iPad OneNote 音声入力・オーディオ録音・手書き方法(使い方)

iPad アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

OneNoteの場合では、デジタルノートアプリにも関わらず、手書き入力がメインという感じではないので、手書き入力を利用しない人でも便利に使えます。

入力方法もキーボード入力、音声入力、音声録音、Apple Pencilやタッチ操作などを利用して手書き入力、オンライン画像などの挿入といった感じで色々と選択できるのも便利に感じます。

とはいえ、色々な入力方法を利用できたとしても音声入力や手書き入力などを実際にやった事がないと少しハードルが高くなってしまいます。

今回の記事は『OneNote for iPad 音声入力・オーディオ録音・手書き入力の方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad で利用できる入力方法

OneNoteでテキスト入力を行う場合では基本的にはキーボードを利用します。だからといって、Apple純正のSmart KeyboardやMagic Keyboardを利用しなくても大丈夫です。

テキスト入力

OneNoteでテキスト入力する場合では、キーボードが必要になりますが、Apple純正のキーボードケース(Smart KeyboardやMagic Keyboard)を利用しなくても問題ありません。

というのも、ノートブックのページをタップすると、ソフトウェア・キーボードが表示されるからです。この場合では、画面の半分以上がキーボードで埋まってしまうので便利に感じない場合が多いです。

必要に応じてフローティング表示にするのも1つの方法になります。もっともフローティングの場合では、キーボードが小さくなってしまうのでApple Pencilで操作した方が便利に使えます。

 

手書き入力

① Apple Pencil
OneNote for iPadで手書き入力を行う場合では、描画タブを開くとApple Pencilによる手書き入力ができるようになります。簡単な図形であれば自動変換による図形入力も利用できるようになっています。

 

② タッチ操作
ページの描画タブを開いて、描画モードのスイッチをオンにすると、指先のタッチ操作でも手書き入力が行えるようになります。Apple Pencilがなくても手書きできるので便利に使えます。

 

音声入力 及び オーディオ録音

キーボード入力や手書き入力だけでなく、音声でも入力録音が行えるようになっています。音声入力を利用する場合では、ソフトウェア・キーボードを利用する事になります。

因みに音声を録音する場合では、挿入タブを開いて、オーディオ入力する事になります。音声入力と音声録音はちょっと間違いやすいので注意も必要です。

 

OneNote for iPad 手書き入力する方法

iPad版OneNoteで手書き入力する場合は、描画タブを開くとインクストロークが表示されるので、スタイラスペンや指先のタッチ操作で入力できるようになります。

テキスト&描画モードの切り替え(描画タブ)

① テキストモード
描画タブでテキスト入力する場合は「テキストモード」をタップすると、ソフトウェアキーボードが表示されるので、文字入力できます。この場合はテキスト入力になるため、ノートコンテナが作成されます。

 

② 描画モード
Apple Pencilなどのスタイラスペンで手書き入力する場合は描画モードにて入力となります。

 

③ モード切り替え
テキストモードから描画モードの切り替えは、インクストロークのペンや消しゴムをタップして選択するだけで良いので簡単です。

 

タッチ操作で手書き入力する方法

初期の設定ではタッチ操作による手書き入力ができないようになっています。Apple PencilなどのiPad対応スタイラスペンではなく、指先のタッチ操作で手書き入力したい場合は、描画モードの設定を変更する必要があります。

この場合は、ツールバーの右端に描画モードと表示されているので、ここをタップすると、「タッチして描画する」のスイッチがあるのでオンにします。

但し、インクストロークの状況次第では非表示になっている場合があります。インクをいくつか追加していたりすると、「タッチして描画する」が非表示になってしまいます。

この場合は表示されるまでインクを削除します。

 

なげなわ選択で図形を移動

描画タブでApple Pencilを利用して手書きした文字はノートコンテナが作成されません。図形なども同様になります。

自由自在に移動できないため、非効率的な作業になってしまいます。この場合はツールバーに表示されている「なげなわ選択」で手書きした文字や図形を囲むと移動できるようになります。

でも、なげなわなのでうまく全体を囲めるのか?は慣れも必要になるため、少なくともそれなりに練習した方が良いと思います。

 

OneNote for iPad 音声をオーディオ録音する方法

ここでは、iPad版OneNoteで、音声を録音する場合の操作方法についての紹介になります。ノートブックのページに音声を録音する場合に重宝します。

iPad OneNote設定をチェックする必要あり

① iPadの設定を確認
OneNote for iPadで音声を録音する場合では、iPadのマイクを利用するため、iPad本体のマイクがOneNoteで利用できるようになっているのか?確認します。

 

② マイクをON
iPadの設定を開いて、OneNoteをタップして選択すると、初期状態ではマイクがOFFになっているため、マイクをONに変更します。

 

③ 補足事項
音声入力の場合でもマイクを利用しますが、この場合ではマイクの設定を変更しなくても音声入力できます。でも音声録音の場合ではオーディオ入力になるため、設定変更が必要になります。

 

iPad OneNote 音声を録音する方法

① 挿入タブ
OneNoteで音声を録音する場合は、「挿入」タブを開きます。

 

② 任意の場所をタップ
ページの任意の場所をタップして、オーディオをON状態にします。OFFの場合だとオーディをタップしても音声録音できないので要注意です。

 

③ オーディオ
任意の場所をタップするとキーボードが表示されますが、同時に、ツールバーのオーディオがONになります。この状態で「オーディオ」をタップします。

この時に、「オーディオを録音できません」と表示されたら、そのまま「設定へ移動」をタップする 又は 設定を開いて、OneNoteを選択した上で、マイクのスイッチをオンにします。

 

音声録音したオーディオの再生

挿入タブのオーディオで音声を録音した場合では、本当に録音されたのかな?と気になるものです。どのように再生すれば良いのかな?と思います。

この場合では、至って簡単で「オーディオ1」と表示されているアイコンをタップして、「再生」を選択すると音声録音した音声を聴けます。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad 音声を入力する操作方法

iPad版OneNoteでは、基本的にキーボード入力やApple Pencil等で手書き入力すると思いますが、音声入力にも対応しているので音声入力も利用できます。

iPad OneNote 便利で役立つ基本的な操作方法(使い方)
皆さん こんにちは! iPadで、ノートアプリを利用する場合では、色々と豊富に同じようなデジタルノートアプリがあるのでどれが良いのだろうか?と悩む場合があります。 継続的に利用できれば何でも良いのですが、同じように使える...

ソフトウェアキーボードで音声入力

iPadではSmart KeyboardやMagic Keyboardなどの物理キーボードも利用できますが、これらの周辺機器を利用しなくてもソフトウェアキーボードを利用すれば音声入力できます。

さらには、設定のOneNote設定でマイクを利用するスイッチをオンにしなくても音声入力が行えるので煩わしい設定変更をする必要もありません。

 

iPad OneNote 音声入力する方法

① 任意の場所をタップ
ホームタブの任意の場所をタップしてソフトウェアキーボードを表示します。音声入力を行う場合はソフトウェアキーボードを表示する必要があります。

 

② マイクのボタンをタップ
キーボードの「マイク」ボタンをタップします。

 

③ 音声入力
音声で入力が行えます。音声入力を途中で止める場合は、任意の場所をタップすれば音声入力が完了します。何でも良いので何か音声入力してみるのが良いです。

 

音声入力でもノートコンテナが作成できる

① ノートコンテナ
キーボードでテキスト入力した場合では自動的にノートコンテナが作成されますが、音声入力の場合でもノートコンテナが自動的に作成されるため、移動や再配置も自由自在にできます。

 

② 音声で英語入力
ソフトウェア・キーボードの地球儀マークのボタンをタップすると、音声で英語入力もできます。

この場合は自分自身の発音が良くないと、上手く認識できないため、音声入力しても全く異なる英単語が入力されてしまう事もあります。発音に自信がない場合は利用しない方が良いと思います。