iPad Split View 勉強活用はイマイチ!学習方法の確立を

iPad 活用術
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを勉強や学習に活用する場合では色々な方法がありますが、その中でもiPadの画面を2分割にしてアプリ起動して利用するSplit View勉強法があります。

この勉強法は果たして本当に最適なのでしょうか?というのも、iPad Pro 12.9インチのようにディスプレイサイズが大きいiPadであれば画面を2分割にしても大勢に影響はないです。

iPad mini も含めて、10.8インチのiPad Air 4 でSplit View をしても最適に感じないからです。あえて言えば2分割すると同時に作業できるスペースも狭くなるからです。

この状態で本当に便利にアプリを利用できるのかな?と思いました。

今回の記事は『iPad Split View 勉強活用はイマイチ!学習方法の確立を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad 勉強や学習に活用する場合

iPadを勉強に利用する事を目的に購入する場合もありますが、この場合では具体的にどのように活用するのか?というプランも必要になります。

勉強に向いているiPadはどれかな?

勉強用途にiPadを利用を考えている場合では、どのiPadシリーズが向いているのか?も意外と関係あります。というのも、一番小さいiPad mini と一番サイズが大きいiPad Pro 12.9インチでは作業スペースが大きく異なります。

どっちのiPadの方が作業がしやすいのか?と言えば、おそらく画面サイズの大きいiPad Pro 12.9インチだと思います。手書き入力する時に作業スペースが広い方が便利に感じます。

だからと言って、iPad Pro 12.9インチを勉強活用する目的で購入するのも一長一短があります。

何故か?と言うと、これは最高に性能が良いiPadに該当するため、こんなの購入しても使いこなせないからです。

使いこなせる自信がある場合のみ購入すれば良いと思います。

 

iPad アクセサリーはどれを選択するのか?

iPad勉強活用では、周辺機器アクセサリーも必要になる場合があります。というのも、普段の勉強では、最低でも筆記用具や各種書籍を使っていると思います。

これに該当するのが、筆記用具であればiPad本体Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンになります。他にも必要に感じるのであれば用意します。

とはいえ、基本的にはiPad本体とApple PencilがあればOKですが、Apple Pencilを頻繁に利用する場合はペン先が摩耗する事も考慮した方が良いです。

 

勉強に最適なアプリ

iPadを勉強に活用する場合では、一番重要になるのがアプリだと思います。全て推奨のアプリをインストールして利用するのも1つの方法になります。

推奨アプリを利用したからといって、便利に使えるという保証はないため、こればっかりは自分で探した方が良いのではないか?と感じます。

でも、そんな面倒に感じる事はしたくない!場合は自己責任でおすすめアプリを選択するのも良いかも知れません。iPadやアプリの選び方も重要です。

 

iPad Split View 勉強法は最適な学習方法?

iPadを勉強や学習に活用する場合では、Split View 勉強法がありますが、この方法が最適に感じる場合もあれば、最適に感じない場合もあります。自分はどっちに該当するのでしょうか?

iPad Split View 勉強法について

iPadの画面を2分割する機能のSplit Viewを利用して、左右どちらか?に参考書として利用できるアプリ 又は ウェブサイト、もう片方にノートアプリを表示すると自宅で勉強しているのと同じ環境が整います。

Apple Pencilなどのスタイラスペンを利用して手書きするパターンとなるため、対応するアプリも必要になります。自分にとって最適に感じるアプリ選びも重要です。

このSplit View画面を2分割するため、画面サイズが小さいと作業スペースも狭くなるのがデメリットになります。特にiPad mini のようにディスプレイサイズが小さい場合では便利に感じない事もあります。

そのため、なるべく大きいディスプレイを搭載しているiPadで利用した方が良い勉強方法となります。

 

Split View 勉強法は最適な学習方法なのか?

Split View 勉強法によるiPad勉強活用は全てにおいて最適とは限りません。あくまでも最適に感じるのはディスプレイサイズが大きいiPad Pro 12.9インチだと考えます。

それ以外のiPadシリーズはイマイチに感じる場合もあるのが実情です。その理由としては、画面サイズだけではなく、好み感じ方も関係しているからです。

自分にとって最適なサイズのiPadシリーズを購入しているため、どんなに優秀なSplit View 勉強法だったとしいても、それぞれが選んだiPadに完璧に対応していません。

対応できないのであれば、自分なりにアレンジを加えて使いやすくする事も必要になります。

 

参考にする程度が丁度よい

Split View 勉強法に頼ってしまうのも良くないと思います。おすすめの勉強方法かも知れまんが、その方法が自分にとって最適とは限りません。

確かに推奨している人は最適に感じているかも知れませんが、自分も同じではないと思います。参考できる部分は取り入れるといった感じが丁度よいです。

 

iPad Split View 勉強法よりオリジナル学習方法の確立を

iPadを勉強に活用する場合では、Split View 勉強法がありますが、この方法にはメリットもあればデメリットもあるので、必ずしも最適という訳ではないのが実情になります。

Split View 勉強法はイマイチに感じる

画面を2分割にしてアプリ同時利用の場合では、iPad Pro 12.9インチであれば、便利に利用できますが、10~11インチサイズのiPadの場合では便利に感じない場合もあります。

仮に自分が便利に感じていない状態で勉強や学習にiPadを利用していると、作業の効率化には繋がらないため、おすすめの勉強法だったとしても捗らない結果に繋がります。

画面を分割すると、作業スペースも小さくなるので、Apple Pencilを利用する場合に影響が出る可能性も否定できません。

その関係もあり、なんかイマイチに感じます。これ本当に使える勉強方法なのかな?といった感じ。

 

オリジナル学習スタイルも必要

勉強や学習に利用するiPadのサイズに合わせて臨機応変に利用できるオリジナル勉強方法を見出す必要もあります。

皆さんiPad Pro 12.9インチを利用しているとは限りませんから、自分のiPadで便利に使える勉強方法も必要です。

新たに見出すのは大変なので、結局のところ、オススメの活用方法を利用してしまいがちになりますが、せっかくiPadを利用しているのだから、生みの苦しみも味わった方が良いです。

ただiPadを利用して勉強するだけでも良いですが、同じ勉強だったとしてもプラスαの結果に繋がるような勉強の方が一石二鳥です。

時間に余裕がある場合はオリジナルのiPad勉強法を見つける努力もやった方が良いのでは?

 

iPad 勉強活用(オリジナル・バージョン)の確立

筆者の場合は、色々と試した結果、画面2分割するiPad Split View勉強法は現在は利用していません。以前は確かに利用していましたが、どうやっても上手く活用できなかったです。

書籍の参考書を左に置いて、右にiPadのノートアプリを全画面表示で使っています。色々と実際に試して、最終的な結論に到達したのが、この方法となります。

やっぱり自分が最適に感じる方法でiPadを活用した方が良いと思います。参考になる部分は積極的に取り入れながら自分に最適な方法を試行錯誤を繰り返しながら確立するのが全てにおいて一番丁度よいです。

 

スポンサーリンク

iPad Air で勉強活用は画面2分割にしない使い方が丁度よい

ここでは実際にどのようにiPadを勉強や学習で活用しているのか?についての紹介になります。あくまでも筆者の場合になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad Air 勉強活用

iPad mini 5 及び iPad Air 4 を所持していますが、iPad mini では画面サイズが小さいので勉強活用には不向きだと感じます。

電車通勤にも持参している事もあり、座席に座る事ができた場合は役立つ事もあるので、外出用途では利用できる場合もあります。

基本的には自宅で語学学習(中国語など)する用途で iPad Air 4 を勉強活用しています。

 

勉強活用に使用しているアプリ

利用しているアプリは、語学学習なので「NHKゴガク 語学講座」に加えて、各言語に関係あるアプリ 及び 手書きノートアプリが基本となります。

これに加えて、PDFを利用する場合はスキャンアプリ(Microsoft Lens)、勉強のまとめを行う場合はMicrosoft OneNoteも使っています。

 

iPadで使うノートアプリは全画面表示がベスト

手書きノートアプリはどのように使っているのか?と言うと、全画面表示にて利用しています。10.8インチのiPad Air 4 だったとしても画面を2分割すると狭く感じます。

Apple Pencilで手書き入力すると文字サイズが大きめになってしまう傾向があるので実際の作業スペースは大きければ大きいほど便利に感じます。

それならばiPad Pro 12.9インチの方が良いのでは?と思うかも知れませんが、最高に性能が良いiPadは必要ないと感じます。

そのため、ノートアプリは2分割して表示しないで全画面表示で利用しています。