iPad OneNote ノートブック・ページのPDF 作成方法(使い方)

iPad アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad版OneNoteで、ノートブック・ページをエクスポートしたい場合もありますが、この場合ではどのような方法が利用できるのか?も気になります。

せっかくOneDNoteでオリジナルのデジタルノートを作り込みしているのに他のデバイスで利用できないと、使い勝手にも影響が出る場合があります。

この場合に便利なのがPDFになります。OneNoteのページをPDF化すればPCで印刷する事も可能になりますし、スマホでPDFを閲覧する事もできるようになるので重宝します。

とはいえ、仕事や学習の用途でOneNoteを利用している場合では、PDFよりも印刷したい場合の方が多いかも知れません。どちらにしてもPDFを作成しておけば印刷も行えるのでとりあえずは満足すると思います。

今回の記事は『OneNote for iPad ノートブック・ページをPDF化して作成する方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートブックを他デバイスでも使う場合

iPad版OneNoteを利用している場合では、ノートブックを他のデバイス(メインで利用しているPC、Android スマホ)でも利用したい場合もあります。

Windows PCと連携活用

OneNote for iPad はWindows版の機能限定版に該当するため、Windows PCと連携して活用するのが最適な利用方法になります。

特にOneNote for Windows10はフル機能版になるため、iPad版では利用できない機能もフルに使えて便利だったりします。それでいて、iPadで利用しているノートブックを利用できるので効率的な作業が行えます。

デジタルノートOneNoteを他のデバイスで連携して活用するのであれば、一番ベストな選択になるのでは?と思います。

 

Chromebook との連携活用

OneNoteの場合ではWindows版、iOS/iPad版の他にAndroid版もあります。Chromebookと連携して活用する場合では、ChromebookにAndroid版のOneNoteをインストールしておく事で対応できます。

特にChromebook の場合では、Androidアプリも利用できるため、他のデバイスとの連携活用も問題なく行なえます。

 

ノートブックのページ内容だけを確認したい場合

WindowsやChromebookと連携活用してノートブックを編集するのではなく、ノートブックのページだけを確認できれば良いという場合もあります。

スマホなどのモバイル端末で確認できれば良いといった場合だと、AndroidやiOS版OneNoteを利用するのも1つの方法になります。

これでは、結局のところ全体を見る事になりますし、編集も行えてしまうので、最適とは言い難いです。編集したくない時に編集が行えてしまうのは良くないです。

この場合では、何も編集しなくて問題ないPDFファイルが最適です。

 

OneNote for iPad ノートブックのページを印刷

外出先で確認する程度の場合では、OneNoteノートブックページをPDF化しなくても、必要に感じているページだけを印刷して持ち歩いても良いと思います。

OneNote ノートブックのページを印刷する方法

OneNote for iPadから、ノートブックのページを印刷できますが、この場合は注意事項があります。iPadからの印刷に対応しているプリンターが必要になります。

iPadからの印刷に対応しているのは、Air Printに対応しているプリンターになります。

もし、自宅にあるプリンターが、Air Printに対応している場合は、iPad版OneNoteアプリから、ノートブックのページを印刷できます。

 

Air Printに対応していないプリンターの場合

iPadからワイヤレス通信でプリンター印刷する場合では、Air Printに対応しているプリンターが必要になりますが、必ずしも自宅にあるプリンターが対応しているとは限りません。

この場合では、OneNote for iPadからの印刷は諦めて、メインで利用しているPCにデータを転送して印刷する方法が最適です。

又は、Windows版 or Android版のOneNoteを利用して印刷するのも現実的な方法の1つに該当します。

 

USB接続でのプリンター印刷はできるのか?

Air Printではなく、USB接続にてプリンター印刷したい場合もありますが、iPadにUSBケーブルを接続してプリンター印刷はできません。

自宅のプリンターがAir Printに対応していない場合は、コンビニで印刷するのも1つの方法になります。でも、これは面倒に感じるのが実情なため、現実的にはPCとの連携が最適です。

もし、自宅で利用しているPCがWindowsであれば、素直にOneNote for Windows10を利用して印刷した方が良いです。

 

自宅にプリンターが無い場合

自宅にプリンターが無いという場合も有ると思います。この場合は、コンビニで印刷するのが最適です。この場合はコンビニプリントに対応しいているアプリが必要になります。

その他には、コンビニのコピー機の操作に慣れていないとパッパッパっと印刷できないので店員さんのお世話になってしまうと思います。

 

OneNote for iPad ノートブック(ページ)PDF 作成方法

iPadからページを印刷する場合では、Air Printに対応しているプリンターが必要になりますが、対応していない場合ではプリンター印刷できません。この場合はPDFを作成する方法で対応可能です。

ノートブックのPDF作成用途

Windows PCを所持していない場合では、OneNote for Windows10 を利用できないため、パソコンの大画面でPDFファイルを確認したり、いつも持ち歩いているスマホでPDFを確認というパターンになるのでは?と思います。

Air Printに対応していないプリンターを持っている場合も含めて、色々な事情でプリンター印刷できない場合も有るため、この場合ではiPadよりも大画面でPDFで確認する作業も必要になります。

これ以外では、スマホでPDF確認といった感じになりますが、スマホでも見るよりもiPadで見た方が良いと思います。

 

OneNoteでPDFを作成してiPadに保存する方法

① 共有のアイコンをタップ。

② 「ページのコピーの送信」をタップ。

③ 「別のアプリで送信する」をタップ 。

④ 「ファイルに保存」をタップ。

⑤ iPad内の何処に保存するか?(フォルダ)を選択

 

PDFをiPadに保存する方法はデメリットあり

ノートブックのページをPDF化してiPad内に保存した場合では不都合も発生します。どのような不都合なのか?と言うと、ファイル転送アプリでPCに転送できないです。

iPadやWindows、Android スマホで利用しているファイル転送アプリはSendanywhereになりますが、このアプリを利用してWindows PCにPDFを転送しようとすると、PDFが選択できない事に気が付きます。

あくまでも写真などの画像や動画ファイルしか選択できない感じなのである。他のファイル転送アプリは利用していないのでちょっと分からない部分もあります。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad PDFファイルを転送する方法

OneNoteノートブックのページをPDF化して、iPad内に保存した場合では、iPadで利用しても良いですし、USB-Cハブを活用して、USBメモリに転送するのも良いと思います。

iPad PCスマホ間でファイル転送して送受信する連携&活用方法
皆さん こんにちは! PCで保管しているミュージックファイルをiPadに転送したり、iPadのスクリーンショットで撮影した画像をPCに転送する場合もあります。 この場合では、どのような方法でファイル転送していますか?PC...

転送しないでiPad内に保存して活用

iPad内に保存したPDFは、OneNoteに貼り付けて利用できますし、他のアプリで利用も可能になります。

でも、PDFファイルはどこに保存するのか?も関係して来るので、iPadで活用するのであれば、どのように管理するのか?は考慮した方が良いです。

というのも、ファイルアプリを利用すれば、iPad内に空のフォルダを作成できるため、PDFは一纏めしても良いのでは?と感じます。

 

メールにPDFを添付して送信する方法が最適

写真などの画像ファイルを他のデバイスに転送する場合では「USBケーブル」と「ファイル転送アップリ」で対応できます。

でも、USBケーブルやファイル転送アプリの場合は、写真などの画像ファイルは転送して送受信できますが、PDFファイルの転送はできません。

これではメインで利用しているPCやスマホに転送できないので仕事や生活に活用できないです。どうすれば良いのか?と言うと、メールで送信となります。

iPadでGmailアプリを利用しているのであればOutlookを使わなくても良いです。

 

USBメモリやメモリカードに保存

OneNoteノートブックのPDFを作成した場合では、iPad内に保存して活用もできますが、この場合では、USB-Cハブを活用してUSBメモリにコピー&ペーストする事も可能になります。

この方法であれば、確実にメインで利用しているPCにPDFを受け渡す事ができますが、手間の事を考慮すると、何だかんだ言ってもメール添付で送信した方が便利だと感じます。