iPad OneNote ノートブック操作はOneDrive連携活用を

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad を利用する場合は、App StoreからOneNoteを検索してインストールする事になります。この場合では、ほぼ間違いなくOneNoteだけをインストールして利用開始すると思います。

実はこれだけではダメなんですよね~。何故か?と言うと、もう1つ同時にインストールしておいた方が良いアプリがあるからです。

でも、そんな事インストールページには記載されていないので分かりません。必要になって初めてどうすれば良いのだろうか?といった感じに右往左往する事になってしまいます。

それにインストールしても、ハッキリ言ってあまり使わない場合が多いですから、必要性を感じないと思います。

今回の記事は『OneNote for iPad ノートブック操作はOneDrive連携活用も必要になる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad インストールして使用開始する場合

iPadでデジタルノート Microsoft OneNote を利用したいと思った場合は、App Storeで「OneNote」又は「デジタルノート」で検索してインストールする事になります。

OneNote をインストールして使う場合

iPad でOneNote を利用する場合では、App StoreでMicrosoft OneNote for iPad をインストールして利用を開始する事になります。

ここまでは何も問題ないのですが、このアプリだけをインストールすればOKという訳ではないのである。もう1つアプリをインストールした方が良いのである。

そのアプリは、OneNoteのファイルを管理するMicrosoft OneDriveになります。ハッキリ言ってあまり使わないので同時にインストールしなくても、必要になった時でも良さそうに感じます。

でも、必要になった時だと完全に忘れている場合が多いですから、OneNote と一緒にインストールしておいた方が良いのである。

 

あまり使わない Microsoft OneDrive は必要なのかな?

OneNote だけインストールして、OneDriveのインストールは行わなかった場合はどうなるのか?というと、一般的な操作を行うのであれば普通にOneNote を利用できます。

一般的な操作ってどんな操作だろう?と思いますが、ファイル操作を行わないのであればOneDriveは必要を感じないので別にインストールしなくても特に問題ないです。

残念ながら、必要に感じる場合がいずれか?のタイミングで発生する場合が多いので、その時に備えてインストールしておくのも1つの方法になります。

でも、全く使わないアプリをインストールしても意味がないので、必要に感じた時にインストールしても良いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad デジタルノートの基礎知識

iデジタルノート OneNote for iPadを利用する場合では、基礎知識も必要になります。基本的な操作ができれば問題ないという訳でもないと思います。特に便利に活用する場合では尚更です。

基礎知識「ノートブック、セクション、ページ」

OneNoteは階層構造で管理するデジタルノートになります。「大分類」、「小分類」、「ノート」という階層構造を持っています。

大分類 及び ファイルのカテゴリに該当するのが「ノートブック」、小分類が「セクション」、ノートが「ページ」に該当します。

そういう面倒な事は必要ないから、いきなりページに書き込みたい場合もありますが、逆にこのように考えている人には向いていないアプリと言った方が正解かも知れません。

必ずこの階層構造で作り込みを行う必要があるため、煩わしいと感じる場合もあります。

 

OneNote ノートブックのファイル保管場所

OneNoteでノートブックを作成した場合では、iPad内にファイルが作成されるのかな?と思うかも知れませんが、iPad内やiCloudには保存されません。

それならば何処にファイルが保存されるのか?と言うと、Microsoft OneDriveになります。OneNoteはMicrosoftのアプリなので、OneDriveで管理されます。

そのため、OneNote for iPadでファイル操作をする場合では、OneDriveにアクセスする必要があるため、専用のアプリも必要になります。

 

OneNote ノートブックの名前変更はできない

OneNoteでは階層構造でデジタルノートを管理していますが、途中でセクションやページの名前を変更したい場合も発生します。

セクションやページの名前を変更するのは簡単に行えるのですが、ノートブックの名前を変更するのはOneNote for iPad では出来ないです。

何故か?と言うと、OneNoteでファイルを管理していないからです。ファイルを管理しているのはOneDriveなので、管理している場所で行う必要があるからです。

そのため、ノートブック作成時は、安易に名前を付けるのではなく、よく考えた上で名前をつけた方が賢明の選択になります。

 

OneNote for iPadはOneDriveとの連携活用も必要

デジタルノートOneNote 利用していると、大分類カテゴリのノートブック名称が、もっと良い名前に変更したいな~と感じる場合もありますが、この場合ではMicrosoft OneDriveアプリが必要になります。

Microsoft OneDrive が必要の理由になる理由

OneNoteを利用するのにOneDriveアプリも必要なのかな?と思ってしまう場合も有ると思います。全く気がついていないかも知れませんが、OneDriveを利用しています。OneNote のファイルの保管場所がOneDriveになるからです。

同時に、ノートブックの名前を変更する操作を行う場合でも同様になります。iPad版OneNoteではフル機能版であるOneNote for Windows10の機能限定版に該当するため、単独でノートブックの名称変更が行えません。

さらには、ノートブックというカテゴリになっていますが、OneNoteではファイルという扱いになっているため、名前の変更はファイル操作に該当します。

そのため、ファイル操作を行う場合はOneDriveアプリも必要になるのである。

 

OneNote ファイル操作の必要性

iPad版OneNoteで行うファイル操作とは、具体的に何があるのか?と言うと、ノートブックの名前を変更 及び ノートブックを削除 が該当します。

ノートブックの名前を変更するだけなら、Windows PCを所持していれば、OneNote for Windows10 と連携活用する事で対応できます。

とはいえ、MacbookやChromebookなどのPCを所持している場合では、Windows版OneNoteを利用できないため、OneDriveにアクセスして変更するしか方法がありません。

幸いな事にOneDriveのiPadアプリが用意されているため、このアプリをインストールすればファイル操作が行えるようになります。

 

OneNote ノートブックを削除する場合

ノートブックを削除したいと感じる場合もあります。特に作成したは良いけど、あまり使っていないので一本化するといった場合が該当します。

この場合ではOneNoteのファイル保管場所であるOneDriveで削除を行う必要があるため、ノートブックを削除する機会がある場合は利用する事になります。

とはいえ、そんなに用途はないですから、OneDriveをどのように活用するのか?次第になるのでは?

 

スポンサーリンク

Microsoft OneDrive アプリの利用について

iPadでMicrosoft OfficeやOneNote を利用する場合に必要となるのが、ファイルの保管場所であるMicrosoft OneDriveになります。

iPad OneNote ノートブックの作成・編集・削除する方法(使い方)
皆さん こんにちは! iPadで、デジタルノートアプリを利用する場合では操作説明書が無くても、何故だか分かりませんが、普通に操作が行えてしまう場合が多いです。 やっぱり簡単に操作できる方が便利に使えますし、継続的に利用で...

OneDrive を利用する場合の補足事項

Microsoft OneDriveをOneNote だけで利用する場合は、ファイル操作はしないのであれば、基本的にあまり使わないのでインストールしておくだけで良いと思います。

ノートブックのファイル操作を行う場合では、このアプリがないと出来ないという訳ではないです。メインで利用しているPCからOneDriveにアクセスすれば同様の事が行えるので、iPadアプリを使わなくても良いです。

とはいえ、わざわざPCからアクセスする事を考慮すると、iPadで完結できた方が便利に感じます。こればっかりは自分にとってどちらの方法が最適に感じるのか?が重要になるため、一概には何とも言えません。

でも、必ずではないですが、いずれか?のタイミングでOneDriveを利用する機会が訪れます。OneDriveを無料で利用できるのは最大で5GBまでなので、この容量を超えないように操作する必要が発生する可能性があるからです。

 

5GBまでは無料で利用できる

Microsoft OfficeをiPadで利用している場合では、ファイルの保管場所がOneDriveになるため、OneDriveを活用できると思います。

OneDriveは5GBまでは無料で利用できるので、OfficeやOneNoteといったMicrosoftアプリを利用する場合に活用できます。

とはいえ、無料で使えるのは5GBだけなので、それなりに上手く利用できるように操作も必要になると思います。

5GBあれば十分に使える場合もあれば、逆に5GBでは足らない場合もあります。全ては使い方次第になります。