iPad OneNote 追加したインク(ペン)を削除する方法

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad で手書きする場合ではApple PencilなどのiPad対応スタイラスペン 又は タッチ操作にてイラストや図形などを描画する事になります。

この場合に利用するのが描画タブにあるインクストロークになりますが、Apple Pencilなどを切り替える場合に役立ちます。

このインクストロークはインクを追加したり削除する事もできるため、便利に使いこなして作業の効率化に繋げたいところです。とはいえ、追加し過ぎると良くない事も発生するので程々が丁度よいです。

今回の記事は『OneNote for iPad 追加したインク(ペン)を削除する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 描画タブで手書き入力について

iPad版OneNoteで手書き入力する場合についての内容になります。起動時に開くホームでは手書き入力に対応していないので描画タブを開いて入力となります。

手書きは描画タブで入力

OneNoteを起動すると、ホームが表示されますが、図形やイラストなども含めて手書き入力する場合では、「描画」タブを開きます。

この描画タブにはツールバーの中央にインクストロークが表示されているので、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する場合は便利に使えます。

また、Apple Pencilがなくても、描画モードの設定を変更する事で、指先のタッチ操作で手書き入力が行えるようになります。この場合はスイッチをONにすれば良いです。

どっちの操作が良いのか?は個々の判断にお任せとなりますが、実際に手書きしてみると、圧倒的にApple Pencilで操作した方が便利でかつ、使いやすいです。

 

図形を挿入する場合

写真などの画像を挿入する場合では「挿入」タブを開きますが、図形を挿入する場合は「描画」タブで対応となります。ちょっと分かりづらいのですが、このような仕様になっているので仕方ありません。

あと、図形を挿入する場合はツールバーの図形をタップすると14種類の図形から選択して挿入できますが、必ずしも自分が求めている図形ではない場合が圧倒的に多いです。

そのため、必要に応じて、「インクを図形に変換する」をタップして手書きのイラストから図形を自動変換する方法を使った方が良いです。

但し、この機能を利用しても満足できないと思います。というのも、一般的によく利用する図形しか自動変換できないからです。

万能ではない機能に該当するので、あまり期待しない程度に使った方が良いと思います。期待し過ぎると、落胆が大きいです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き描画のインク(ペン)追加方法

ここでは、描画タブにあるインクストロークにインクを追加する方法 及び 補足事項も含めて紹介となります。デメリットに感じる事もあるので、インクの追加は程々が丁度よいです。

インクストロークのインクを追加する方法

① +をタップ
描画タブのツールバー(真ん中)にインクストロークが表示されていますが、インクのアイコンの右隣に「」があるので、これをタップします。

 

② ペンの追加
追加するインクは「ペン」なのか?「蛍光ペン」なのか?を選択します。

 

③ インクの色を選択
ツールバーに1種類のペンが追加されると同時に、インクの色や太さを選択できるポップアップが表示されるので、最適に感じる太さをタップして選択します。

 

④ 任意の場所をタップ
ペンの太さや色を選択したら、任意の場所をタップすれば確定されます。

 

インクを追加するとデメリットも発生する場合あり

インクストロークに追加できるインクは全部で15種類になりますが、仮に全15種類を追加した場合はどうなるのか?と言うと、ツールバーに表示されている機能が影響を受けます。

具体的にはインクストロークの右側に表示されている3つの機能である「図形」、「インクを図形に変換」、「描画モード」がアイコンに変化します。

ハッキリ言って、アイコンをパッと見ただけでは何のアイコンなんだろうか?といった感じになるので、効率的な作業は行えないと思います。何でも程々が丁度よいです。

 

程々に追加する場合

インクストロークにインクを追加する場合では程々が丁度よいとの事でしたが、それならば程々ってどのぐらいなのか?も気になると思います。

インクは消しゴムも含めて7個が丁度よいです。8個以上になってしまうと、「インクを図形に変換」、「描画モード」がアイコンに変わってしまいます。

 

OneNote for iPad 追加したインク(ペン)を削除する方法

ここでは、インクストロークに追加したペンや蛍光ペンなどのインクを削除する方法についての紹介になります。インクを追加し過ぎると弊害も発生するので削除も必要になります。

追加したインクを削除する操作方法

① インクを削除したい
消しゴムも含めてインクを8個以上追加した場合では、「インクを図形に変換」や「描画モード」がアイコンに変わってしまうのでパッと見て何のアイコンだか?分かりません。

この場合では、消しゴムも含めて7個以内になるようにインクを削除する必要も発生します。

 

② 削除したいインク
インクを削除する場合では、削除したいインクをタップして選択します。

 

③ ペンを削除する場合
ペンを削除する場合は、上に持ち上げるようにスワイプすると、削除が表示されるので、そのまま削除をタップすればペンが削除されます。

 

④ 蛍光ペンを削除する場合
蛍光ペンを削除する場合では、そんなに色がないので、ポップアップの下側に削除が表示されているので、そのままタップすれば蛍光ペンが削除されます。

 

インクを削除する場合の補足事項

インクストロークではインクを追加する事もできれば、削除する事もできますが、全部の削除はできません。必ず消しゴムペンが1つずつセットで残ります。

これ以上は削除できませんといった感じで削除ボタンもOFFになってしまいます。

因みに消しゴムの場合は、追加もできなければ削除もできません。消しゴムの場合では異なる機能が用意されているので、可能ならば2つ以上表示させておきたいのですが、あくまでも変更で対応するしかないのが実情です。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 挿入した図形を消去する方法

iPad版OneNoteで図形を挿入した場合では、ピンポイントで一部分だけを消して、そこからまた書き足すといった作業を行う場合もあります。

iPad OneNote 手書きした図形を自動的に変換する方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad ではキーボード入力だけでなく、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンで手書き入力もできるので便利に使えます。 この場合では描画タブを開いて手書き入力す...

必要に応じて臨機応変に消しゴムの設定を変更

描画タブで挿入した図形や手書きのイラストなどを手書きした場合では、満足できない場合もあります。

この場合では、消しゴムで消して、また書き直すといった作業も行いますが、基本的に一度描いた図形はタップすると全部消えます。

これだと、せっかく書いたのに、またやり直しになってしまうので作業が非効率的となります。どうにか?する場合は消しゴムの設定を変更する事で対応できるようになります。

効率的な作業を目指す場合では、臨機応変に設定を変更する事も必要になるため、まさか!消しゴムの設定も変更できるのか!といった感じにならないようにした方が良いです。

 

消しゴムの設定を変更すると手書きの一部を消去できる

インクの場合は他の色に変更する事も出来ますが、消しゴムの機能を変更できます。

消しゴムの標準設定では、図形をタップすると消去される設定(ストローク)になっているため、図形の一部だけを消したいといった場合でも全部消えてしまいます。

これでは作業が非効率的になってしまうので宜しくありません。それならばどうするのか?と言うと、消しゴムの設定をストロークから「消しゴム」に変更するのである。

因みに消しゴムに変更すると、タップした部分だけをピンポイントで消去できるようになります。この方法で対応するしかないのが実情になります。