタリフィットで申し分ないですけど、ディスプレイ上での滑り心地がイマイチなので、これはこれで大いに悩める感じだったりします。

 

Apple Pencil NIB Cover レビュー(ペン先保護カバー)
皆さん こんにちは! Apple Pencil を使っていると、何ヶ月か経過したタイミングでペン先が摩耗していると実感するようになります。 毎日のようにApple Pencil を使っていればペン先も摩耗するため、交換も...

 

iPad Apple Pencilのペン先保護カバーを活用

本来であれば、ペン先が摩耗したら交換すれば良いのですが、Apple純正品のペン先は決して安価で購入できるという訳ではない価格なので摩耗を遅らせる選択に切り替えています。

Apple Pencil ペン先は消耗品になって変わった事

Apple Pencil のペン先が摩耗するので、ペン先の交換も必要になりますが、Apple純正品ではない物を購入すると、直ぐに摩耗する展開も珍しくありません。

これではペン先を常に購入するサイクルになってしまうため、家計的に良くないと感じます。それなら摩耗する前に対策を施すのが現実的な対応策になるため、ペン先保護カバーを使って試してみても良いかな?と思いました。

それともう1つ、Apple Pencilの利用頻度を下げています。今までは予備としてパームリジェクション対応iPadスタイラスペンを利用していましたが、交互に使うように変更しています。

 

Apple Pencil ペン先保護カバー NIB Cover

商品名 : Apple Pencil 第1/2世代用ペン先保護カバー

サイズ : 10mm × 6mm

素材等 : シリコン製

対応機種: Apple Pencil 第1世代 及び 第2世代

※1 ペン先の色の組み合わせが3種類から選択できる

※2 iPad対応スタイラスペンでもピッタリフィットできる場合あり

 

iPadスタイラスペンでも使える NIB Cover

Apple Pencil専用のペン先保護カバーであるNIB Coverは、名称から推測するとApple Pencil限定のように感じますが、実際にはiPad対応スタイラスペンペンでも利用できる場合があります。

特にパームリジェクション対応iPadスタイラスペンの場合では、見た目がApple Pencilにそっくりな場合が多いのでペン先がピッタリフィットする可能性があります。

仮にピッタリフィットできれば問題ないため、予備として利用しているiPad対応スタイラスペンで実際に活用しています。