iPad OneNote ノートブックの作成・編集・削除する方法(使い方)

iPad アプリ
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで、デジタルノートアプリを利用する場合では操作説明書が無くても、何故だか分かりませんが、普通に操作が行えてしまう場合が多いです。

やっぱり簡単に操作できる方が便利に使えますし、継続的に利用できるので使いやすいと思います。

とはいえ、それでも分からない事も実際には色々とあるので右往左往しながら試行錯誤を繰り返す事になる場合もあります。

OneNoteを仕事や生活に役立てるのであれば、やっぱり避けて通れないのが基本操作(ノートブックの操作)になるため、把握したいものです。

今回の記事は『OneNote for iPad ノートブックの作成・編集・削除する方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OneNote for iPad ノートブックの作成方法

iPad版OneNoteで、ノートブックを作成する手順についての紹介になります。ちょうど1冊のノートの大枠(入れ物)のようなポジションに該当します。

OneNote の構成(構造)

全ての基本となるのがノートブックになります。最初に起動すると、◯◯さんのノートブックが作成されています。◯◯さんというのは自分のアカウント名になります。自分のアカウント名は変更する事も可能です。

自分のアカウント名が付いたノートブックだとジャンル別に作成できないのでは?と思う場合では、新しくノートブックを作成できるので、好きな名前を付けてノートを作成しても良いです。

やっぱり生活する上では用途別にノートブックを使い分ける場合が多いですから、仕事や勉強といったタイトルでジャンルで分けて管理するのが良さそうに感じます。

因みに、OneNoteでは、大分類の相当するのが「ノートブック」、小分類に相当するのが「セクション」、実際のノートに該当するのが「ページ」になります。

 

OneNote ノートブック作成する方法

OneNoteはiPad版に限らず、大分類が「ノートブック」、小分類が「セクション」、実際のノートのページ部分が「ページ」という構成になりますが、先ずは全ての基本となる大分類を作成します。

この場合は画面左下にあるノートブックの前に表示されている「+ ノートブック」をタップします。

ノートブックの作成が表示されるため、好きな名称を入力した上で、ノートブックの色を選択し、作成をタップします。色は何でも良いのですが、いくつも作成する場合では色分けした方が管理しやすいです。

 

OneNote ファイル管理場所(どこに保存されるのか?)

ノートブックを作成すると、iPad内に保存されるのではなく、Microsoft OneDriveに格納されます。

1つ1つのノートブックは、それぞれ1つのファイルという扱いになっているのがOneNoteの特徴の1つでもあります。

このアプリの場合では、デバイスに関係なく利用できるという特徴もあるため、ファイルの保存先はクラウドになる訳です。

OneNoteはMicrosoftのサービスなので、必然的にMicrosoftのクラウドサービスであるMicrosoft OneDriveを利用する事になります。

 

OneNote for iPad ノートブックの編集・削除方法

ノートブックの名前を変更する場合 及び ノートブックの削除を行いたい場合も実際にありますが、この場合ではどのように行えば良いのか?も重要になります。

ノートブックの名称はよく考えて!(安易に考えない)

ノートブックの作成は簡単なのですが、この場合に注意する必要があるのは「ノートブック名」になります。

良い名前が思い付かないので、とりあえず別の名称にしておくといった感じ。これは後々に災いをもたらす事になる場合が多いです。

何故か?と言うと、後でノートブック名を変更すれば問題なし!と考えていると痛い目に遭う可能性が高いです。OneNote for iPadでは簡単に名称変更ができません。

というのも、あくまでもiPad版のOneNoteなのでフル機能を利用できないからです。そのため、ノートブックの名称はよく考えてから名前を付けるのが賢明の判断になります。

 

ノートブックの編集・削除は簡単にできない

「セクション」や「ページ」の編集・削除する場合では、「長押し」すれば名称変更や削除といった作業ができますが、ノートブックはできません。

なぜできないのか?と言うと、ノートブックの場合は、ファイルという扱いになっているからです。ファイル操作はファイルを管理している場所でしか行えないのである。

OneNoteのファイル管理場所といえば、Microsoft OneDriveなので、iPadでOneNoteを利用する場合は、OneDriveアプリもインストールしなくてはいけないという事になります。

 

OneNote for iPad インストールする場合

ノートブックの名称変更を行う事を予め想定しておくのが賢明の選択になるため、OneNote for iPad をインストールする場合ではMicrosoft OneDriveも同時にインストールするのが最適です。

因みに、Windows PCを所持している場合では、ノートブックの名称変更に限って言えば、OneNote for Windows10で変更できるようになっています。

PC連携して活用するのも良いかも知れません。

 

OneNote ノートブックの編集・削除をOneDriveで行う方法

OneNote for iPadで作成したノートブックの名称変更や削除を行う場合も実際にありますが、この場合では、Microsoft OneDriveにて作業する必要があります。

Microsoft OneDrive 操作方法

① OneDrive
App Storeを開いて、Microsoft OneDriveを検索し、インストールします。

 

② ログイン
OneDriveをインストールしたら、開いてログインします。

 

OneDrive OneNote ノートブック変更・削除

① 最近使用したファイルを見つける
OneDriveを起動すると、最近使用したファイルの一覧が表示されるので、名称変更や削除したいノートブックを探します。

 

② 変更や削除
ノートブックの右端にある「・・・」をタップすると、名称変更や削除の項目が表示されるので、何の操作をするのか?選択します。

 

③ ファイル名を変更する
ノートブックの名称変更する場合は、名称を入力して「完了」をタップします。完了を押さないで、任意の場所をタップすると今までの操作が途中終了する事になるため、また最初からやり直しになるので要注意です。

 

④ ファイルを削除
ノートブックを削除する場合は「削除」をタップすれば一覧から消えます。削除すると完全に消去されてしまうので、本当に不要に感じているノートブックだけを削除した方が良いです。

 

OneDrive 「編集」項目は勘違いしやすい

ノートブックの削除や名称変更する場合に「編集」という項目がありますが、これをタップすると、OneNote for iPadが起動します。ちょっと紛らわしいので、効率的な操作をする場合は間違えないようにした方が良いです。

 

スポンサーリンク

ノートブックの名称をWindows PCで変更する方法

基本的にはOneNote ノートブックの名称変更を行いたい場合は、Microsoft OneDriveにて行う必要がありますが、OneNoteのフル機能版であるOneNote For Windows でも行えるようになっています。

OneNote for Windows10でノートブック名称変更

Windows PCを所持している場合に限定されますが、Windows10に標準インストールされている OneNote for Windows10 を活用する事で、ノートブックの名称変更を行う事ができます。

変更したいノートブックをマウスで右クリックすると、「ノートブックのニックネームを付ける」が表示されるので、これをクリックすると、名称変更が行えます。

まさか名称変更がニックネームとは驚きですが、いずれにしてもOneDriveを操作しなくても簡単に行えるので便利に使えます。

 

ノートブック削除はOneDriveで行う

OneNote for Windows10を利用すればノートブックの名称変更は簡単に行うことが出来ますが、ノートブックの削除は対応していません。

ノートブックはファイルなので、ファイル操作が行えるOneDriveで削除となります。そのため、結局のところ、OneDriveアプリはインストールしておいた方が良いのでは?と個人的に考えます。

 

Windows PCがない場合の編集・削除 方法

Windows PCを所持していない場合は、iPadにOneDriveアプリをインストールして、ノートブック操作するのが必然的な選択となります。

とはいえ、OneNoteを利用する目的で、このアプリをインストールする場合では、何も使わない方が圧倒的に多いと思います。

だからと言って、アンインストールすると、また後で困る展開になる場合も多いため、アプリを削除しないでおく選択が良さそうに感じます。(忘れないように覚えておく)