iPad OneNote データのインポート・エクスポート 方法

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad AirとiPad mini を所持していますが、デジタルノートを利用しているのはiPad Air になります。

デジタルノートは色々と種類も豊富ですが、メインで利用しているWindowsノートPCでも利用する機会があるOneNoteのiPad版を使っています。

iPadではOneNote単体で利用しているのではなく、必要に応じてデータをインポートしたり、エクスポートも行っています。

その理由としては、iPad版OneNoteはフル機能版であるOneNote for Windows10と比較すると機能が限定されているため、必然的に他のアプリと連携しないと便利に活用できないからです。

それにOneNoteを便利に活用できれば、宝の持ち腐れになりやすいiPad活用にも繋がるため、一石二鳥になります。

今回の記事は『OneNote for iPad データのインポート・エクスポートする活用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 他のアプリと連携活用できる

iPad版OneNoteは、単独で利用しても便利に使えますが、Microsoft OfficeやOneDrive以外のアプリと連携して活用する事もできます。

ノートブックのデータをエクスポートする場合

OneNoteのページを他のアプリに受け渡したいと思った事もあるのでは?と思います。この場合では基本的にPDFを作成してメールに添付して送信する方法で他のデバイスと連携する事になります。

PDF以外の方法でOneNoteのデータをエクスポートしたい場合は、プリンター印刷する方法も選択できますが、この場合ではAir Printに対応しているプリンターが必要になります。

 

ノートブックにデータをインポートする場合

他のデバイスにノートブックのデータをエクスポートできるのであれば、当然の事ですが、その逆であるインポートもできるのでは?と考えると思います。

この場合では双方向によるアプリ連携ではなく、一方通行による勝手に送信するという方法が利用できます。どういう事かな?と思うのでは?

簡単に言えば、一方的にデータをOneNoteに送信してしまうという方法になります。例えば、OneNoteに差し込みたいデータが有った場合では、問答無用で一方的に送信してしまうのである。

そうすると、OneNote側では新しいページが作成されて、一方的に送信されたデータがインポートされています。あまり宜しくない方法ですが、こういう事もできますよ~という程度で覚えておけば良いです。

 

他のアプリと連携して活用する場合

OneNoteと、どのように連携するのか?も考慮が必要になります。ただ単にノートブックの名前を変更する場合やノートブックを削除したいのであれば、OneDriveアプリをインストールすれば行えるようになります。

他のデバイスとデータのやりとりをしたい場合では、OneNoteのデータを何に利用するのかな?というのを考慮した方が良いです。

というのも、エクスポートする場合では基本的にPDFと印刷の2択になるため、エクスポートすれば役立つのか?も関係あります。役立たないのであればそんな事はしなくても良いと思います。

また、他のアプリからOneNoteにインポートする場合も同様になります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 一太郎Padからデータをインポート方法

OneNoteの場合では他のアプリから一方的に送り付ける方法でデータをインポートする方法もありますが、この場合は具体的にどのように行なえば良いのか?についての紹介になります。今回はOCRメモアプリの一太郎Padを利用します。

一太郎PadとOneNoteの連携活用について

具体的な操作方法に入る前に、簡単に一太郎Pad 及び OneNote連携活用について紹介します。

一太郎Padは、OCR機能を搭載したメモアプリになります。カメラ撮影した写真から文字を取り出してテキストに自動変換できる機能を搭載しています。

写真メモとして利用する場合では、カメラ撮影した写真の中に文字が含まれていないと、写真メモが作成されないという、ちょっと変わったメモアプリです。

このような機能はOneNote for iPadにはないため、一方的にデータを送りつける事で、連携活用できるのである。

 

一太郎PadからOneNoteにデータを送信する場合

連携の場合では、相互のアプリ同士が連携して機能するのでウィン・ウィンの関係になりますが、OneNoteと一太郎Pad連携の場合では一方通行の連携となります。

一方通行の場合だと、一太郎Padで作成されたメモの内容をOneNoteに一方的に送信となります。

普通ならばデータを送信すると連携しているアプリが起動して表示されますが、連携していないので、OneNoteが起動しません。

でも、OneNoteを起動して確認してみると、一太郎Padから送信されたメモの内容がちゃんとページに送信されているのを確認できるので特に問題ありません。

 

実際に一方的にデータを送信する操作方法

① 一太郎Padを起動
ここではOCRメモアプリの一太郎Padを利用してOneNoteに一方的にデータを送りつける事になるため、一太郎Padを起動を起動します。

 

② メモを開く or 作成
既にメモを作成している状態であれば、OneNoteに送信したいメモを開き、まだ作成していない場合は、何でも良いのでメモを作成します。

 

③ 共有のアイコンをタップ
メモ作成が完了したら、画面右下に表示されている3つのアイコン(ゴミ箱、共有、記入)から、共有のアイコンをタップします。

 

④ OneNote選択
共有のアイコンをタップすると送信できるアプリ一覧が表示されるので、OneNoteをタップして選択します。送信する内容がポップアップで表示されます。

 

⑤ 送信&確認
送信をタップすると、一方的にOneNoteにデータが送信されます。一方的な送信なのでOneNoteは起動しません。OneNoteを起動して確認します。

 

OneNote for iPad データをエクスポートする方法

iPad版OneNoteからデータを他のデバイスにエクスポートする場合では3つの方法から選択できます。自分にとって最適に感じる方法で行うのが賢明です。

データのエクスポートは3種類から選択

① 印刷
データをエクスポートする場合ではノートブック・ページをプリンターから印刷する方法を利用する事ができます。但し、この場合ではAir Printに対応しているプリンターが必要になります。

 

② USBメモリにエクスポート
他のデバイスにノートブック・ページの内容をPDFで送信する場合では、PDFをメール等で送信しないで、iPad内に保存した上で、USBハブを接続してUSBメモリに移し替える方法を利用できます。

 

③ メール等でエクスポート
USBメモリに移し替える方法では多少面倒な操作を行う事になるため、もっと簡単に送信できる手段としてメールやファイル転送アプリを利用する方法もあります。

 

PDFをUSBメモリにエクスポートする操作方法

① PDFを保存
OneNote for iPadでページのPDFをiPad内に保存(ダウンロードなどのフォルダ)

 

② USB-Cハブ
次にUSB Type-CハブをiPad Air・Proに接続した上で、USBメモリをハブに挿し込む

 

③ ファイルを開く
iPadのファイルアプリを開くとUSBメモリの名前が表示されます。

 

④ 移動&ペースト
ダウンロードフォルダを開いて、USBメモリに入れたいPDFを「長押し」するとコピー・複製・削除等が表示されるため、移動をタップした上で、USBメモリを開いてペーストすればOKです。

 

PDFをメール等にエクスポートする操作方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ。

④ アプリを選択(メールアプリ or ファイル転送アプリ

⑤ メール作成が開く

⑥ 送信先のメールアドレスや件名、内容を入力して送信

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 他のデバイスでも利用できる

iPad版OneNoteからデータをエクスポートする場合では印刷又はPDFの2択になってしまうので必ずしも便利に活用できるという訳ではないのが実情になります。そもそもOneNoteはデータをエクスポートしなくても活用できるのです。

iPad OneNote ノートブックのPDFを作成して転送方法(PCスマホに送信)
皆さん こんにちは! OneNote for iPad のノートブック・ページをPCなどのデバイスにエクスポートしてバックアップ利用したい場合もありますが、このパターンが大変です。 OneNoteファイルはMicroso...

OneNote 各デバイスで利用できる

OneNoteは各OSで利用できるアプリなので、無理にPDFを作成してノートブックを他のデバイスにエクスポートしなくても良いです。

例えば、スマホであればAndroid版とiOS版が利用できますし、PCであればWindows版とMacbook版を利用する事ができます。

Chromebookを利用している場合ではAndroidアプリを利用できるのでAndroid版OneNoteをインストールする事ができます。

これならば、どのデバイスを使っても同じデータを操作できるので、ノートブック・ページをエクスポートして利用しなくても良いです。

 

OneNote 同じデータを共有して利用できる

OneNoteは各OSで利用できるようにアプリが提供されているため、どのデバイスを利用してOneNoteを使っても同じノートブックを直接編集できます。

個人でOneNoteを利用するのであれば、ノートブック・ページを他のデバイスにエクスポートする必要がないのである。

だからといって、複数のデバイスで利用するのも一長一短があります。可能ならばメインとサブのデバイスに限定して利用するのが良いと思います。