iPad OneNote 画面2分割Split view活用方法

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad では、何か別の作業をしながらデジタルノートを利用するといった用途にも利用できます。

特にOneNoteを勉強や学習用途に活用している場合では、参考書などのアプリやPDFを表示した上で、Apple Pencilにてノート記入といった使い方もすると思います。

この用途に最適に感じるのが画面を2分割してマルチタスク利用できるiPadのSplit Viewになります。この便利な機能を利用した場合ではアプリによっては必ずしも便利に使えるという訳ではないのですが、OneNoteは便利に使えます。

今回の記事は『OneNote for iPad 画面2分割の機能であるSplit viewを便利に活用する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 画面2分割 Split View デメリット

iPad版OneNoteを利用する場合では、マルチタスク機能のSplit Viewを使って画面を2画面分割して利用したりすると思いますが、この表示方法ではデメリットもあります。

画面2分割は階層が表示が不便

OneNoteを起動している最中に他のアプリをSplit Viewさせると画面が1対1の2分割に表示されますが、この状態では階層が非表示になってしまうので便利とは言い難いです。

現在、どこのページを操作しているのかな?と分からないと他のページを操作する場合に困ってしまうため、2画面分割を解除する 又は 3分の2表示する必要があります。

3分の2表示の場合に限り、階層を表示できるようになりますが、そのままの状態でページをタップすると、また階層が非表示になってしまうので不便に感じます。

 

Split Viewを利用すると付箋も不便に感じる

OneNoteをSplit Viewで2画面分割した場合では、既に付箋を利用していた場合では非表示になります。全画面で表示していた場合では付箋を表示できたのですが、画面が2分割されてしまうと付箋も非表示になってしまいます。

実際にはSplit Viewした状態でも付箋は利用できます。あくまでも一時的に非表示になっている状態に過ぎないため、画面2分割の状態だったとしても表示できます。

この場合では、ツールバーを左にスワイプすると横スクロールされて付箋のアイコンが表示されるのでタップすれば付箋一覧が表示されます。

但し、付箋一覧を表示すると、今度はページの作業スペースがさらに2分割されてしまうので、結果的に非常に使いづらくなります。これでは流石に便利に使えないので不便に感じます。

 

描画タブの一部の表示がアイコンに変わる

OneNoteでApple Pencilを利用して手書き入力する場合では、描画タブを開いて操作する事になりますが、全画面表示で利用している場合では、便利に使えても、Split Viewで画面を2分割に表示した場合では逆に不便に感じる場合があります。

特にそのように感じるのはツールバーになるのでは?と思います。全画面表示では、日本語で表示されていたのが画面2分割表示にするとアイコンに置き換わってしまう機能があります。

アイコンをパッと見て何の機能なのか?理解していれば何も問題ありませんが、見慣れていない場合では、このアイコン表示は何の機能なのかな?と困惑する場合があります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 全画面表示では便利に使える

iPad版OneNoteを起動すると、全画面表示されますが、この場合にSplit Viewで2画面分割すると、デメリットも発生する訳ですが、それならば全画面で利用した場合ではどのように便利に使えるのか?についての紹介になります。

Apple Pencilで手書き入力する場合

OneNoteを起動すると最初に表示されるのが「ホーム」タブになります。ホームではキーボードを表示してテキスト入力が行えます。

それに対して、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用してOneNoteで手書き入力する場合では、「描画」タブを開くと手書き入力できるようになります。

手書きする場合では、どうしても文字サイズが大きくなりがちになるので、作業スペースは広ければ広いほど使い勝手も良いです。

だからと言って、狭いと使えないのか?という訳でもないですけど、便利に利用できるのか?という観点を考慮した場合では、作業スペースが広い方が便利に感じます。

そのため、描画タブを利用する場合では、全画面表示にて利用するのが賢明の選択になります。

 

キーボードを表示してテキスト入力する場合

OneNoteをSplit Viewで2画面に分割した場合では、ソフトウェアキーボードを表示すると、左右に表示されているアプリが問答無用で影響を受けます。

問答無用で強制的に画面の半分から下側にキーボードが表示されるため、流石に使いづらいです。何せ、画面の上側半分しか利用できない状態になるのでね。

この場合に最適なのがソフトウェアキーボードのフローティング表示になりますが、この表示にするとデメリットが発生するので必ずしも最適とは言えません。

そのデメリットは、キーボードが小さくなるので必然的に1つ1つのキーも小さくなるからです。これではタッチ操作での入力は厳しいため、Apple Pencilが必要になります。

 

OneNoteは全画面で使うのが最適

Split Viewを利用して2画面分割した状態でOneNoteを使ってみると、不便に感じ場合もあるので、便利に使えないな~と感じる事も意外と多いです。

勉強や学習する用途でデジタルノートを利用する活用方法も魅力的に感じますが、OneNoteに限って言えば、画面を2分割にする機能は利用しない方が賢明の選択ではないかな?と実感します。

とはいえ、それでも2画面に分割する使い方をする場合も有るので、その場合では、便利さを追求しない使い方に徹するのが良いと思います。

OneNoteを便利に使うのであれば全画面表示で使うのが最適だと思います。

 

OneNote for iPad マルチタスク Split View 活用方法

勉強や学習の用途でOneNoteを利用する場合では、参考になるサイトやアプリを利用しながら、デジタルノートに書き込みする場合も有ると思います。

Split Viewで画面を2分割した場合は3分の2で表示が便利

iPad版OneNoteをSplit Viewで2画面分割した場合では、純粋な1対1の分割で利用するのは残念ながら便利に使えません。とても狭く感じますし、ページの全体を表示できないからです。

マルチタスク利用では不便な使い方になってしまうのは、ちょっと勿体ないため、どうにかならないものなのかな?と思ってしまいますが、実はOneNoteはマルチタスク機能にも対応しているのである。

但し、このマルチタスク機能に対応するには1対1の表示ではなく、2対1(3分の2)表示にて対応する必要があります。この状態の場合に限り、便利な機能を利用できるようになります。

 

2画面分割しても便利に使える機能あり

実際にOneNoteを開きながら、Split Viewで2画面分割して参考になるサイトやアプリなどを開いて利用する場合では、純粋な2分割ではなく、2対1になるようにします。

でも、この場合では左右どちらかに表示するアプリが確実に3分の1の表示になるため、この表示でも便利に使えるアプリを選択する必要があります。

果たして本当にそのようなアプリが見つかるのか?は別として、3分の2がOneNote、残り3分の1が他のアプリといったパターンになります。

その理由としては、OneNoteの場合では、ページを広く使えるようにページ情報を非表示にできる機能が搭載されているので、この機能を使うには必然的に3分の2表示にする必要があります。

この機能は画面の右上の端にあるアイコンをタップすれば簡単に切り替える事ができるので、3分の2の画面サイズだったとしてもOneNoteをギリギリ便利に使えるサイズ感になります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 2画面分割は iPad Pro 12.9 が最適

10.9インチの iPad Air でiPad版OneNoteを使っていますが、Split Viewで画面を2分割すると、狭く感じるので可能ならば全画面表示で使いたいと強く感じます。

iPad OneNote 写真メモを付箋に挿入して貼り付ける方法(使い方)
nbsp; 皆さん こんにちは! OneNote for iPad では、付箋を利用できますが、この付箋を使って簡易メモを作成する場合はちょっとしたコツが必要だったりします。 どんなコツ?を使わないといけないのか?になりま...

Split ViewはiPad Pro 12.9が最適

OneNoteに限った話ではないのですが、Split Viewの機能を利用して画面を2分割して利用する場合では、便利に活用できる機種とそうでない機種に分かれます。

明らかに便利に感じるのはiPad Pro 12.9インチになり、それ以外のiPadはこの機能を利用できるけれども便利に使えるとは限らない機種に該当します。

 

OneNoteの場合でも、Split ViewはiPad Pro 12.9が最適

iPad Air でOneNoteを2画面分割で利用する場合では、2対1のサイズで使うと「ページ情報を非表示にできる機能」を利用すれば、便利に使えますが、それでも圧迫感があります。

作業スペースというのは広ければ広いほど便利に使えるので、少しでも狭いと感じると、このスペースで使わないといけないという気分になるので心の余裕も少なくなります。

OneNoteで画面を2分割する場合では、少なくともディスプレイサイズも関係あるのではないか?という結論に到達します。

そのため、OneNoteでSplit Viewを利用する場合は、iPad Pro 12.9インチが便利に使えると感じます。実際に所持していないので、本当の部分は分かりません。

こればっかりは実際に使ってみないと何とも言えない部分なので、本当に便利に使えるのか?はチャレンジしてみないと分からないと思います。

だからと言って、Split Viewする為だけにiPad Pro 12.9インチを購入するという選択も良くないですから、今あるiPadでうまく活用するのが最善な方法になります。

 

iPad Pro 12.9インチ以外のiPadは全画面表示で使う

iPad Pro 12.9インチ以外のiPadシリーズを所持している場合でかつ、OneNote for iPad を利用する場合では、必然的にSplit Viewを利用しない選択が最適です。

10.9インチサイズのiPad Air で2対1のサイズで2画面分割してOneNoteを使った場合でも、圧迫感を感じるので、そこまでして2分割でOneNoteを使わなくても良いと思います。

それならば、Split Viewではなく、Slide Overを利用した方が賢明の選択になります。何故か?と言うと、Slide Overであれば必要に応じてスワイプして非表示にできるので、確実にOneNoteは全画面表示で利用できるからです。