iPad PCスマホ間でファイル転送して送受信する連携&活用方法

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

PCで保管しているミュージックファイルをiPadに転送したり、iPadのスクリーンショットで撮影した画像をPCに転送する場合もあります。

この場合では、どのような方法でファイル転送していますか?PCとの送受信であれば、USBケーブルを接続することで特別なアプリ不要で転送できると思います。

問題はスマホとiPad間は流石にUSBケーブルでは難しいと思うのでアプリに頼った方が良いのではないか?と個人的に考えます。

今回の記事は『iPad PCスマホ間でファイル転送して送受信する連携&活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadとPCスマホでファイル転送する方法(送受信)

iPadのカメラで撮影した写真やスクリーンショットの画像をPCに転送したり、PCからミュージックファイルをiPadに転送する場合もあります。基本的にUSBケーブルを接続して行うのが簡単です。

USBケーブル(3in1 USB ケーブルなど)

iPadを購入時に付属されてくるUSBケーブルを利用して、PCとiPadを接続してUSB経由にてファイルを転送できます。が、Lightning端子とUSB Type-Cに対応した3in1USBケーブルの方が便利かも知れません。

PCとiPad間でUSBケーブルを利用してファイルを転送する場合では、特別なアプリが必要ないため、簡単にファイル転送できますが、その代わりにケーブルが邪魔に感じる場合もあります。

iPadとスマホ間でファイル転送する場合ではワイヤレス送受信が行えるファイル転送アプリが最適です。というのも、AndroidスマホをUSBケーブルで接続するとファイル転送できないからです。

因みに、この場合ではAndroidスマホが充電状態になります。

 

ファイル転送アプリ(iPad、PC、スマホ)

ワイヤレス(Wi-Fi)でファイルを転送できるアプリを利用しても良いです。アプリの場合では、似ているアプリが多いので好みや使い勝手を考慮した方が良いです。

自分にとって最適に感じるアプリを見つけてインストールするのが賢明です。というのも、一度利用すると、継続的に使う場合が多いので使い勝手は重要です。

また、Wi-Fi通信だけでなく、電話回線で送信できるアプリも有るため、初期設定を確認した上で、Wi-Fi時のみ送信になっているのか?をチェックする必要があります。

但し、所持しているiPadがWi-Fiモデルの場合は電話回線を利用できないため、問題ないと思っていると不都合が発生するものです。PCとiPadであれば問題ないですが、iPadとスマホ間の場合は要注意。

 

スポンサーリンク

USBケーブルでiPadからWindows PCに転送する方法

iPadからWindows PCに転送(送受信)する場合に限り、USBケーブルを利用しています。Wi-Fi経由でファイル転送の方が便利に感じますが、送信時に広告が表示されたりするので何かちょっとイマイチに感じます。

iPadとWindows PC間のファイル転送

Macbookを所持していないため、ここではWindows PCにて、ファイル転送を行う方法についての紹介になります。

iPadでスクリーンショットを撮影した場合では、Windows PCにファイル転送していますが、この場合に利用する手段がUSBケーブルになります。

Windowsに対応したファイル転送ソフトも便利に利用できますが、ファイルを送受信後に広告が表示される場合があるので面倒に感じます。

そういった理由も関係して、iPadとWindows PC間に限ってはUSBケーブルで送受信している場合が多いです。

 

USBケーブルのコードが邪魔に感じる場合

iPadとWindows PC間でファイルを転送する場合では、基本的にUSBケーブルを利用していますが、唯一のデメリットに感じるのが、ケーブルが邪魔に感じます。

最近ではスマホで利用している3in1自動巻取式USBケーブルを好んで利用しています。ケーブルの長さ調節が簡単に行えるので便利に感じます。

 

3in1自動巻取式USBケーブルが便利に使える

通勤時に持ち歩いているAndroidスマホの「USB Type-C、Micro USB、Lightning」端子に対応した3in1自動巻取り式USBケーブルが便利に感じます。

所持しているiPadシリーズは、iPad miniiPad Air なので、USB Type-C と Lightning端子が必要になります。

さらにはiPad miniで入力作業に利用するBluetooth接続の折りたたみキーボードがMicro USBにて充電のため、3in1タイプの自動巻取り式USBケーブルじゃないとダメなのである。

 

スポンサーリンク

Wi-FiでiPadからPCスマホにワイヤレス送受信する方法

Wi-Fiを利用してiPadからPC 又は その逆のパターンでファイルを転送する方法もあります。この場合ではアプリを利用するのが簡単でかつ最適です。

iPadとMacbook間のファイル転送方法

筆者の場合は、Macbookも含めてApple製品のPCを所持していないため、どのように行えば良いのか?分かりません。WindowsユーザーなのにiPadを利用しているのである。

iPadユーザーガイドを閲覧 又は 「MacとiPad間の同期を設定」でキーワード検索して方法を調べて自分でやって頂くのが最適な方法になります。

 

iPadとWindows PC間のファイル転送(iTunes)

iPadとWindows PCとのWi-Fi経由でファイル転送を行う場合では、WindowsバージョンのiTunesをダウンロードしてインストールする必要があります。

その上で、iTunesを起動して、オプションにある「Wi-Fi経由でこの<デバイス>と同期する」を選択する事でファイル転送が行えるようになります。

 

iPadとPCスマホ間のファイル転送(アプリ)

iPadとWindows、AndroidのOSに対応しているファイル転送アプリを利用するのも1つの方法になります。3デバイス間での転送が全て同じ方法で行えるメリットがあります。

やっぱり操作方法が同じで済むのは何だかんだ言っても便利に感じます。因みに実際に利用しているアプリはSendanywhereになります。

デメリットは思わずクリックしてしまう位置に広告が表示される事に尽きます。

 

Chromebook PCスマホとの連携活用&ファイル転送方法
皆さん こんにちは! Chromebookで画面全体や任意の画面の一部分をハードコピーした場合では、そのままChromebookで活用しても良いですが、たぶんメインで利用しているPCで活用する場合も有ると思います。 また...

 

ファイル転送アプリでiPad PC間の転送方法

iPadとPC間で写真などのファイルを転送する場合では、ファイル転送アプリを利用するのが便利に感じます。実際に使った事があるアプリはAirMoreとSendanywhereになります。

AirMore ファイル転送

シンプルに目的のファイルをiPadからPCに転送できます。Wi-Fiファイル転送アプリなので、USBケーブル不要で利用できるのが良いです。PCブラウザ上で転送できます。

但し、Chromeで利用する場合は、最高レベルセキュリティで保護の設定(保護強化機能を有効に設定)を行わないと利用できません。

PCとの接続はQRコードにて行われるため、iPadの場合だとディスプレイサイズが大きいと面倒に感じます。そういう理由もあり、現在は利用していません。

でも、使い勝手についてはSend Anywhereよりも便利に感じます。

 

SendAnywhere ファイル転送

Androidスマホでは、Send Anywhereを利用しているのですが、こちらのファイル転送アプリの特徴としては、Wi-Fiファイル転送だけでなく、電話回線を利用して送信もできるので注意が必要です。

というのも、画像や動画ファイルの場合では、ファイル容量が大きいので、うっかりWi-Fi圏外で送信すると、電話料金が大変な事になります。

アプリのインストール後は初期設定を開いてWi-Fi時のみファイル転送に設定してください。因みにAndroidスマホ版にはWi-Fi時のみ設定が有るのですが、iPad版では無いみたいです。もしかすると、iPad Wi-Fiモデルでは非表示になるのかも知れません。

Windows版ソフトは、「もっと見る」をタップすると、メニュー画面が表示されるため、PC版インストールを開きます。PCで利用しているメールアドレスを送信すると、ダウンロードリンクがメールで送信されます。