Apple Pencil代替iPadタッチペン購入活用の注意事項

iPad use

 

皆さん こんにちは!

iPadでタッチペンを利用する場合ではApple Pencilを購入する必要がありますが、安価で購入できるiPad対応タッチペンも候補の1つに入って来ると思います。

安価で購入できるにも関わらず誤操作防止のパームリジェクション機能に対応していたり、マグネット接続 及び USB充電に対応していたりすると、Apple Pencil 2 のように利用できるのではないか?と感じてしまいます。

実際の話、そのように利用できるのですが、購入して利用する場合は注意事項もあります。

今回の記事は「Apple Pencilの代替として利用できるiPad対応タッチペンを購入して活用する場合の注意事項」についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで手書き入力する場合のアクセサリー

iPadで手書き入力を行う場合ではApple PencilやロジクールCrayon for iPad などのiPad対応タッチペンが必要になります。

 

Apple Pencil

iPadシリーズでタッチペンを利用するのであれば、真っ先にApple Pencilを購入となると思います。第1世代と第2世代があり、利用できる機種も限定されているのが特徴になります。

世代が異なると、充電方法や機能も異なるのが特徴の1つになります。キーボードよりも利用する機会が多いため、iPadと一緒に同時購入しておいても損はありません。

但し、Apple純正品であるため、それなりに価格も高いです。

 

Apple Pencil(第2世代)レビュー!iPad Air 4
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad Air 4 で利用する Apple Pencil(第2世代)のレビュー』についての内容になります。 iPad シリーズは iPad mini 5 を所有しており、ロジクール ...

 

ロジクール Crayon for iPad

iPadシリーズでは、Apple Pencilと同じように利用できるロジクールCrayon for iPad も利用できます。

充電キャップが本体とドッキングしているのでキャップの紛失を心配する必要がありませんが、その反面、キャップがちょっとの力で開いてしまいます。

また、Lightningケーブルで充電できるのが便利な反面、充電しながら利用できないので一長一短に感じます。

 

ロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 と一緒に利用しているロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー 及び 充電&実際の活用レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分...

 

iPad対応タッチペン

ESR iPad タッチペンなどのスタイラスペンもiPadで利用する機会も有ると思います。安価で購入する事ができるので経済的です。

ロジクールCrayon for iPad では充電しながら利用する事ができませんが、ESR iPadタッチペンの場合は充電しながら利用できるのが便利です。

 

ESR iPad タッチペンのレビュー!Apple Pencil 以外の選択
皆さん こんにちは! iPadシリーズでスタイラスペンを利用する場合ではApple純正のApple Pencil(第1・第2世代)又はロジクールCrayon for iPad を使う場合が多いです。 でも、色々な事情でこ...

 

スポンサーリンク

安価で購入できるiPad対応タッチペンも魅力的

iPadシリーズを購入する場合では一緒に周辺機器アクセサリーも同時購入する場合が多いです。その内の1つに該当するのがApple Pencilだと思います。

安価で購入できるのは魅力的

iPadタッチペンの場合はApple Pencilに比べて半分以下の価格で購入できる場合が多いのが特徴の1つになります。

とはいえ、ロジクールCrayon for iPad のように高い価格で買えるタッチペンもあるため、必ずしも安価とは限りません。

それに安価で購入できるという事は裏を返せば、何かしらの機能は劣っている 又は そもそも搭載していない機能も有るという事になるため、単純な比較は出来ないと思います。

 

ペン先カバー装着で書き心地が向上

Apple Pencilに最適に感じるペン先保護カバーのNIB CoverをiPad対応タッチペンに装着できる場合があります。

iPadで利用すると感度がイマイチに感じる場合では、ペン先カバーを装着するだけで書き心地が改善される場合もあるので、安価で購入できるiPadタッチペンも捨てがたいのが実情になります。

何せ、Apple Pencilの場合は純正品であるため、それなりに高い価格になっているため、交換部品であるペン先も必然的に価格が高くなると思います。

 

iPad対応タッチペンを購入活用の注意事項

iPadで利用する目的でApple Pencilを代替できるiPad対応タッチペン(スタイラスペン)を購入して使う場合は注意事項があります。

全てのiPadに対応しているとは限らない

Apple Pencil互換だったとしても全てのiPadシリーズで利用できるとは限りません。商品の詳細ページにはiPadシリーズで利用できると記載が有ったとしてもそれを信じて購入するのはリスクを伴います。

確かに利用できるiPadも有るため、記載方法としては微妙に感じますが、購入する前に確認していないのも確かな事なので一概には何とも言えないと思います。

特にネット通販で購入する場合では実物を確認しないで購入となるのでリスクは伴います。

 

ディスプレイ貼付フィルム有無も関係あり

iPadにガラスフィルム等を貼付している場合も要注意となります。Apple Pencilではフィルムが貼付されていても問題なく動作しますが、iPad対応タッチペンの場合は反応しない場合があります。

これがApple純正品であるApple Pencilと安価で購入できるiPad対応タッチペンの違いであり、純正品も魅力でもあります。

せっかくフィルムを貼付したのに、iPad対応タッチペンを利用するが為にフィルムを剥がすという選択は好ましくないです。

何故か?と言うと、仮に剥がしたと仮定した場合でもiPad対応タッチペンが使える保証はないです。

 

見た目は同じでも書き心地は異なる

Apple Pencil と iPad対応タッチペンでは見た目がそっくりでかつ、マグネット接続に対応していて、誤操作防止のパームリジェクション機能に対応している場合もあります。

これならばApple Pencil代替として利用できると思ってしまいますが、実際の書き心地は純正品の方が圧倒的に心地よいです。

互換品の場合ではペン先が細い場合が多いため、感度やペン操作がイマイチに感じるのである。

 

Apple Pencil代替iPadタッチペンの一長一短

安価で購入できるApple Pencil互換のiPad対応タッチペン(スタイラスペン)を購入して活用する場合のメリット及びデメリットについての紹介になります。

購入メリット

メリットは何と言ってもApple Pencilよりも安価(半分以下)で購入できるのが最大の魅力に感じます。

特にApple Pencilの場合では頻繁に利用すれば利用するほどペン先が摩耗するので、ペン先交換 又は ペン先カバーが必要になります。

消耗品なので仕方ありませんが、余計な出費である事は確かです。それでいて、Apple純正品のペン先はそれなりに高いですから、必ずしも最適な選択とは言い難いです。

その点、安価で買えるので2本目の需要に最適に感じます。利用頻度が高いほど1本で使いこなすのは厳しいですから予備も必要になります。

 

購入デメリット

安価で購入できるiPad対応タッチペンの場合では、購入したからと言って、必ず所持しているiPadで利用できるとは限らないのが最大のデメリットです。

実際の話、筆者の場合はiPad mini 5 と iPad Air 4 を所持していますが、iPad mini では利用できても iPad Air では使えない展開に陥っています。

この事実に気が付くとApple Pencilの方が安心感があって使いたいと感じます。

 

ペン先カバー装着後は書き心地が良い

最後にオマケ的な要素を紹介しますが、書き心地がイマイチに感じるiPad対応タッチペンだったとしても、Apple Pencil用のペン先カバーを装着すると、快適に手書きが行えるようになります。

但し、全てのiPadタッチペンのペン先に装着できるという訳ではないため、注意も必要になります。