iPad OneNote ノートブックのPDFを作成して転送方法(PCスマホに送信)

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad のノートブック・ページをPCなどのデバイスにエクスポートしてバックアップ利用したい場合もありますが、このパターンが大変です。

OneNoteファイルはMicrosoft OneDriveにて管理されているのでバッグアップしなくても問題ないです。でもノートブックの或るページだけをOneNoteを利用しないで見たい場合は困ります。

でも、PDFを作成すればデバイス問わず閲覧できるようになりますが、PDFの場合では、PCに転送する場合にメールを選択する必要性に迫られます。

メインで利用しているPCが直ぐ傍にあるのにメールで送信するの?って感じ。流石にこれではちょっと不便に感じます。

今回の記事は『OneNote for iPad ノートブックのPDFを作成して転送する方法(PCスマホに送信)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートブックをPDF化して保存する方法

ノートブックのページをエクスポートする場合では、印刷 及び PDF作成の2つの方法を利用する事ができます。印刷しなくても他のデバイスで確認できれば良い場合ではPDFの方が便利に感じます。

ノートブックのページを印刷する場合

OneNote for iPadから直接印刷もできますが、Air Printが利用できるプリンターが必要です。所持しているプリンターAir Printに対応していない場合もあると思います。

この場合は、データをPCに転送した上で、プリンター印刷する 又は OneNote for Windows10から印刷する方法が最適に感じます。

とはいえ、必ずしも所持しているPCがWindows PCとは限らないため、この場合では、コンビニでプリントするのも1つの方法になります。

もしくは、ノートブックのページをPDF化してPCに転送した上で、PCから印刷するのも良いと思います。

 

ノートブックのページをPDF化する場合

OneNoteのページを印刷する場合ではAir Printに対応したプリンターが必要になりますが、対応していないプリンターの場合はWindows PCで印刷するのが現実的な方法になります。

この場合では、Windows PCが必要になるため、MacbookやChromebookの場合では最適とは言えません。それならば。どのように対応すれば良いのでしょうか?

この場合では、多少面倒に感じますが、PDFを作成してiPad内に保存した上で、USBメモリーに移し替えるのも1つの方法になります。

 

PDFを作成してiPad内に保存する方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ。

④ 「ファイルに保存」をタップ。

⑤ iPad内の何処に保存するか?を選択
ダウンロード」フォルダなどを選択します。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad メールにPDFを添付して送信

ノートブックのPDFファイルをiPad内に保存した場合では、USBケーブルやファイル転送アプリでは転送できないです。USBメモリを利用する選択でPCにPDFを受け渡す事になります。

ノートブックのページはPDFを添付してメール送信

iPad内にノートブックのページをPDF化して保存すると、デメリットも発生します。それは、USBケーブルやファイル転送アプリを利用してPCに転送できない事に尽きます。

厳密に言えば、USBメモリにPDFをコピー&ペーストしてPCに受け渡す方法も利用できます。この場合はiPadのファイルアプリで簡単に行えます。

これ以外の方法でPCにPDFを送信したい場合では、メールに添付して送信するのが最適な方法になります。

でも、PCの直ぐ傍でiPadを操作している場合では、そんな面倒な事はしたくないのですが、総合的に考慮すると、一番この方法が何だかんだ言っても最適に感じてしまいます。(メールを利用する事でスマホにも送信できます)

 

PDFをメールに添付して送信する方法(実際の操作)

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ。

④ アプリを選択(メールアプリ)

⑤ メール作成が開く

⑥ 送信先のメールアドレスや件名、内容を入力して送信

 

他のメールアプリも使える

OneNote for iPadからメール添付する場合では、「Outlookでメールで送信する」項目が表示されています。この場合ではOutlookじゃないとメール送信はできないのかな?と思ってしまいます。

実は、他のメールアプリも利用できます。「別のアプリで送信する」という項目があるため、「別のアプリで送信する」を選択することで対応できるようになります。

但し、他のメールアプリが既にiPadにインストール済になっている必要があります。メールも含めて、使い慣れているアプリが使い勝手が良いと思います。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ファイル転送アプリを連携活用する方法

ノートブック・ページのPDFをPCなどのデバイスに送信する場合では、メールによる添付方法が最適な手段となりますが、ファイル転送アプリを選択して送信する事もできます。

単独でファイル転送アプリを使う場合

ノートブックのページをPDF化してiPad内に保存した場合では、USBケーブルやファイル転送アプリで転送できる!と考えてしまいますが、残念ながらどちらの方法でも基本的に転送できません。

何故か?と言うと、どちらの場合でもiPad内のフォルダにアクセスできないからです。画像などのファイルが格納されているフォルダにはアクセスできますが、それ以外のフォルダにはアクセスできません。

これでは、PDFをiPad内に保存しても意味がないのでは?と感じてしまいます。実際にはUSBメモリ経由でPCに転送する方法もあります。

 

OneNote for iPad連携すればPDFを転送できる

iPad版OneNoteでPDFを作成してPCやスマホに送信する場合ではメールに添付して転送する方法もありますが、この場合ではデメリットも発生します。

PDFをメール添付する場合のデメリットとして、PCの直ぐ近くでiPadを操作しているのにも関わらず、メール添付という方法を利用する必要がある事に尽きます。

これをどうにか?したいのであれば、ファイル転送アプリを活用するのも1つの方法になります。あれ?確かファイル転送アプリではPDFを転送できない筈なのにどうして?と思うかも知れません。

実はOneNote for iPadから連携して転送できるのである。単独で使うのではなく、連携して使えば転送できます。

 

OneNote Sendanywhere 連携活用

OneNote for iPadから連携活用してPDFを転送できるアプリはSendanywhereになります。PDFの転送方法は基本的にはメールで添付する場合と同じです。

異なる部分はアプリ選択のみ。本来であればメールアプリを選択しますが、Sendanywhereを選択すると、6桁のコードが発行されるので受信側のデバイス(PC、スマホ)で、6桁コードを入力すれば受信すると、PDFを転送できます。

但し、実際にこの方法でPDF転送した事のあるアプリはSendanywhereだけなので、他のアプリはちょっとよく分かりません。

 

iPad OneNote ノートブック・ページのPDF 作成方法(使い方)
皆さん こんにちは! iPad版OneNoteで、ノートブック・ページをエクスポートしたい場合もありますが、この場合ではどのような方法が利用できるのか?も気になります。 せっかくOneDNoteでオリジナルのデジタルノー...

 

USBメモリ経由でPCにPDFを送信する方法

ここでは、iPad版OneNoteからメールやファイル転送アプリを利用しないで、USBメモリーを使ってPCにPDFを受け渡す方法についての紹介になります。

USBメモリやメモリカードに保存

OneNoteノートブック・ページのPDFを作成した場合では、iPad内に保存して活用もできますが、USB Type-Cに対応しているUSBメモリにコピー&ペーストする事も可能になります。

USB-Cに対応しているUSBメモリがない場合は、USB-CハブをiPadに接続して利用する方法もあります。どちら?が良いのか?は個々の判断に委ねます。

この方法であればメインで利用しているPCにPDFを受け渡す事ができるようになりますが、手間の事も含めて考えるとメールに添付で送信した方が簡単なのではないかな?と個人的に考えます。

 

PDFをメモリカードに入れる場合(実際の操作方法)

① PDFを保存
OneNote for iPadでページのPDFをiPad内に保存(ダウンロードなどのフォルダ)

 

② USB-Cハブ(メモリーカードリーダー)
次にSDカードに対応したUSB Type-CハブをiPad Air・Proに接続した上で、メモリーカードをハブに挿し込む

 

③ ファイルを開く
iPadのファイルアプリを開きます。

 

④ Untitled
ファイルを開くと、このiPad内に直ぐ下にUntitledが表示されます。ここにメモリカードの中身が表示されます。

 

⑤ コピー&ペースト
筆者の場合は「ダウンロード」フォルダにPDFを格納しています。ダウンロードフォルダを開いて、メモリーカードに入れたいPDFを「長押し」するとコピー・複製・削除等が表示されます。

コピーや移動をタップした上で、メモリーカードを開いてペーストすればOKです。

 

PDFをUSBメモリに入れる場合(実際の操作方法)

① PDFを保存
OneNote for iPadでページのPDFをiPad内に保存(ダウンロードなどのフォルダ)

 

② USB-Cハブ
次にUSB Type-CハブをiPad Air・Proに接続した上で、USBメモリをハブに挿し込む

 

③ ファイルを開く
iPadのファイルアプリを開きます。

 

④ USBメモリ
ファイルを開くと、このiPad内に直ぐ下にUSBハブに挿し込んだUSBメモリの名前が表示されます。

 

⑤ コピー&ペースト
ダウンロードフォルダを開いて、USBメモリに入れたいPDFを「長押し」するとコピー・複製・削除等が表示されます。

コピーや移動をタップした上で、USBメモリを開いてペーストすればOKです。