iPad OneNote 表の挿入・追加方法はTabキーが便利に使える

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPadを利用して、自分だけのオリジナルノートを作成する場合では、色々なツールをフルに活用して作り込んでいく事になります。

この場合では、Apple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用してイラストを描いたり、iPadのカメラで撮影した写真やオンライン画像を利用する場合もあります。

また、比較検討の資料を作成する場合では複数の画像を並べる必要も発生するため、表を活用する場合も有ると思います。

特に表の場合ではピンポイントで自分の狙った通りのドンピシャに感じる表を作成できるとは限らないため、工夫も必要になります。この場合に役立つかも知れないのがTabキーになります。

今回の記事は『iPad OneNote 表の挿入・追加方法はTabキーが便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 表の追加は2種類から選択できる

iPad版OneNoteを利用して表をノートブックのページに挿入して追加する場合では2種類の方法から選択する事ができます。どちら?の方法が良いのか?は個々の判断にお任せとなります。

表を挿入して追加する場合

iPad版OneNoteで表を追加する場合では、ホームタブではなく、挿入タブを開きます。ツールバーにはも含めて、画像やカメラ、オンライン画像などのアイコンが表示されます。

ツールバーの一番左にある表をタップすれば表が挿入されるという訳ではないです。何故か?と言うと、この状態では表が使える状態ではないからです。(OFFになっている状態)

OFFになっている状態なので、ノートブック・ページの任意の場所(表を挿入したい場合)をタップすると、表がONになります。

この状態で表をタップすると、「2×2」の表が指定された場所に挿入されます。

 

Tabキーを使って表を作成する方法もある

Tabキー利用してを表を挿入する事もできます。この場合では、全てにおいて便利に使えるという方法ではないため、用途に合わせて使うのが賢明の選択になります。

基本的にTabキーを1回押すと「1×1」の表が挿入されるため、1行×複数列との場合に有効に活用できる方法になります。

複数行の場合にTabキーを使うと不都合な事が発生します。それは余計に行を増やしてしまうパターンに発展するので行を削除する手間が発生します。

Tabキーを利用する場合では、確実に「1行×複数列」のパターンで使うのが賢明の選択になります。

 

両方とも一長一短に感じる

基本の操作方法とTabキーを利用した表の挿入方法は、どっちが便利に使えるのか?と言えば、どっちもどっちと言った方が正解になります。

一見すると、Tabキーの方が便利に感じますが、あくまでも1行の表を追加する場合のみ有効な方法になるため、2行以上ある場合は余計に行を増やしてしまう場合が多いです。

これでは、行を削除する必要性に迫られる事になるため、使い方も注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 基本的な表の追加方法

ノートブック・ページに表を挿入して作成した場合では、必要に応じて、行や列を追加したり、削除したりする場合もあります。この場合ではどのように行えば良いのでしょうか?

基本的な表の挿入操作

① 挿入タブを開く
OneNoteで表を挿入して追加する場合では、テキスト入力が行えるホームタブではなく「挿入タブ」を開きます。

 

② 任意の場所
どこに表を挿入して追加するのか?を決めて、その場所をタップすると、表のアイコンがONに切り替わります。

 

③ 表をタップ
挿入タブのツールバーに表などのアイコンが表示されているので、一番左に表示されている「」をタップします。

 

④ 表が挿入
「2×2」の表が指定した任意の場所に挿入されて作成されます。

 

行や列を追加する場合

ノートブックの挿入タブを開いて、表を追加した場合では、行や列の追加 及び 削除が必要になる場合があります。

実際に行や列を追加する場合では、ページに挿入された表を選択すると、ツールバーに「選択」・「挿入」・「削除」が表示されます。

行や列を追加したい場合は「挿入」をタップすると4択のポップアップが開くので、どれか?を選択すれば、行や列を追加することができます。

因みに4択の内容は、「上に行を挿入」、「下に行を挿入」、「左に列を挿入」、「右に列を挿入」になります。

 

表の行や列を削除する場合

ノートブック・ページに表を挿入した場合では、削除したい場合もあります。基本的に行や列の削除は追加と同じ操作方法になります。

異なるのは、削除をタップして選択した場合に表示されるポップアップの内容になります。削除をタップすると、「」、「」、「」の3択が表示されるので、どれを削除するのか?決めます。

 

OneNote for iPad Tabキーを使った表の作成方法

iPad版OneNoteで表を挿入して追加する場合は、基本的に挿入タブを開いてツールバーに表示されている表のアイコンをタップして挿入となります。これ以外の方法としてTabキーも利用できます。

Tabキーを使うと「1×1」の表を追加できる

Tabキーを使って「1×1」の表を挿入して追加する方法もあります。この場合ではちょっとしたコツを使う必要があります。

表を挿入したい場所をタップしてからTabキーを押しても「1×1」の表は挿入できません。どうしてなのかな?と思うかも知れませんが、この時にコツが必要になります。

何か文字を1文字だけ入力する必要があります。1文字入力してTabキーを1回押すと「1×1」の表の中に入力した1文字が格納されて表示されます。

2列目移行は何も入力しなくても良いです。Tabキーを連続して押した分だけ列が追加されます。

 

「1×3」の表を挿入したい場合

「1×3」の表を追加したい場合は、挿入タブのツールバーの表示されている表をタップした上で、行を追加して列を削除する必要があります。

これではちょっと手間が発生する事になります。Tabキーを利用すれば簡単に「1×3」の表が作成できるようになるため、操作方法として覚えておいても損はないです。

とはいえ、何か1文字を入力してからTabキーを押す必要があるため、必ずしも最適という訳ではないのが実情です。

 

Tabキーを利用して表を追加する場合の補足事項

① 2×2の表で使うのは良くない
Tabキーを利用して表を追加する場合では、デメリットもあります。基本的な表を作成する方法で挿入した表で使うと、余計に行を増やしてしまう展開になります。

これは余計な操作に該当するため、知らず知らずの内に余計な操作を行ってしまう場合があります。これでは無駄な操作を行う事になるため、逆に不便に感じます。

 

② 1行×複数列で使用を
Tabキーを利用して表を作成する場合では、「1行×複数列」のパターンで使うのが最適な方法になります。用途が限定されてしまうと逆に使いづらいので結局のところ役に立たない場合が多いです。

でも、複数の画像を綺麗に真横に並べる用途では便利に使えるため、有効な活用方法に該当します。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 表を活用した場合の一長一短

2つの表を挿入する方法はそれぞれ一長一短があるため、どちらが便利に使えるのか?ちょっとよく分からないのが実情になります。ここでは実際に表を活用した場合のメリット&デメリットについての内容になります。

iPad OneNote 表を挿入・追加して作成する活用方法(行・列も含む)
皆さん こんにちは! OneNote for iPadで、表を挿入して追加できますが、この場合では必ず2×2の枠が追加されます。 これでは「1×3」や「3×3」といった表を作成できないので使いにくいな~と感じますが、行や...

画像を横に並べる配置で利用が最適

基本的な表をページに挿入する場合 又は Tabキーを利用して表を追加する場合では、複数の画像を横に並べる用途が最適な活用方法に感じます。

その1つの理由が、複数のノートコンテナを綺麗に横に並べるのが大変な作業になるからです。このような大変に感じる作業は可能ならば行いたくないですから、少しでも簡単に行えると便利に活用できます。

この用途においては、表を上手く活用できるので重宝します。

 

デメリットも有るのが実情

確かに画像を並べる用途においては、便利に活用できますが、ピンポイントで自分の求めるサイズの表が一発で挿入できないのは逆にデメリットに感じます。

何故か?と言うと、行や列の追加&削除はとても簡単に行えるので苦にならないのですが、ワンタップで挿入できた方が便利に使えるからです。

 

画像とテキスト入力は要注意

比較検討する用途にOneNoteを利用する場合では、複数の画像と複数の説明文が必要になりますが、この場合では綺麗に表の中に収まりません。見栄えが悪くなる場合があります。

画像を挿入するまでは特に問題ないのですが、テキスト入力を行うと、どちらか?一方の写真に対する文字数が多くなると表が崩れます

表が崩れないように綺麗に維持するのも工夫が必要になります。