iPad OneNote 手書き入力のインクや図形の一部を消去する方法(使い方)

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad で写真を挿入してページに貼り付ける場合では、移動したり再配置したりして微調整を行ったりする場合もあります。

この場合では、ドラッグ&ドロップ操作で簡単に行えるので便利に感じますが、描画タブを開いてApple PencilなどのiPad対応スタイラスペンを利用して手書きする場合では、ドラッグ&ドロップ操作できないので「なげなわ選択」が必要になります。

また、手書きした図形の場合では、回転や線の一部を切り取ったり、消去したりして継ぎ足すいった微調整も行う場合もあります。微調整といっても色々な調整方法があるので皆さん共通して同じという訳ではありません。

今回の記事は『OneNote for iPad 手書き入力のインクや図形の一部を消去する方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書きのイラストや図形を挿入

iPad版OneNoteで図形を挿入する場合では描画タブを開くと挿入できるようになります。ツールバーに表示されている図形をタップすれば一覧が表示されるので選択挿入できます。

描画タブを利用する場合

描画タブを開くと、インクストロークがツールバーの中央付近に表示されます。この状態でApple Pencilなどのスタイラスペンを使ってイラストや図形、手書き文字などを入力できるようになります。

手書きした文字はテキストではなくイラストに該当するので、ノートコンテナが利用できません。そのため、手書きした文字を移動する場合では「長押し」して選択する事ができません。

インクで描いた図形などを移動する場合では、「なげなわ選択」を利用して選択し、ドラッグ&ドロップにて任意の場所に移動する必要があります。

 

インクストロークの補足事項

インクストロークって何だろう?と思いますが、OneNoteの描画タブを開くとツールバーの中央付近に表示されているインクツール(ペンツール)の事を指します。

ここでは、インクのの追加、インクの削除、インクの太さの変更、インクの色を変更、消しゴムの設定変更などの操作を行う事ができます。

また、インクを増やすと、ツールバーのアイコン表示にも変化が発生するので、可能ならば消しゴムも含めて7個まで(インクは6種類まで)に抑制した使い方を行った方が良いと思います。

 

ページに図形を挿入する場合は2種類から選択

図形を挿入する場合では、2種類の方法から選択できます。1つは図形をタップして一覧表示から選択する方法。この場合は種類が少ないので物足りなさを感じます。

もう1つは、指先のタッチ操作 又は Apple Pencilなどのスタイラスペンで書いて、自動的にちゃんとした図形に変換する方法。こちらの方法では簡単な図形しか自動変換に対応していないので一長一短があります。

どちらを選択しても満足できるとは言い難いのが実情になるため、自分にとって最適に感じる方法にて使うのが最適です。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 複数の図形を選択して移動や削除

手書きした図形を自動変換した場合やで図形を挿入した場合では、位置の調整等もする場合があります。テキスト入力ではノートコンテナが作成されるため、ドラッグ&ドロップ操作で自由自在に移動できましたが、描画タブはその操作ができません。

描画タブはノートコンテナが利用できない

ホームでテキスト入力する場合では、自動的にノートコンテナが作成されるのでドラッグ&ドロップ操作で移動や再配置が自由に行なえます。

それならば描画タブではどうなのか?と言うと、手書きした文字はテキストではなく、イラストや図形になるため、ノートコンテナが作成されません。

手書きした図形を「長押し」しても選択状態にならなくて全くの無反応な事に気が付きます。この場合では図形を移動したり、コピーや削除もできないため、困る展開に陥いる場合があります。

 

描画タブでイラストや図形を消去する方法

手書きした文字やイラスト・図形を完全に消去したい場合は、消しゴムに切り替えて、図形をタップすれば、跡形もなく消去されます。

この場合ではApple Pencil 2の背でダブルタップすると簡単に消しゴムに切り替えることができます。

 

描画タブでイラストや図形の移動や切り取りする操作方法

図形を消去するのではなく、「移動、コピー、切り取り」したい場合では、ノートコンテナが利用できないため、「なげなわ選択」を利用します。

「なげなわ選択」で図形を選択する事で、手書きした文字や図形を選択できるようになるため、移動などの操作が行えるようになります。

因みになげなわ選択を利用して図形を選択した場合では、中央の十字に見える矢印をタップしてドラッグ&ドロップ操作ができるようになります。

また、ワンタップであれば、コピーや回転といった操作も容易に行なえます。

 

OneNote for iPad インクや図形の一部を消す操作方法

描画タブで、手書き入力を行う場合では、手書きした図形などを消しゴムで消す事ができますが、全て消えてしまいます。これでは一部分だけを消去したい場合に対応できないので何か良い方法はないのかな?と思います。

インクや図形の一部を消したい場合もある

インクや図形を完全に消去する場合では、何も考えずに消しゴムを利用すれば何も問題なく消去することができますが、一部分だけ消して、継ぎ足したい場合に対応することができません。

任意の一部分だけを消す事ができれば良いのですが、この操作方法が分からないと対応する事ができないため、素行錯誤の連続で空回りする事になります。

特に空回りすればするほど時間の無駄に繋がるため、作業が非効率的になるのでよくないです。この場合は、インクストロークの消しゴムの設定を変更する事で対応できます。

 

図形の一部を切り取る場合

インクや図形の一部を消去できるのであれば、一部分だけ切り取って別の場所に移動も可能になるので、継ぎ足して別の図形に変更する事も可能になります。

このような事は残念ながらiPad版OneNoteではできません。それならば別の方法となりますが、利用できるのは「なげなわ選択」を利用すればできます。

でも、この場合では、ピンポイントで切り取りたい場所をなげなわで選択できるとは限らないのが実情になるため、最適な方法とは言えません。、

 

消しゴムの設定を変更するのが最適

インクの場合は太さを変更できるので、インクを追加しなくても対応できるメリットがありますが、それに対して消しゴムの場合は何が変更できるのかな?と思うのでは?

通常の設定では、消しゴム(ストローク)になっていますが、ただの「消しゴム」に変更すると、図形やインクの一部分だけを消す事ができるようになります。

現状では、この方法を利用して図形の一部分を消去するのが最適な方法です。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad インクストロークの設定について

描画タブでApple Pencilを利用したり、タッチ操作で手書きする場合ではインクストロークを利用する事になりますが、補足的な内容の紹介となります。

iPad OneNote タッチ操作で手書き入力する方法(使い方)
皆さん こんにちは! iPad版OneNoteで手書き入力する場合はApple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する場合が多いと思います。 色々な事情で手元に無かったり、バッテリーが切れていたりすると利用し...

インクの追加 及び インクの削除

インクを追加する場合では、インクストロークの右隣にある「」をタップすると簡単に追加できます。

追加したけれども不要になったインクは削除することもできます。この場合では削除したいインクをタップすると、「インクの色の選択」が表示されます。

一番下に「削除」があるのでスワイプして表示した上で、削除をタップすると、インクストロークから削除できます。

 

インクを追加する場合の補足 及び 注意事項

① インクの追加
インクを追加する場合では、最大でいくつぐらい追加できるのかな?と気になると思います。消しゴムは含めないで、最大で15個まで追加できます。これ以上は+をタップしても無反応になります。

 

② 注意事項
最大15個のインクを追加した場合では、ツールバーに表示されている「インクを図形に変換」や「描画モード」などの機能が非表示になります。

これらの機能を常に表示させておく場合は、インクストロークに表示してあるインクは消しゴムも含めて7個までに限定するのが最適です。

 

消しゴムは追加や削除できない

インクストロークの消しゴムには2つの設定があります。2つとも、便利に使える機能になるため、いつでも選択できる状態にしておきたいと考えるのでは?

インクの場合は、追加や削除が簡単におこなえますが、残念ながら「消しゴム」の場合は追加したり削除する事ができません。

この場合は、必要に応じて臨機応変に消しゴムの設定を変更するのが最適な選択となります。