iPad Slide Over スライドオーバー活用方法(使い方)

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

iPadで、マルチタスク機能を利用する場合では、画面を左右に分割表示できる Split View と アプリを重ねて表示できる Slide Over を利用できます。

どっちの機能が便利に活用できるのか?は用途やアプリによっても異なるので一概には何とも言えません。また、上手く活用できるのか?はそれなりに使ってみないと分からないので、先ずはよく使うのが最適です。

アプリをドロップするタイミングが異なるだけで、基本的に操作方法が同じなので簡単に利用できます。

今回の記事は『iPad Slide Over スライドオーバー活用方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad マルチタスクで利用できる2種類の機能

iPadでマルチタスクを利用する場合では2画面に分割できるSplit View 及び アプリを重ねて表示できるSlide Overの機能を利用できます。

iPad Split View

iPadでアプリを左右に分割して表示できる機能がSplit Viewになります。左右に「2分の1」又は「3分の2」サイズに調整して表示できます。2画面分割から全画面表示に変更する場合も簡単に行えます。

でも、左右に画面を分割したからといって、便利にアプリが使えるという訳ではないので、画面を左右に分割しても便利に感じるアプリ選びが重要になります。

あと、画面を左右に分割すると、作業スペースも狭くなるため、この機能を便利に活用したいのであれば、ディスプレイサイズが大きいiPadが最適に感じます。

 

iPad Slide Over

iPadで2画面に分割するパターンで表示する場合ではSplit Viewを利用しますが、画面分割しないで、アプリを重ねて表示する方法もあります。この機能がSlide Overになります。

先に表示しているアプリは全画面で表示となりますが、この状態で、アプリを上に重ねるイメージになります。重ねたアプリは3分の1程度のサイズで表示します。

Slide Overされたアプリは右端に隠す(非表示)事もできるため、必要に応じて臨機応変に右端からスワイプして呼び出す事もできます。

また、複数のアプリを右端に隠す事もできるようになっているため、NewsやSNSアプリをSlide Overしておくと便利だったりします。

 

iPadのDockも使う

Split View や Slide Over に共通になりますが、Dockからアプリをドラッグ&ドロップする必要があるため、Dockに予めアプリを追加しておく事も必要になります。

Dockに配置しているアプリのみ、Split View 及び Slide Over の機能を利用できるため、マルチタスク利用できるアプリをDockに配置しないといけません。

 

スポンサーリンク

iPad Slide Over 機能の利用について

Slide Overの場合では、アプリを重ねて表示できて、さらには必要としていない場合は右端に隠せるので、必要に応じて臨機応変に使えるメリットがあります。

DockにSlide Overで使うアプリを配置

先ず、DockにはSplit viewSlide Overで利用できるアプリを追加して配置します。よく使うアプリを配置している場合もありますが、マルチタスク活用するのであれば考慮も必要になります。

因みに、この場合では、マルチタスクに関係ないアプリも当然の事ながら有るため、不向きなアプリはどこに配置すれば良いのか?も検討しないといけません。

候補としては、ホーム画面1ページ目の最上段が最適に感じます。

 

Slide Overで使うアプリの候補

Slide Overは、アプリを重ねて表示できるメリットがあるので、これを十分に活用できるアプリじゃないといけません。しかも「3分の1」サイズにしても便利に感じるアプリとなると、流石に何でも良いという訳ではないです。

さらには、必要に応じて非表示にする事もできるため、この用途にも対応できるアプリが候補となります。そんなアプリってあるのかな?と考え込んでしまいます。

天気予報も含めてニュース系やSNSなどのアプリが良さそうに感じます。こればっかりは個々の判断に委ねるのが最適です。自分にとって最適に感じるアプリをSlide Overした方が良いです。

 

Slide Overに非対応のアプリ

全画面で表示しているアプリの上に、Slide Overしたアプリを重ねて表示する場合では、全てのアプリが対応している訳ではない事を承知しておく必要もあります。この機能に対応していないアプリは、当然の事ながら重ねて表示できません。

それならば、どうなるのか?も気になりますが、この場合は普通に全画面でアプリが表示されます。

 

スポンサーリンク

iPad Slide Over 活用方法(使い方)

ここでは、実際にSlide Overの機能をどのように行えば良いのか?についての紹介になります。基本的にはSplit viewと同じ操作になるため、簡単に操作できます。

Slide Over 操作方法(使い方)

① アプリ起動
どのアプリでも良いので、全画面表示で利用するアプリを起動します。

 

② Dockを表示
画面下側から持ち上げるようにスワイプしてDockを表示します。

Apple Pencilを利用している場合では、AssistiveTouchのカスタム設定を変更することでDockを表示する方法もありますが、基本的にはタッチ操作で行うので予備知識として覚えておけば良いと思います。

 

③ ドラッグ&ドロップ
Dockから、Slide Overしたいアプリを選択してドラッグした上で、全画面表示しているアプリの上で、ドロップします。画面の右端に持って行ってしまうとSplit viewになってしまうので要注意。

 

Slide Over 使用方法

① アプリを隠す場合(非表示)
画面の右端に隠す場合の操作は、Slide Overさせているアプリを右に払うようにフリックします。

 

② 呼び出す場合
非表示状態にあるアプリを呼び出す場合では、右端から払うようにフリック(スワイプ)すると飛び出てきます。

 

③ アプリ切り替え
Slide Overでは複数のアプリを切り替える事もできます。どのように行えば良いのか?と言うと、Slide Overしているアプリの画面下側にアンダーバーが表示されているので、上に払うようにフリック(スワイプ)すると、一覧が表示されます。

表示したいアプリをタップすれば選択できるため、この方法で切り替えます。

 

Slide Overしているアプリを終了する場合

Slide Overしているアプリを終了したい場合もありますが、どのように行えば良いのでしょうか?基本的にはSlide Overさせてあるアプリを切り替える方法に似ています。

先ず、非表示にしてあるアプリを呼び出す 又は 表示してある状態で、アンダーバーを上に払うようにフリック操作します。Slide Overされているアプリの一覧が表示されます。

その上で、もう1回、上に払うようにフリック(スワイプ)操作を行う事で終了できます。

 

iPad Split View スプリットビュー活用方法(使い方)
皆さん こんにちは! iPadで、2画面表示にて作業を行いたい場合に役立つ機能がSplit View(スプリットビュー)になります。 この機能を利用すると、全画面表示にてアプリを使わなくても画面を分割して2画面表示で異な...

 

iPad Slide Over 補足事項 及び まとめ

Slide Overはアプリを重ねて表示できる機能になりますが、あたかも浮いているように見えるので面白いと感じます。この機能を上手く活用して利用したいものです。

非表示できる機能

Slide Over の機能としては、アプリを重ねて表示できる機能になりますが、この他にも、画面右端に隠せる(非表示)機能もあります。

さらには複数アプリをSlide Overする事もできますし、アプリを切り替える事もできるので、使い方によっては便利に活用できると思います。

とはいえ、表示されるアプリのサイズが「3分の1」サイズになってしまうので、このサイズで便利に感じるアプリじゃないと逆に不便に感じます。

 

Slide Over 補足事項

① 切り替え
複数のSlide Overさせているアプリを切り替えたい場合もありますが、この場合では、アンダーバーを上にフリック操作する事で一覧表示できます。

 

② 移動&配置
Slide Overされたアプリは、画面右端だけでなく、左端にも移動する事ができます。但し真ん中に表示する事はできません。また、Slide Overしてある複数アプリを同時に表示させて利用する事はできません。

 

③ 左端
アプリを非表示にする場合では、左端に隠す事ができません。