iPad OneNote 手書きした図形を自動的に変換する方法

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad ではキーボード入力だけでなく、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンで手書き入力もできるので便利に使えます。

この場合では描画タブを開いて手書き入力する事になりますが、図形なども描いたりする場合もあります。手書きの図形等は線などが規則性がないため、見栄えば悪かったりします。

ちゃんとした綺麗な図形にしたいな~と感じる場合が多いと思います。正にこのように感じている場合に最適な機能が搭載されているので、便利に活用できます。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力する方法

iPad版OneNoteで手書き入力を行う場合ではApple PencilなどのiPad対応スタイラスペン 又は 指先のタッチ操作で手書き入力する事になります。

指先のタッチ操作でも手書き入力できる

OneNote for iPadで手書き入力する場合では、ホームではなく、描画を開いて行う事になりますが、この場合では基本的にApple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する事になります。

でも、色々な事情で直ぐ傍にApple Pencilがない場合や近くにあるけどバッテリー切れなので今は充電中といったパターンも十分に想定できます。

この場合では手書き入力が行えませんが、描画モードの設定を変更する事で指先のタッチ操作でも手書き入力が行えるようになります。

残念ながら初期の設定ではこのスイッチがOFFになっているため、利用できないです。もし興味のある方は描画モードの設定を変更してみて実際に試してみるのが良いと思います。

 

Apple Pencil等のiPad対応スタイラスペン

iPad版OneNoteで手書き入力する場合ではApple Pencilなどのスタイラスペンを利用すると手書き入力が行えますが、ホームで操作しても無反応で入力できません。

Apple Pencilが利用できるのはホームではなく、描画タブになります。描画タブにはツールバーの中央付近にインクストロークが表示されているので分かりやすいです。

この状態で、インクを選択してページの任意の場所をタップする事で手書き入力できるようになります。

 

インクストロークのインクは追加できる

現在表示されているインクストロークに自分にとって最適な色が無い場合は「」をタップするとインクを追加できます。インクの色も自由に変更できるため、インクを追加しなくても対応できます。

インクストロークに追加できるインクは最大で15種類になります。この状態でも「+」は表示されていますが、実際には追加できません。無反応となります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 図形を挿入する操作方法

ホームではテキスト入力する事ができます。挿入では写真などの画像を挿入したり、表を追加したりする事ができ、描画では手書き入力が行えます。それならば図形はどこで扱えるのか?と言うと、描画で対応できます。

図形を挿入して追加する場合は何処で行うのか?

テキスト入力以外の写真や画像を挿入する場合では「挿入」タブを開いて対応する事になります。でも、挿入タブには、いくら探しても図形を挿入できるアイコンは見つかりません。

図形も挿入して利用する事になるのですが、図形の場合は挿入だけでなく、手書きも行えるため、描画タブで対応できるようになっています。

とはいえ、図形を手書きで書いても実際には綺麗な図形にはならない場合が多いので、図形一覧から挿入した方が見栄えが良いのが実情になります。

でも、残念な事に図形一覧に表示される図形は全部で14種類だけなので少ないですし、あまり関係ない図形も多いので必ずしも挿入したいと感じないと思います。

 

図形は描画タブで挿入して追加 又は 手書き入力

図形を挿入する場合では、ホームではなく描画を開きます。ページの任意の場所を選択してからツールバーに表示されている図形をタップすると、図形一覧が表示されます。

実際に利用する場合では、挿入できる図形の種類が少ないので役に立たないと言った方が正解かも知れません。「矢印」などの図形を利用できるので、これらの図形を使うのであれば役立ちます。

とはいえ、使える図形が少ないと使い勝手も悪くなるため、最適な選択とは言い難いです。このような場合に便利なのが、手書きの図形を自動的に図形に変換できる機能になります。

OneNoteにはインクを自動変換できる機能が搭載されているので、この機能を活用した方が良いかも知れません。

 

OneNote for iPad 手書き図形を自動変換する方法

iPad版OneNoteで図形を挿入する場合では、描画タブを開いて図形をタップすると図形一覧が表示されるため、14種類の中から何か1つを選択するとページに挿入できます。

手書き図形に自動変換

手書きの図形をそのままページに配置していても良いのですが、明らかに不細工ですから、可能ならば整っている図形に置き換えたいというのが率直な考えだと思います。

幸いな事にOneNoteでは、このような願望に対して何とかしてくれるように対応しているので意外と便利に使えたりします。但し、あくまでも対応できる程度になるため、完璧仕様ではないのが実情になります。

完璧仕様ではないとはどういう事なのか?と言うと、一般的によく利用する図形ではない手描き図形には対応していない場合の方が多いです。

この機能は、どうやって利用するのか?と言うと、ツールバーに「インクを図形に変換」が表示されているので、これを選択すればOK。

 

インクを図形に変換(実際の操作方法)

① 描画タブ
図形を手描きする場合は描画タブを開く

 

② ツールバー
手書き図形をちゃんとした図形に自動変換する場合は、ツールバーに表示されてある「インクを図形に変換」が選択状態になっているのか?を確認する。

 

③ 選択状態
「インクを図形に変換」が選択状態になっていない場合は、タップして選択する。

 

④ 図形を手書き
一般的によく使うであろう「◯」などの図形をApple Pencilで手書きすると、自動的に「」が変換されます。

 

タッチ操作で図形を描画する場合

基本的にはApple PencilなどのiPad対応タッチペンで描画する事になりますが、色々な事情でタッチペンが利用できない場合もあります。この場合では、指先のタッチ操作でも図形を手書き入力できます。

ツールバーに表示されている「インクを図形に変換」の右隣にある描画モードをタップすると、「タッチして描画する」というスイッチがあるのでONにします。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 「インクを図形に変換」補足事項

ここでは、描画タブでApple Pencilや指先のタッチ操作で手書きの図形を自動変換できる機能を使う場合の補足事項についての紹介になります。

iPad OneNote 手書き入力のインクや図形の一部を消去する方法(使い方)
皆さん こんにちは! OneNote for iPad で写真を挿入してページに貼り付ける場合では、移動したり再配置したりして微調整を行ったりする場合もあります。 この場合では、ドラッグ&ドロップ操作で簡単に行えるので便...

描画モードの設定 及び 補足

描画タプのツールバーには右端に「描画モード」が表示されています。ここをタップすると、「タッチして描画する」のスイッチがあります。

指先のタッチ操作で図形も含めて手書き入力を行う場合は、このスイッチをオンにするとApple Pencil不要で手書きでき入力できます。

但し、指先のタッチ操作でインクを変更する場合は、当然の事ですが、ツールバーの中央に表示されているインクストロークでインクを変更する必要があります。

Apple Pencilの背でダブルタップして変更できる機能を利用できないので必ずしも便利に利用できるという訳ではないのが実情です。

 

スタイラスの方向を変更する場合

OneNote 描画モードには、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する場合に便利な機能である「スタイラスの方向」を変更できる機能が搭載されています。

ここでパッと見て分かるように6種類の絵で表示してあるので、この中から選択できるようになっています。自分にとって最適に感じる設定に変更すれば良いので、簡単に設定変更できます。