iPad OneNote 付箋 メモ 作成・表示する方法(使い方)

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad で作業を行っている場合に、ちょっとメモしておきたいな~と感じる事もありますが、このような場合はどうしていますか?

普通に紙の付箋やメモ用紙にメモ書きしておくのも良いですし、iPad標準メモを表示して書き留めておく感じになるのかな?と思います。

そもそも、そんな事をしなくても良いのがOneNoteになります。新しくページを作成してメモを記入してしまえば良いですし、付箋機能も利用できるので活用するのも1つの方法です。

今回の記事は『OneNote for iPad 付箋 メモ 作成・表示する方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 付箋機能を利用できる

iPad版OneNoteでも付箋の機能を利用できます。付箋というより、簡易メモのように感じます。というのも、タイトルを入力できる欄が設けてないので、本当に内容だけをメモしておく感じになります。

OneNote 付箋の機能を利用する場合

デジタルノートOneNoteで付箋機能を利用する場合ではどのような操作が必要になるのか?も知っていく必要がありますが、ホームタブのツールバーから簡単に利用できるようになります。

とはいえ、いきなり付箋機能を利用して付箋メモを作成できるという訳ではなく、先に付箋の一覧を表示できるエリアを表示した上で、メモを作成するといったパターンになります。

この場合では、ホームタブにあるツールバーの一番右端に表示されているアイコンをタップすると、付箋一覧が画面の右側に表示されます。

但し、付箋一覧を表示すると、ページの作業スペースが狭くなるので一長一短があります。

 

付箋よりも簡易メモに近い感じ

付箋機能を利用してメモを作成する場合では、付箋一覧を表示した上で、新しいメモを作成するパターンになりますが、どちらか?というと、付箋よりも簡易メモと言った方が正解なのではないか?と個人的に考えます。

というのも、付箋を作る場合に「新しいメモを入力」という表示があるため、普通にメモなどを登録しておき、必要に応じていつでも見れるようになっているからです。

でも、付箋という名称だけあって、色分けできるようになっているので、たぶん付箋なんだろうな?と思いますが、用済みのメモをゴミ箱に捨てるには何処で行えば良いのかな?と悩む場合もあるのが実情になります。

やっぱり、付箋なのだから、「長押し」で削除できたら分かりやすいと思います。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 付箋にメモを作成して表示する方法

ホームタブでは、付箋機能を表示して利用する事ができるようになっています。ただ表示するだけではなく、メモを作成する事もできるため、使い方によっては便利に活用できると思います。

付箋にメモを作成しようとしてもできない

付箋機能を利用してメモを作成する場合では、付箋を表示して、ボタンをタップして「新しいメモを入力」までは何も問題ないのですが、ここでメモが作成できないという問題が発生します。

キーボードが表示されるのですが、直ぐに非表示になってしまうのである。新しいメモを何度もタップしても、直ぐにキーボードが消えてしまうので入力できないじゃないか!といった感じ。

これでは何の為にこの機能が搭載されているのか?分からない!といった感じになるのでは?と思います。実はこのように思うのは時期尚早になります。

何故か?と言うと、たいていの場合、操作方法が悪い場合が多いからです。というのも、ちょっとしたコツがあるのです。コツさえ理解していれば簡単に入力できます。

 

発想の転換が必要

付箋機能を利用してメモを作成する場合では、メモを作成しようとしても作成できないといったまさか!の展開が訪れます。どうしてできないのだろうか?といった不思議な感じになるのでは?

もし、このような展開に陥ってしまった場合では、発想の転換が必要になります。OneNoteに限った話ではないのですが、自分の頭の中では、操作方法が最適化されているので、その方法で操作しようとしていると思います。

でも、OneNoteアプリでは自分のイメージ通りに操作できるようになっていない場合が多いので、メモを作成できない展開に発展するのである。

 

付箋にメモを作成する方法(使い方)

① 注意事項
付箋を開いた時に、「新しいメモを入力」と表示されている部分をタップしてはいけません。ココをタップすると、一瞬キーボードが表示されて直ぐに消えてしまいます。

 

② 任意の場所をタップ
左隣のページの任意の場所をタップしてから、付箋メモをタップします。

この事に気が付かないと、こんなの全く使えない機能じゃないか!といった感じでプンスカ怒ったり、文句の嵐といった感じになります。場合によってはOneNoteも切り捨てる展開。

 

③ キーボード表示
キーボードは非表示にならないで、そのまま表示された状態を維持します。(キーボード入力できる状態になる)。

 

④ メモを入力
キーボードで付箋にメモを入力します。

 

OneNote for iPad 付箋のメモを編集・削除する方法

デジタルノートOneNoteの付箋機能を利用してメモを作成した場合では、不要になったメモをそのままにして、上書きするパターンで変更しても良いですけど、不要になったメモは綺麗に消去したい場合もあります。

付箋のメモを編集する場合

新しいメモを作成した場合では、用が済めば基本的には用済みとなるため、削除すれば良いです。でも、付箋が「長押し」しても削除できないので、そのまま放置する展開になるのでは?

この場合では、削除しないで上書きして編集するパターンで新しいメモを作るのも1つの方法になります。この方法で上書きすると、最新のメモとして一番上に表示されます。

これならば、削除しなくても、そのまま使い回しできるため、便利に使えると思います。とはいえ、同じカラーだとイメージが引きずってしまうのでよくないかも知れません。

幸いな事に簡単に付箋の色を変更できるので変更するのも良いと思います。

 

付箋のメモを削除する場合

紙の付箋メモの場合は、用が済んだら、捨てないでしばらく保管しておく場合もありますが、基本的には捨てると思います。

OneNoteの付箋機能も同様に用が済んだら、綺麗サッパリ削除してしまうのがスッキリします。この場合では、どのように削除すれば良いのかな?と気になると思います。

付箋メモを削除したい場合では、メモを選択して直ぐ右上に表示される「・・・」をタップするとメモの削除を選択できるようになります。

こんな場所にゴミ箱が隠されていると、削除はどうやって行うのかな?と悩んでしまう場合も有ると思います。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 付箋は一覧表示して確認できる

デジタルノートOneNoteで付箋を利用する場合では、メモを登録する場合にちょっと分かりづらいコツが必要になるので使い勝手が良いとは言えませんが、表示に関して言えば比較的に見やすいと思います。

iPad OneNote チェックボックス リスト 作成方法(タスクにも対応)
皆さん こんにちは! OneNote for iPad では、色々と便利に利用できる機能がありますが、その中の1つにノートシールがあります。この機能を利用する事で、チェックボックスを使う事ができるようになります。 チェッ...

付箋に登録してあるメモの操作方法

メモ一覧を呼び出す場合は付箋のアイコンをタップすれば良いので簡単ですし、呼び出したメモ一覧を非表示にする場合は「」をタップすれば非表示になるので簡単です。

因みに、作成したメモの順番を入れ替えたいと思う場合も有りますが、残念ながら、この操作は行なえません。この場合では上書きして最新のメモという扱いにするのが賢明の選択になります。

 

付箋の一覧表示など

① 表示が見やすい
最新(上書きも含む)の付箋メモは、常に一番上に表示されるようになっていますし、写真も表示されるので見やすいです。

 

② 一覧表示
全ての付箋メモを一覧で表示できるのでメモの管理も簡単に行えます。

 

③ 色の変更
一覧表示されているそれぞれのメモには色分けされていますが、この色を編集するパターンで変更できます。