iPad使い方!スマートウォッチとiPad連携する活用方法の注意事項

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

日常生活を健康的に過ごすには規則正しい生活を定期的な運動 及び 睡眠が必要不可欠になります。これを適切に管理するのは、なかなか難しいのが実情なのではないでしょうか?

特に定期的な運動に関して言えば、ただ運動すれば良いという訳ではないですし、睡眠状況も関係して来るため、定期的な運動に対応できるガジェットも必要になります。

このような場合に最適なガジェットと言えば、スマートウォッチが該当します。でも、スマートウォッチの場合ではスマホと連携する為のガジェット感があります。

元に初期設定はスマホで行うタイプが圧倒的に多いのが実情です。でも、タブレット端末であるiPadと連携して活用したい場合は本当にできないのでしょうか?

今回の記事は『iPadとスマートウォッチ(活動量計)を連携して使う活用方法の注意事項』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

スマートウォッチ活動量計について

Apple Watch も含めてスマートウォッチは基本的にスマホとペアリングして利用するガジェットになるため、iPadでは利用できない場合が多いです。

スマートウォッチは多機能

Apple Watchの場合では高機能が特徴の1つになりますが、ネット通販で購入できるスマートウォッチは多機能である場合が多いです。

体温測定や血中酸素測定、睡眠記録、心拍数や血圧測定といった健康管理に加えて、ジョギングやウォーキングなどのスポーツ機能、さらにはSNS連携といった感じで、てんこ盛り状態。

このような機能を搭載されていると、必然的に欲しくなってしまうのである。

 

Apple Watch等のスマートウォッチ

iPadでスマートウォッチを利用したいと思った場合では、Apple Watch が候補の1つに入ってきますが、残念ながら利用する事は出来ません。

Apple Watchは iPhoneペアリングしての利用となるため、iPadでは利用できないのである。それならば、iPadで利用できるスマートウォッチを見つけるしか方法がありません。

実際にそのようなウォッチは有りますが、必ず利用できるという保証が無いのが実情になります。

 

iPadと連携できるスマートウォッチ

iPadと連携できるスマートウォッチ(活動量計)もあります。たいていの場合はBluetooth接続によるアプリ連携になります。

ハッキリ言えば、iPadでスマートウォッチ専用のアプリを利用する事が出来れば、スマートウォッチとペアリング設定が行えるため、利用できる場合が多いです。

Apple Watchよりも安価に購入する事が出来、Apple Watch並に高機能なタイプもあるため、iPadと連携して利用する事が出来れば、定期的な運動に役立ちます。

 

スポンサーリンク

iPadとスマートウォッチはベストパートナー

スマホとスマートウォッチを連携する事によって生活も便利になりますが、同時にデメリットも含めて弊害が発生します。

スマホと連携するデメリット

スマホとスマートウォッチを連携した場合のデメリットは、スマホのバッテリーが早く消費される場合が多いです。

その結果、いつものサイクルよりも早く充電する必要が発生するため、結果的にバッテリーの劣化スピードが早まってしまうのである。

それに、ただでさえ、スマホには多くのバッテリーをが搭載されていないため、これもバッテリー消費に影響を及ぼします。

 

iPad連携するメリット

スマホとスマートウォッチを連携した場合のデメリットは、スマホのバッテリーが早く消費される場合が多いです。

それに対して、iPadなどのタブレット端末とスマートウォッチを連携する場合では、スマホよりも大容量のバッテリーを搭載しているため、スマホよりも継続時間が長いです。

大画面でアプリを利用する事ができます。表示が大きいと操作もしやすいので、結果的にプラス効果に働く場合があります。

とはいえ、明らかにプラスに感じるメリットは無いと思った方が正解になります。

 

テレワークではiPadとの連携が便利

テレワークでは基本的に毎日の通勤がないため、運動も必要になります。今までは通勤活動があったので、それなりに身体を動かす事ができました。

基本的に通勤しないですから、スマホとスマートウォッチを連携する必要がありません。iPadなどのタブレット端末と連携した方が便利に感じます。

 

スポンサーリンク

iPadとスマートウォッチを連携して使う活用方法

iPadでスマートウォッチ(活動量計)を利用したい場合では、購入する方法が異なります。これを間違えてしまうと、買ったは良いけどiPadでは利用できなかった!という結果を招きます。

要確認事項

スマートウォッチは基本的にスマホと連携する為の付属品のようなポジションであるため、タブレット端末と連携できる保証がありません。

さらに、iPadではiPhoneアプリも利用できる場合が多いですが、アプリがiPhoneに対応している場合でもiPadでは利用できない場合も実際にあります。

この事をよく理解した上で、機種を選び購入する必要があります。

 

スマートウォッチを購入する場合

Amazonや楽天市場などのネット通販等でスマートウォッチ(活動量計)を購入する場合では購入する順番があります。

この順番を間違えてしまうと、買ったは良いけど、iPadでは利用できなかったという展開に陥る場合が圧倒的に多いです。

これでは買って後悔する結果になるため、順番は間違えないようにしないといけません。

 

スマートウォッチを購入する順番(重要)

① 買いたい機種を選ぶ
先ず自分が購入したいと思えるスマートウォッチを選択する事が重要です。

 

② 商品ページに移動
買いたい商品を選んだら、商品の詳細ページにアクセスして、専用アプリを調べます。記載がない場合はその商品は諦めてください。

 

③ iPadにアプリをインストール
専用アプリの記載が有ったら、iPadで App Store を開いてアプリがインストールできるのか?を確認します。

 

⑤ 設定完了
インストールしたら、デバイス登録を除いた初期設定を全て完了させます。ここまで無事に行う事が出来たら、その商品は購入しても大丈夫だと思います。

 

スマートウォッチF18レビュー!体温・血中酸素測定1.69インチ活動量計
皆さん こんにちは! 定期的な運動や体温測定も含めた健康管理に利用していたスマートウォッチ(活動量計)の1つが壊れてしまったため、新しく購入しました。 今回購入した活動量計は以前の機種よりも機能的にパワーアップしているの...

 

iPhone対応でもiPadで使えない場合もある

iPadと連携する目的でスマートウォッチF18活動量計を購入した事が実際にありますが、iPhoneに対応しているからiPadでも利用できる筈と勝手な思い込みを行ってしまい、iPadで利用できなくて残念な気分になりました。

iPhone対応でもiPadで使えない

iPadは、iPhoneアプリも利用できるため、iPadでも利用できると勘違いする場合が多いです。このように思い込んでいると、大きな落とし穴に落下してしまいます。

確かにiPadでも利用できるiPhoneアプリもありますが、全てのiPhoneアプリがiPadで利用できるとは限りません。

この事は最低限、理解しておいた方が無難です。

 

iPhoneでは利用できるがiPadで使えないアプリ

スマートウォッチの専用アプリの場合では、iPhoneでは利用できるけれども、iPadでは利用できないアプリもあります。

そのため、商品を実際に購入する前に、アプリがiPadで利用できるのか?を確認する必要があります。これを怠ってしまうと買ったは良いけど、iPadでは利用できなかったという展開に発展するのである。

仮にこのような展開になった場合は商品を返品するか? 又は スマホと連携するか?の2択になります。現実的に考えてスマホと連携するのが妥当な選択になると思います。

 

専用アプリ

① 縦表示
iPadで専用アプリを利用する場合では、縦表示での利用となります。横画面には対応していないので、不便に感じる場合もあります。

 

② 対応していない機能
専用アプリを利用した場合でも、スマートウォッチの全ての機能に対応している訳ではありません。特に血中酸素測定の場合はウォッチ側で確認するパターンが多いです。