iPadを勉強・学習に使う活用方法はiPad・アプリ選びも必要

iPad 活用術
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadを購入したけど使い道や活用方法で悩んでいる場合も有ると思います。このような場合では勉強や学習に活用するのが最適です。

何故か?と言うと、勉強や学習ではどの年代でも何かしらの勉強を行いますし、社会人になっても勉強は必須なので丁度よい活用方法だからです。

学習では筆記用具も必要になりますが、iPadとApple Pencil 及び 手書きノートアプリがあれば、筆記用具を代用できます。

紙のノートの場合では何冊も必要になる場合がありますが、iPadであればその心配も必要ありません。まさに最適に感じる使い方なのではないでしょうか?

今回の記事は『iPadを勉強・学習に使う活用方法はiPad・アプリ選びも必要』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

勉強や学習に向いているiPadの機種選び

iPadシリーズを勉強や学習に利用する場合では、どの機種が向いているのか?も気になります。不向きな機種を選択すると効率も下がりますから機種選びも重要です。

iPad mini は向いていない

自宅での勉強に不向きなiPadはどれなのか?と言えば、たぶん一番サイズの小さい iPad mini だと思います。ディスプレイサイズが小さいと作業スペースもその分狭くなるので便利とは言えないと思います。

iPad mini の利点としては片手で持てるという部分なので外出時などに持ち歩く用途であれば使えるのですが、その用途は大画面スマホで事足りるので、そんなにメリットは無いのでは?というのが率直な感想になります。

勉強や学習に活用する場合では、ノートアプリも利用すると思いますが、iPad mini はディスプレイサイズが他のiPadシリーズと比較して小さいです。

Apple Pencilなどのスタイラスペンで手書きする場合も画面サイズの大きさは関係あるため、iPad miniよりも一回り大きいサイズの方が便利に使えます。

但し、通勤時に学習するといった用途では使える場合もあります。現に実際にやった事があるので用途次第になります。

 

iPad mini 以外が望ましい

勉強や学習に利用するiPadは基本的にiPad mini以外の10.1インチ以上が望ましいのではないか?というのが個人的な見解になります。

その理由としては、作業スペースは大きければ大きいほど使いやすいからです。iPadの場合は作業スペース=ディスプレイサイズとなるため、必然的にディスプレイは大きい方が良いという結果になります。

だからと言って、iPad Pro 12.9インチを選択するというのも一長一短です。確かに画面が大きいので最適なのですが、本当に自分にとって必要なiPadなのか?よく検討する必要があります。

何せiPadシリーズで一番性能が良い機種なので価格も高いです。そのようなスペシャルなiPadを使いこなせるのかな?という要素も考慮した方が賢明の選択となります。

 

iPad勉強・学習ではSplit Viewを使うiPad勉強方法あり

iPadを勉強に利用する場合では、Split View勉強法という勉強方法があります。果たして本当に便利なのか?は実際にやってみないと分からない部分もあります。

iPad Split View 勉強法という活用方法もある

画面2分割する機能のSplit Viewを利用して、左右どちらか?に参考書、片方にノートアプリを表示する事で、自宅で勉強しているのと同じ環境が整います。

Apple Pencilを利用して手書きするパターンとなるため、Apple Pencil 2 などのiPad対応スタイラスペンが必須となります。

このSplit Viewは画面を2分割する事になるため、画面サイズが小さいと分割するアプリの表示サイズも必然的に小さくなるので、これに適したディスプレイサイズも必要になります。

そのため、この機能を利用する場合では、なるべく大きいディスプレイを搭載しているiPadが望ましいです。

 

iPad Split View 勉強法に最適な iPad Pro 12.9インチ

Split View 勉強法に最適なiPadシリーズはどれなのか?と言えば、iPad Pro 12.9インチとなります。これ1択になりますが、1つ問題が発生します。

それはiPadシリーズで最高に性能の良いiPadなので、価格も一番高いです。最高に性能の良いiPadを購入して、本当に使いこなせるのかな?という問題に直面します。

動画編集などを日常的に行っている場合や仕事でよく利用しているといった人向けのiPadなのではないかな?というのが個人的な見解になります。

勉強や学習目的で購入するのは賢明の選択ではないと思います。とはいえ、買うのは自由なので、使いこなせる自信がある場合は買っても良いと思います。

 

Split View 勉強活用は最適なのか?

Split View 勉強法によるiPad勉強活用は最適なのか?と言うと、こればっかりは一概には何とも言えないのが実情になります。

その理由としては、その勉強法は自分に適合しているのか?や感じ方も個人差があるため、その方法を試した使用者のみ判断できる要素だからです。

因みに筆者の場合はiPad Air 4 で実際に利用してみましたが、iPad Air では作業スペースが狭くて使いづらいと感じました。

 

iPadを勉強や学習に使う活用方法はアプリ選びも必要

iPadを勉強や学習に活用する場合では、iPad本体 及び アプリも必要になります。さらにはアプリによっては別途Apple Pencilなどのスタイラスペンを利用した方が便利に感じたりします。

勉強や学習に必要な教材(アプリなど)

① アプリ選び
アプリ選びに関して言えば、自分で探した方が良いと思います。自分はどのようなアプリが最適なのか?は自分のみぞ知る領域だからです。

でも、最適なアプリに巡り合うまでは、それ相応の時間も必要になるため、推奨しているアプリを利用するのも1つの方法になります。

 

② Apple Pencil
勉強や学習には必ずではないですが、筆記用具も必要になります。iPadを利用すれば、ノートアプリとApple Pencil 2で、この環境が整います。

 

自分にとって最適に感じるアプリが良い

他の皆さんが推奨しているアプリじゃないと勉強や学習には不向きなのかな?と感じる場合がありますが、そんな事はありません。

iPadは自分が使うのですから、自分が使って便利に感じるアプリが全てにおいて一番良いと感じます。とはいえ、皆さんが推奨しているのも事実なので、あくまでも参考意見として考慮するのが丁度よいと思います。

例えば、アプリ選びで推奨しているアプリに似ている類似アプリを見つけて実際に試してみるといった使い方もあります。この場合では最適なアプリに辿り着くまでに時間を要してしまうので時間が勿体ないと感じます。

そのため、そのような手間を掛けたくない場合は推奨アプリに落ち着いてしまうのが実情です。

 

推奨アプリのメリット・デメリット

このアプリはオススメなので入手した方が良いと紹介している場合がありますが、実際にインストールして使ってみると、そんなに良いアプリなのかな?と感じる場合があります。

これはどうしてなのか?と言うと、「好み」や「感じ方」には個人差が有るため、皆さん共通して同じではありません。全てにおいてバッチリに感じる事もあれば、イマイチに感じる場合もあるのが実情です。

確かに紹介している方にとっては申し分ないかも知れませんが、全員が全員そのように感じるとは限らないと思います。

特に有料の推奨アプリの購入を検討している場合では、この部分についてよく考慮した上で利用するのが良いのでは?と個人的に考えます。

 

iPad Air 4 を勉強・学習活用に利用する

iPad mini 5 及び iPad Air 4 を所持していますが、勉強活用に利用しているのは、iPad Air 4になります。理由はサイズ的に丁度よかったからです。

iPadノート活用(Split View は利用しない)

iPad Air は何に使っているのか?と言うと、日常的にノートアプリを利用している関係もあり、書いて覚える学習に最適に感じます。

この場合では、画面を2分割できるSplit Viewは利用していません。理由は、10.8インチサイズの画面を2分割して、本当に便利に感じるのでしょうか?

大変申し訳ないですけど、ノートアプリで手書き入力する場合では画面2分割しない方が最適に感じます。

あくまでも個人的な見解なので、皆さん同じではないと思います。これは感じ方の違いです。

 

iPadは中国語の語学学習にも活用

iPadは具体的にどのような勉強や学習に利用しているのか?と言うと、基本的には中国語の語学学習に利用しています。個人的に台湾に興味や関心があるので、中国語の勉強をしているといった感じ。

この際にiPadで利用できる中国語アプリを使っているのですが、聴いて学習できる「NHKゴガク 語学講座」は自分にとって最適に感じます。

ノートアプリは2種類使っています。キーボード入力主体のMicrosoft OneNote 及び 手書き入力できるノートアプリの2つ。

但し、単語などは書いた方が覚えやすいので、とにかくApple Pencilで書きまくる感じ。

ある程度、単語などを学習できたら、項目別に纏めているのですが、この場合にMicrosoft OneNoteを利用しています。自分で作るオリジナル参考書といった感じです。