iPadスクリーンショット(画面のハードコピー)撮影方法と使い方

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

iPadでスクリーンショットを撮る場合では、数種類の方法がありますが、どの方法が一番簡単に利用できるのでしょうか?画面のハードコピーをよく利用する場合では簡単に撮影したいものです。

AssistiveTouchのカスタムアクションでも撮影できますし、Apple Pencilでも簡単に撮影できるので、画面のハードコピーを行う場合では特に困らないと思います。

でも、流石にハードボタンでのスクリーンショットはちょっと手間を感じるのでやりたくないです。

今回の記事は『iPadスクリーンショット(画面のハードコピー)撮影方法と使い方』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad スクリーンショット(ハードコピー)撮影方法

iPadで画面のスクリーンショットを撮影する場合では基本的に3つの方法があります。ハードボタン、AssistiveTouch、Apple Pencilの3種類で、ハードボタン以外の2つが簡単に行えます。

ハードボタン操作でハードコピー

iPad本体のハードウェアボタンを使って画面のスクリーンショットを撮影できます。この場合では、ホームボタンの有無によって、2種類の操作方法があります。

ホームボタンの有無に関わらず画面のハードコピーは行なえますが、操作方法は2つとも同じではないので注意が必要になります。

 

AssistiveTouch操作でハードコピー

AssistiveTouch操作でも画面のスクリーンショットを撮影できます。

この場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションの設定を変更する事で対応できるようになります。でも、この設定を変更するには3つのアクションのうち、1つを変更する事になるため、何か?が利用できなくなる可能性が高いです。

ここで設定したいアクションはスクリーンショットも含めて3つになるように調整する事も必要になります。

 

Apple Pencil操作でハードコピー

iPadで、画面のスクリーンショットを撮影する場合では、Apple Pencilでも簡単にハードコピーを撮影できるように対応しています。

どのように行えば良いのかな?と思いますが、Apple Pencilでドラッグ操作を行う事で撮影できるので実際に試してみるのが最適です。

何故か?と言うと、タイミングも関係あるように感じるため、それなりに慣れも必要だからです。

 

スポンサーリンク

iPadハードボタンでスクリーンショット撮影方法

可能ならば、あまりやりたくない方法に該当するのが、ハードウェアボタンを押して、画面のスクリーンショットを撮影する方法です。ちょっと面倒に感じます。

ハードボタンでの操作が必要

ハードボタンでスクリーンショットを撮影できますが、好んでやりたくない方法になるため、基礎知識として覚えておく程度で良いと思います。

実際にやってみても良いですけど、もっと簡単に撮影できる方法(AssistiveTouch)があるので、そちらでチャレンジした方が良いです。

この場合では、両手を使う事になるため、とても簡単に画面のハードコピーが行えるという感じではないです。やっぱり他の方法で行った方が賢明の選択になります。

 

ハードウェアボタンで撮影する操作方法

① ホームボタンが有る場合
ホームボタントップボタンを同時に押すとスクリーンショットを撮影できます。この場合は両手を使う必要があるので簡単に撮影できません。

 

② ホームボタンが無い場合
トップボタンと音量を上げるボタンを同時に押すとスクリーンショットを撮影できますが、こちらの場合でも両手を使うので手間を感じます。

 

ハードウェアボタン撮影の補足

iPad mini 撮影した場合の話になりますが、ホームボタンを押しながらトップボタンを押すと画面のハードコピーを撮影できますが、押すタイミングが悪いと電源OFFになりました。

同時に押すタイミングも関係しているみたいなので、あまり使いたくないスクリーンショット撮影方法に該当します。

 

スポンサーリンク

iPad AssistiveTouch スクリーンショット撮影方法

iPad 本体のハードウェアボタンで画面のスクリーンショットを撮影する場合では、片手で出来ないのがデメリットになりますが、AssistiveTouchを使えばタッチ操作で簡単に画面のハードコピーが行えます。

AssistiveTouchを利用して撮影する場合

AssistiveTouch(仮想ホームボタン)を表示している状態で、どのような操作を行えばスクリーンショットを撮影できるのか?の設定を行います。

この場合では、前提条件として、AssistiveTouchが既に使える状態である必要があります。その上で、カスタムアクション設定の変更を行います。

「シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」のどれか?から選択する事になるため、自分にとって、どの操作が最適に感じるのか?よく考える必要があります。

 

AssistiveTouchカスタムアクション設定方法

① AssistiveTouchオン
設定を開く → アクセシビリティ → タッチ → AssistiveTouch → オン

 

② カスタムアクション設定の変更
シングルタップ」、「ダブルタップ」、「長押し」のどれかにスクリーンショットを設定します。基本的にはどれでも良いのですが、実際に設定してみた感じでは、ダブルタップ 又は 長押し が便利に使えると思います。

 

補足事項

AssistiveTouchのカスタムアクションを使えばタッチ操作で簡単にスクリーンショットを撮影できますが、Apple Pencilでも画面のハードコピーを撮影できるため、Apple Pencilを利用する場合は、臨機応変に他の機能に割り当てた方が良いと思います。

何故か?と言うと、Apple PencilだけでDockを表示する事ができないため、AssistiveTouchのカスタムアクションで割り当てると便利に感じます。

でも、毎回のように必ずApple Pencilを利用しているとは限らないので、臨機応変に変更する選択が望ましいのである。

 

iPad 便利な使い方!Assistive Touch 活用方法
皆さん こんにちは! iPadを便利に使いこなしたいと考えている人も多いと思います。実際にはそのように思っていても現実は甘くはなく、使いこなしているとは言い難い状態という場合も多いです。 これでは何の為にiPadを購入し...

iPad Apple Pencil スクリーンショット撮影方法

誰でも簡単な操作で画面のハードコピーを撮影する場合では、AssistiveTouchのカスタムアクションで対応できますが、Apple Pencilでもスクリーンショット撮影できます。

Apple Pencil 撮影方法(iPad Air)

画面下の2角から画面中央に向けて素早くドラッグするとApple Pencilだけでスクリーンショットを撮影できます。

実際にこの操作をiPad Air でやってみると、コツが有るように感じます。というのも、右下の角からドラッグ操作すると上手く撮影できないのですが、左下の角から操作すると簡単に撮影できます。

力の入れ加減なのか?それともドラッグする速度が関係しているのか?ちょっとよく分かりません。それとも利き手も関係あるのかな?といった感じです。

因みに利き手は右手なのですが、左隅からシュッと操作すると、ほぼ確実に成功します。

 

iPad対応タッチペンの場合

iPad Air で利用できるiPad対応タッチペンも所持しているので、撮影できるのかな?と気になってチャレンジしてみたので、どうだったのか?についての紹介となります。

iPad Air ではApple Pencilでスクリーンショットを撮影できますが、iPad mini ではロジクールCrayon for iPad でスクリーンショットしてみましたが撮影できませんでした。

因みに、パームリジェクション対応iPadタッチペンをiPad Airでもスクリーンショットできるのか?チャレンジしてみましたが、撮影できませんでした。

もしかすると、Apple Pencilだけの機能なのかな?といった感じです。

 

ペン先カバー(NIB Cover)を装着した場合

Apple Pencilのペン先の摩耗対策にペン先カバーを装着する場合もあります。この場合でもスクリーンショットを撮影できます。

但し、ペン先に装着する商品によっては撮影できない場合もあるため、こればっかりは何とも言えないのが実情になります。

因みに、どのペン先カバーを装着したのか?と言うと、NIB Cover になります。これを装着して試してみましたけど普通に何も問題なくスクリーンショットできました。