iPad OneNote 手書きした文字はテキストに変換できる?

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad ではApple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用できるため、手書き入力も行う場合があるのではないか?と思います。

この場合では、手書きした図形を自動的にちゃんとした図形(曲線美や綺麗な線)で清書された図形に変換できる機能を搭載しているので、手書きでも綺麗な図形を書く事ができます。

それならば、手書きした文字も、テキストに変換できるのかな?と考えてしまう場合もあると思います。でも、描画タブを見回してみても、それらしい機能が見つからないのが実情になります。

もしかすると、どこかに隠されているのでしょうか?

今回の記事は『OneNote for iPad 手書き文字はテキストに変換できる?』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad Apple Pencilで手書きする

iPad版OneNoteで手書き入力する場合では、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンで作業する事になります。この場合では描画タブを開くと手書き入力できるようになります。

描画タブで手書き入力

OneNoteを起動するとホームタブが開きます。ホームでは主にキーボードにてテキスト入力する場所になります。Apple Pencilを利用して手書き入力する場合では描画タブを開きます。

描画タブを開けば直ぐに手書き入力が行えるという訳ではないです。というのも、この状態ではインクを選択していない場合が多いからです。

インクを選択してタップしたら、ページ上の任意の場所で手書きすれば良いです。因みに初期状態では、指先のタッチ操作で手書きできるように設定されていないため、Apple Pencilを利用する事になります。

 

描画タブで手書き入力するとイラストになる

描画タブではApple Pencilや指先のタッチ操作で手書き入力が行えるようになりますが、この場合では手書きした文字だったとしてもテキストではなくイラストになります。

何のこっちゃ?と思うかも知れませんが、ホームでキーボード入力で文字入力した場合では自動的にノートコンテナが作成されます。

それに対して、描画タブで手書き入力した文字の場合はノートコンテナが作成されません。あくまでも文字だったとしてもイラストになってしまうのである。

 

手書きした文字を移動する場合

ホームタブでキーボード入力した場合では自動的にノートコンテナが作成されるので、入力した文章を移動する場合ではドラッグ&ドロップ操作で簡単にどこでも移動できます。

それに対して描画タブで手書きした文字を移動する場合では、手書き文字をタップしても選択状態にならないので移動できません。

それならば、どのように移動すれば美いのか?と言うと、ツールバーに表示されている「なげなわ選択」を使います。なげなわで上手く手書き文字の全体を囲む事で文字全体を選択できます。

うまく囲む事ができると、選択した文字の中央に十字矢印が表示されるため、そこをタップしてドラッグ&ドロップする事で自由自在に移動できます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き図形は自動変換できる

iPad版OneNoteでは手書きした図形を綺麗な曲線美などの図形に自動的に変換できる機能が搭載されているので、この機能を利用すれば図形を挿入しなくても良いです。

図形の挿入方法は2種類ある

① 図形一覧
描画タブを開いて、ツールバーに表示されている「図形」をタップすると、図形一覧が表示されます。全部で14種類の図形が格納されているのでどれか?好きな図形を選択すると挿入できます。

因みに、インクストロークのインクが消しゴムも含めて8個以上表示されている場合では、「図形」ではなくアイコンが表示されている場合もあります。

 

② 手書き
描画タブのツールバーにある「インクを図形に変換」をタップして選択状態にすると、手書きした「◯△⬜」などの図形が自動的に変換されて見栄えの良い図形で表示されます。

但し、この機能をONにする前に手書きした図形は自動変換の対象ではないので注意が必要になります。

 

手書きの図形は自動変換できる

① 描画タブ
図形を手描きする場合は描画タブを開く

 

② ツールバー
手書き図形をちゃんとした図形に自動変換する場合は、ツールバーに表示されてある「インクを図形に変換」が選択状態になっているのか?を確認する。選択状態になっていない場合は選択します。

 

③ 図形を手書き
一般的によく使うであろう「△」などの図形をApple Pencilで手書きすると、自動的に「△」が変換されます。

 

OneNote for iPad 手書き文字はテキストに変換できる?

iPad版OneNoteでは手書きした図形を自動的にちゃんとした図形に変換できる機能を搭載していますが、それならば、手書きした文字はテキストに変換する事はできるのか?も気になると思います。

手書き文字はテキストに変換できない

描画タブで手書きした図形の場合はツールバーにある「インクを図形に変換」をタップして選択すると、手書きした図形を自動的にちゃんとした図形に変換してくれる機能を利用して行う事ができました。

それならば、手書きした文字も、もしかすると、テキストに変換できる機能が有るのでは?と考えてしまうのではないかな?と思います。

でも、いくら探してもそのような機能は見つからないので、どこに隠されているのだろうか?といった感じで試行錯誤する事もあります。

とても残念な事に、「手書きした文字をテキストに変換できる機能」はOneNoteに搭載されていないため、テキスト変換できません。どんなに探しても見つからないのは当然の事なのです。

 

描画タブで手書きするとノートコンテナが作成されないい

ホームタブでキーボード入力した場合ではテキストがページに挿入されると自動的にノートコンテナが作成されるので、ドラッグ&ドロップ操作でページのどこにでも自由に再配置することができます。

それに対して、描画タブで手書きした文字はテキストではない扱いになるため、ノートコンテナが自動的に作成されません。手書きした文字をタップして選択しようとしても選択できないのである。

これでは自由自在に移動して再配置する事ができないですし、コピーや切り取りといった操作も行えないので、どのように選択すれば良いのか?悩む場合もあります。

この場合では、ツールバーに表示されている「なげなわ選択」で対応できます。なげなわなので上手く囲む事ができないと一部が取り残されてしまうので慣れも必要になります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 描画タブで手書き入力の一長一短

iPad版OneNoteをデジタルノートとして利用する場合では、Apple Pencilにて手書き入力を行う場合も有ると思います。この場合では、メリットやデメリットもあるので便利に使えるのか?も気になります。

iPad OneNote 手書きした図形を自動的に変換する方法
皆さん こんにちは! OneNote for iPad ではキーボード入力だけでなく、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンで手書き入力もできるので便利に使えます。 この場合では描画タブを開いて手書き入力す...

手書き入力のデメリット

手書き入力のデメリットには何があげられるのか?と言えば、インクストロークでインクを追加した場合に、消しゴムも含めて8個以上のインクを表示した場合ではないかな?と個人的に考えます。

というのも、インクストロークが消しゴムも含めて7個までの場合では、「インクを図形に変換」や「描画モード」が表示されているのですが、インクが8個以上の表示になると、アイコンに切り替わってしまうので不便に感じます。

パッと見ただけで、インクを図形に変換?と果たして分かるのだろうか?といった感じのアイコンなので、インクを追加するのも一長一短に感じます。

結局のところ、アイコン表示が嫌な場合では、インクストロークには消しゴムも含めて7個以内にしておく必要があるのが実情になります。

 

手書き入力の一長一短

OneNoteで手書き入力する場合の一長一短には何があるのか?と言えば、手書きした図形はちゃんとした図形に自動変換できるのに、手書きした文字はテキストに自動変換できない部分に尽きるのではないでしょうか?

実際の話、手書きした文字をテキスト変換する用途はどのぐらい有るのだろうか?と思うのは気のせいでしょうか?

というのも、このような機能が仮に実装された場合では、下手をすればキーボード入力と何ら変わらなくなるのでは?と思います。手書きした文章を清書する目的で利用する場合も想定できるからです。

テキストに変換できる機能は別に要らないのでは?というのが個人的な見解になります。