iPad コントロールセンターの使い方 及び カスタマイズ方法

iPad 活用術
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadでWi-FiやBluetoothのスイッチをON/OFFに切り替えたりする事ができるコントロールセンターを利用していますか?あまり使っていない場合もあると思います。

というのも、そもそも表示方法が分からなかったりする場合もありますし、表示してもあまり関係ない機能だったりするので便利に活用できないといった感じ。

それならば、自分にとって最適に感じる機能にしてしまうのも1つの方法になります。つまり自分仕様にカスタマイズするのである。幸いな事にそれが行えるようになっているので試してみるのも1つの方法になります。

今回の記事は『iPad コントロールセンターの使い方 及び カスタマイズ方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad コントロールセンター できること

コントロールセンターを利用すると、Wi-FiやBluetoothなどのON/OFF設定、メモアプリ、カメラ、音量調整などが行えます。これ以外にも機能を追加する事によってダークモード・ライトモードの切り替えもできるようになります。

Wi-FiやBluetooth ON/OFFスイッチ

iPad Wi-Fiモデルを自宅で使用している場合では関係ないですが、Wi-FiのON/OFFを利用する機会もあります。この場合に重宝するのがコントロールセンターです。

iPad Air と iPad mini を所持していますが、この機能を利用する機会はほとんどないため、ほぼ全くと言って良いぐらい利用していない機能の1つになっています。

Bluetooth接続に対応したPC周辺機器(キーボード、マウス)も利用する機会がありますが、ON/OFFスイッチの切り替えスイッチは使っていません。

 

Apple Music ミュージック再生

Apple Musicを利用している場合では、コントロールセンターでも、アクセスできるようになります。とはいえ、Dockに追加していれば良いので、この機能は外してしまっても良いと思います。

因みに、PCスマホからファイル転送したミュージックファイルは再生する事ができません。あくまでも、ここで再生できるのはApple Musicのみです。

 

iPad標準メモ

コントロールセンターから利用できる機能の1つに、iPad標準メモアプリの起動がありますが、ここからメモを起動しなくてもApple Pencilを利用してロック画面から簡単に利用できるので、そんなにメリットはないのでは?といった感じです。

メモを利用するのであれば、筆記よりも音声でメモできるボイスメモが便利に利用できます。

 

コントロールセンターで利用できないこと

コントロールセンターに有ったら便利に使えるのでは?と思うのが電卓になりますが、残念ながらiPadには標準で電卓アプリがインストールされていないため、コントロールセンターから利用できません。

電卓アプリを別途インストールした場合でも、機能追加できないため、電卓はウィジェット利用できるアプリで対応するのが賢明の選択になります。こちらの方が便利に活用できます。

 

iPad コントロールセンター 表示する方法

iPadのホーム画面から、どうやってコントロールセンターを表示すれば良いのでしょうか?も気になると思います。1ステップで簡単に表示できるので覚えてしまえば簡単です。

コントロールセンター表示方法

① ホーム画面から表示
iPadホーム画面からコントロールセンターを表示する場合では、画面右端(Wi-Fiやバッテリーのアイコン)から真下になぞるようにスワイプ操作で表示できます。

 

② AssistiveTouchで表示
AssistiveTouchのカスタムアクションの設定変更でも、コントロールセンターを表示できます。Apple Pencilを利用している場合では、ダークモード・ライトモード切り替えが行えないので、その代わりにコントロールセンターを表示する方法もあります。

但し、カスタムアクションの設定変更で対応する場合では、「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」の3つの動作に何を割り当てるのか?も考慮が必要になります。

 

コントロールセンターに機能追加できる

現在コントロールセンターに表示されていない機能もあります。あくまでも標準設定で利用できる機能のみが表示されているので、必要に応じて変更できるようになっています。

この場合では、カスタマイズも必要になります。それならば何処でカスタマイズできるのか?と言うと、設定のコントロールセンターを開きます。

 

iPad コントロールセンター カスタマイズ設定方法

コントロールセンターに表示されている各種スイッチを自分にとって最適に感じるスイッチに変更したい場合では、カスタマイズが必要になります。便利に活用するのであれば是非ともやった方が良いと感じます。

追加できる機能は予め決められている

コントロールセンターに追加できる機能は予め決められているので、あまり魅力的に感じない場合の方が多いのではないでしょうか?

特に電卓アプリが標準でインストールされていないため、コントロールセンターに電卓機能を追加できないデメリットもあるため、あえてこの機能を使わなくても問題ないのでは?と思ってしまいます。

追加できる機能は、設定のコントロールセンターを開くと表示されるマークが表示されているアプリだけなので、この中から自分にとって最適に感じるアプリを追加する事になります。

 

インストールしたアプリは追加できない

もう1つ重要な要素になるのが、iPad標準アプリではない、後からインストールしたアプリになります。これらのアプリの中には電卓などのコントロールセンターで利用したいアプリも含まれています。

でも、iPadにインストールしたからといって、追加できないので残念に感じます。これができないと利便性にも少なからず影響を及ぼす事になるため、使い勝手はイマイチになります。

 

コントロールセンターに機能 追加方法

ここでは、ダークモード&ライトモードの切り替えスイッチを実際に追加 及び 使用方法の紹介となります。

ダークモードはコントロールを追加する欄に表示されているため、「」をタップして、含まれているコントロールに追加すると、ダークモードが含まれているコントロールに追加されます。因みに、非表示にしたい場合は、「」をタップします。

ホーム画面に戻って、コントロールセンターを表示すると機能が追加されています。追加されるスイッチはダークモード&ライトモードになります。

ライトモードの状態でスイッチを1回タップするとダークモードに変更。もう1回タップするとライトモードに変更されます。(この繰り返し)。

 

スポンサーリンク

iPad コントロールセンター 活用方法

ここでは、iPadのコントロールセンターをどのように活用しているのか?についての紹介になります。毎回のように利用しているという訳ではないのですが、使い方によっては便利に活用できます。

iPad ダークモード、ライトモードに切り替える方法(使い方)
皆さん こんにちは! iPadでは、画面の背景色をライトモードとダークモードに変更できますが、どのように行えば良いのか?分からない場合もあります。 というのも、コントロールセンターを表示してもダークモードへの切り替えボタ...

カメラを利用する場合

コントロールセンターからカメラを利用する場合では、長押しすると4つの操作を指定できるので、自分にとって最適に感じる使い方が行えるようになります。

【撮影方法の変更】
① セルフィーを撮る
② ビデオ撮影
③ 写真を撮る
④ スローモーション撮影

 

ダークモード・ライトモードが便利に活用できる

毎日1回はiPadを利用していますが、この場合にコントロールセンターでダークモードライトモードの切り替えスイッチを利用しています。

基本的にお日様の光を利用している場合ではiPadをライトモードで利用し、部屋の明かり(蛍光灯)の場合ではダークモードに切り替えて使っています。

そのため、1日に最低でも1回は確実にコントロールセンターを表示してダークモードとライトモードの切り替えを行っています。僅か2ステップで変更できるのは便利に感じます。