iPad OneNote 複数の画像を均等に横に並べる操作方法(使い方)

スポンサーリンク
iPad OneNote

 

皆さん こんにちは!

OneNote for iPad で画像を挿入する場合ではiPadの「カメラで写真を撮影」、「iPad内に保存してある写真や画像を挿入して貼り付ける」及び「オンライン画像を挿入して貼り付ける」の3種類に対応しています。

これら3つの方法を利用してノートブックのページに画像を貼り付ける事になりますが、この場合では1つだけ困ってしまう展開が発生します。

それは貼り付けした写真などの画像を綺麗に横に並べる事ができないので、どっちかの画像が凸凹になってしまう場合が多いです。

根気よく時間を費やせばそれなりに綺麗に配置できるのですが、そんなに時間を掛けると作業の効率も悪くなるのでどうしたら良いものか?思案する事になります。

今回の記事は『OneNote for iPad 複数の画像を均等に横に並べる操作方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 画像をを挿入して貼り付ける方法

iPad版OneNoteで画像を挿入して貼り付ける場合は「カメラ撮影」、「iPad内の画像」、「オンライン画像」の3つの方法をできます。

iPadのカメラで撮影する方法

iPadに搭載されているカメラで写真を撮影して画像を挿入&貼り付ける方法も利用できますが、11インチサイズのiPadで撮影するのはちょっと遠慮したいと思うのは気のせいでしょうか?

iPad mini なら別に問題ないのですが、11インチ以上の場合では流石にちょっと重たいので、もっと簡単に綺麗な写真をチョイスできるオンライン画像の方が便利に感じます。

 

iPad内に保存されている画像を利用する方法

iPad内に保存されている写真やスクリーンショットで撮影した画像などを利用する場合は、挿入タブを開いて「画像」をタップすると写真を挿入できます。

この場合は、写真のポップアップが一覧表示されるため、最適に感じる写真を選べるのが魅力的に感じます。

 

オンライン画像を利用する方法

OneNoteの画像挿入では、いつでも綺麗な画像を選択挿入できるオンライン画像が便利です。特に検索窓でキーワード検索できるので、ジャンル別に絞ってお気に入りの画像をチョイスできます。

SIM搭載モデルであれば、特に気にする必要はありませんが、Wi-Fiモデルの場合ではインターネット接続していれば必要としている画像を簡単に検索できるため、作業の効率も捗ります。

iPad内に保存している画像も利用できますが、どちらか?と言うと、オンライン画像の方が便利に感じます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 貼り付ける画像は見栄えも重要

OneNoteに画像を1枚挿入した場合では何も問題ありませんが、複数枚の画像を横に並べて貼り付けた場合では、ちょっと困ってしまう事が発生します。

複数枚の写真(画像)を縦に挿入して貼り付ける

ページに1枚の画像を挿入して貼り付ける場合では、「画像」をタップして写真を挿入 又は オンライン画像でネットから画像を検索して貼付すれば良いです。

複数枚の画像だったとしても縦に並べて配置すれば簡単に挿入できますし、移動や再配置も自由自在に好きな場所に配置できるので何も問題ありません。

 

デジタルノートは見栄えも気にする

基本的にOnenoteの場合では自分だけの用途で利用する場合が多いので、見栄えが悪くても特に問題ないと思います。

仮にそうだったとしても流石に写真などの画像が貼り付けてある場合ではちょっと気になるのも事実です。

写真ぐらいは綺麗に配置したいものです。

 

複数枚の画像を綺麗に横に並べるのは難しい

複数枚の画像を縦に並べて貼り付けるのは簡単ですが、綺麗に横に並べて貼り付けるのは難しいです。何故か?と言えば、凸凹の配置関係になってしまう場合が多いのである。

凸凹という表現はちょっと変かも知れませんが、2枚の画像を真横に並べようとすると一見すると綺麗に横に並んでいるように見えますが、よく見てみると若干誤差がある事に気が付きます。

どちらか?一方の画像が上になっているといった感じ。これでは見栄えが悪くなりますし、綺麗に横に並べるのに時間を要してしまうので効率的に画像を配置できなくなります。

これでは仕事にOnenoteを活用する場合では仕事効率化に繋げるのは難しくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 複数の画像を均等に横に並べる方法

OneNoteで複数の画像を真横に綺麗に並べるのは難しいの一言に尽きるのですが、これでは仕事や生活に活用できなくなってしまいます。でも、発想の転換を行う事で複数枚の画像を綺麗に均等に横に並べる事ができるようになります。

発想の転換(画像を真横に配置する方法)

① 基本的な画像配置
通常の方法では、2つのノートコンテナにそれぞれ画像を1枚ずつ配置して、2つの画像を綺麗に並べる方法となります。この場合ではどちらか?一方の画像が上になっているか?下になっているか?といった配置になります。

 

② 発想の転換後
Onenote for iPadでは表を挿入する事ができます。この表を挿入する事で複数枚の画像を綺麗に均等に横に並べて配置する事ができるようになります。

通常の表を挿入する場合では「2×2」になるため、必ずしも最適とは言えないのですが、必要ない部分(行や列)は削除できるので多少の手間は発生しますが、綺麗に並べる事ができるようになります。

 

1×2、1×3の表を挿入して追加する場合

3枚の画像を綺麗に横に均等に並べる場合では、「2×2」の表の場合だと1行を削除した上で1列追加する必要があります。この場合ではちょっと手間が発生します。

Tabキーを利用する事で、もっと簡単に表を挿入する事ができます。Tabキーを1回押すごとに「1×1」の表(ブロック)が挿入されます。

3枚の画像を綺麗に横に並べるのであれば、Tabキーを3回押すと簡単に「1×3」の表を作成できます。

 

複数の画像を表に挿入して追加

画像を挿入して追加したい表の枠をタップして選択した上で、挿入タブを開いて、オンライン画像等を検索して1つずつ表に挿入する事で、複数の画像を綺麗に画像を横に配置できます。

現状では、表を挿入して画像を横に並べるのが最適な配置方法になりますが、それでもまだ完璧という訳ではないです。

何故か?と言うと、確かに配置する位置は綺麗に並びますが、1つ1つの画像サイズがマチマチなので縦横のサイズが合わない場合もあるからです。

とは言え、見た目的には綺麗に横に並べる事ができるので、これはこれで良し!とするのが賢明です。

 

iPad OneNote 音声入力・オーディオ録音・手書き方法(使い方)
皆さん こんにちは! OneNoteの場合では、デジタルノートアプリにも関わらず、手書き入力がメインという感じではないので、手書き入力を利用しない人でも便利に使えます。 入力方法もキーボード入力、音声入力、音声録音、Ap...

 

OneNote for iPad 複数の画像を横に並べる操作方法

ここでは、表を挿入して追加した上で、複数枚の画像を挿入する一連の操作方法についての紹介になります。実際にどのような操作方法になるのか?の説明となります。

Tabキーで「1×2」の表を追加

① 1×2の表を挿入
2枚の画像を綺麗に横に並べるのであれば、Tabキーを2回押して、1×2の表(枠)を挿入します。

ここで注意事項があります。闇雲にTabキーを押しても「1×1」の表は挿入されません。何か1文字入力してノートコンテナを作成した上でTabキーを押すと表が作成されます。

ちょっと面倒かも知れません。

 

② 左の枠に画像を挿入
左の表の枠をタップして、選択状態にしてからオンライン画像を検索し、好みの画像をタップして挿入します。

 

③ 右の枠に挿入
次に右の枠をタップして、左枠に挿入した画像とは異なる写真を選択して、画像を追加します。

 

表に画像を挿入したら微調整も必要

表を挿入して作成した上で画像を貼り付ける場合では複数の画像を綺麗に横に並べる事ができますが、2つの画像サイズが必ずしも全く同じという訳ではないです。

特にオンライン画像を利用する場合では画像サイズがそれぞれ異なっている場合が多いので仕方ない部分があります。この場合では、どちらか一方の画像は小さいサイズになっている場合が多いです。

そのため、追加で微調整の操作も必要になるのが実情になります。画像をタップして選択すると、サイズを調整できるようになるため、見た感じ隣の画像と同じぐらいのサイズに調整します。

 

画像の微調整が面倒に感じる場合

表に挿入した画像の微調整は必ずしも簡単という訳ではないため、ちょっとイラッとする場合もあります。この操作が面倒に感じる場合では、画像サイズが整っている写真を利用するのが最適です。

PCで画像サイズを整えてiPadに転送しても良いですし、、iPadのカメラで撮影した画像やスクリーンショットの画像でも良いと思います。

又は、所持しているPCがWindowsであれば、OneNote for Windows10と連携して画像サイズの加工から挿入までWindows PCで行ってしまうのも1つの方法になります。

 

余分なスペースを除去

表に画像を挿入して貼り付けるとスペースも一緒に挿入されます。この場合では縦に枠が長くなる場合があるため、BackSpaceキーで余分なスペース除去します。