iPad OneNote タッチ操作で手書き入力する方法(使い方)

iPad アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad版OneNoteで手書き入力する場合はApple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用する場合が多いと思います。

色々な事情で手元に無かったり、バッテリーが切れていたりすると利用したくても使えないという展開に陥ります。この場合では予備のApple PencilやiPad対応スタイラスペンがあれば問題ないです。

この状況でも最適とは言い難いですが、どうにか?なるのは指先によるタッチ操作で手書き入力すれば何も問題ないじゃないか?という展開だと思います。

幸いな事にOneNote for iPadではこの操作に対応しているため、この機能を利用することで、とりあえずはワンポイントとして使えます。

今回の記事は『OneNote for iPad タッチ操作で手書き入力する方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力について

OneNoteでは、手書き入力にも対応していますが、この場合では描画タブを開くとApple PencilなどのiPad対応タッチペンを利用して手書き入力できるようになります。

OneNote 描画タブを開いて手書き入力

いつもテキスト入力を行うホームで手書き入力も行えるのかな?と思ってしまいますが、手書き入力の場合はホームタブではなく、描画タブで行います。

但し、描画タブで手書きした文字にはノートコンテナが自動作成されないのでドラッグ&ドロップ操作で自由自在に移動して再配置ができないデメリットが発生します。

実際に描画タブを開いて手書き入力する場合では、ツールバーの真ん中にインクストロークが表示されているので、消しゴム以外のインクを選択してから手書き入力を行います。

 

OneNote インクストローク 説明

インクストローク?と思うかも知れませんが、消しゴムやペン、各種蛍光ペンが表示されているツール(ペンツール)の事を指します。

現在表示されているインクでは足りないと感じる場合もあります。この場合ではインクを必要に応じて臨機応変に追加する事も簡単に行えます。

但し、実際にインクを追加する場合は注意が必要になる事案があります。それは、消しゴムも含めてインクを8個以上表示すると不都合が発生します。

不都合とは何なのか?と言うと、ツールバーの右側に表示されている「インクを図形に変換」や「描画モード」という文字がアイコン表示に変更されてしまいます。

アイコンをパッと見ても何のアイコンかな?といった感じになるため、作業の効率性も悪くなるため、使い勝手にも少なからず影響を及ぼします。

そのため、インクストロークに表示しているインクは消しゴムを除いて全部で6個を維持するのが賢明の選択になります。

 

OneNote for iPad 手書き入力の図形や文字の移動方法

描画タブを開いて実際に手書き入力した場合では、ノートコンテナが作成されていない事に気が付きます。この場合では手書きした文字をどのように移動すれば良いのでしょうか?

手書き入力ではノートコンテナが作成されない

ホームタブでテキスト入力する場合や挿入タブで写真などの画像をノートブックのページに挿入して貼り付ける場合では自動的にノートコンテナが作成されます。

それに対して、描画タブを開いて手書き入力する場合では、ノートコンテナが自動作成されないので不都合に感じる事案が発生します。

それは、手書きした文字や図形をドラッグ&ドロップ操作で自由自在に移動したり再配置する事ができない部分に尽きます。どうやって移動すれば良いのだろうか?という話になってしまいます。

 

ノートコンテナが利用できない場合のデメリット

描画タブで手書きした文字はテキストではなく「イラスト」という扱いになるため、ノートコンテナが自動作成されません。この場合ではドラッグ&ドロップ操作で自由自在に移動できないというデメリットが発生します。

それだけならば他に移動できる手段が用意されているので特に問題はないのですが、イラストを選択して移動できる機能を使い慣れていないと、うまく移動できない場合も多いです。

 

実際に手書きの文字やイラスト移動する方法

描画タブで手書きした文字やイラストなどはノートコンテナが作成されないため、「長押し」を行っても任意の場所に自由自在に移動する事ができません。どのように移動させるのか?になりますが、「なげなわ選択」で対応します。

ツールバーの左端にあるテキストモードの右隣に「なげなわ選択」が表示あるため、これをタップした上で、手書きした文字やイラストを囲むように操作すると選択できます。

但し、うまく全体を囲めない場合もあります。この場合では選択できたイラスト部分だけが移動する事になってしまうので注意が必要になります。

選択したイラストを任意の場所に移動させる場合は、選択したイラストや図形の中央に十字矢印が表示されるため、この部分をタップしながらドラッグすると、自由自在に移動できます。好きな場所にドロップして再配置が行えます。

 

カット、コピー、削除、回転は2つの方法あり

手書きした文字や図形などを移動して再配置するのではなく、コピーや削除、回転を行いたい場合もあります。この場合では、2つの操作方法にて対応できるようになります。

 

① 指先のタッチ操作
十字矢印をワンタップします。そうすると、「カット、コピー、削除、回転」が表示されるので、自分にとって最適に感じる操作を選択します。

 

② Apple Pencilで操作
Apple Pencilで行う場合では、十字矢印を少し長押し」すると、「カット、コピー、削除、回転」が表示されます。

 

OneNote for iPad タッチ操作で手書き(手描き)方法

iPad版OneNoteでは、Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンで手書き入力する場合が多いと思いますが、指先のタッチ操作でも手書き入力できるようになっています。

指先のタッチ操作で手書き(手描き)方法

初期の設定ではタッチ操作では描画できないようになっているため、描画モードを開いて「タッチして描画する」のスイッチをONに設定する必要があります。

このスイッチをONにするだけで、指先のタッチ操作でも手書き入力できるようになります。因みに、OneNote for iPadの設定画面を開いてもこの項目の設定変更は行なえません。

また、インクストロークに消しゴムを含めて8個以上のインクを表示している場合でも「描画モード」が表示されなかったりする場合があるので要注意です。

実際にはアイコンで表示されているのですが、このアイコンだけで描画モードを判別するには慣れが必要になります。

 

描画モードがアイコン表示の場合

描画タブのツールバーに「描画モード」という表示が無い(非表示)やアイコン表示の場合もあります。この場合はインクストロークに追加しているペンや蛍光ペンが消しゴムも含めて8個以上になっていると思います。

インクストロークに表示するインクは消しゴムも含めて最大7個までにしておいた方が色々と便利に利用できます。

8個以上のインクを表示すると「インクを図形に変換」や「描画モード」といった便利な機能が非表示になったり、アイコン表示になってしまうので不便に感じます。

仮に不便に感じるのであれば、これらの機能を表示されるまで追加したインクを削除するのが賢明です。

 

「タッチして描画する」に設定変更

描画タブのツールバー右端に表示されている描画モードをタップすると、「タッチして描画する」のスイッチがOFFになっているため、このスイッチをタップしてONにします。

その上で、ページの任意の場所を指先でなぞるとタッチ操作だけで手書き(手描き)できます。これならば、Apple Pencilがなくても繊細な作業でなければ問題ありません。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 手書き入力はApple Pencilが最適

描画モードで「タッチして描画する」のスイッチをONにすると、指先のタッチ操作でも手書きできますが、そんなに便利といった感じではないです。

iPad OneNote 音声入力・オーディオ録音・手書き方法(使い方)
皆さん こんにちは! OneNoteの場合では、デジタルノートアプリにも関わらず、手書き入力がメインという感じではないので、手書き入力を利用しない人でも便利に使えます。 入力方法もキーボード入力、音声入力、音声録音、Ap...

手書きはApple Pencilが最適

指先のタッチ操作で描く場合では、滑りがイマイチに感じるのは勿論の事ですが、細かな作業ができないため、大雑把な作業に向いています。

それに対して、Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンの場合では、ペン先が指先と比較しても圧倒的に細い事も関係して、細かな作業にも向いています。

書き心地も指で操作するよりも滑らかに感じますし軽快に作業できるため、全てにおいて最適に感じるのはApple Pencilだと思います。

但し、Apple Pencilじゃなくても良いと思います。何故か?と言うと、自分にとって最適に感じるスタイラスペンはApple Pencilではない場合があるからです。使い慣れている物が全てにおいて一番良いです。

 

Apple Pencilを利用する場合(補足事項)

① Apple Pencil対応
OneNote のインクストロークは Apple Pencil 2 にも対応しており、Apple Pencilの背でダブルタップするとインクと消しゴムを切り替える事ができます。

 

② テキストモード
描画タブで、テキストモードに設定すると、スタイラスペンで画面をなぞっても左右のスワイプしかできません。

 

③ テキストモード解除
テキストモードを解除する場合は、インクストロークのインクや消しゴムをタップすると解除できます。