iPadノートPC化はデスクトップPCのサブ端末での活用が最適

iPad 活用術
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズを買う場合では、Smart Keyboard や Magic Keyboardなどのキーボードケースもセットで同時購入する場合があります。

何も後先の事を考えずに買っている場合も含めて、実際にどの程度の利用頻度が有るのか?考慮していない場合も多いと思います。

買ったは良いけど実際にはあまり使っていないのでは勿体ないですから、どうやったら活用できるのか?も重要になります。

今回の記事は、「iPadノートPC化はデスクトップPCのサブ端末での活用が最適」についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadをノートPC化した場合の弊害

iPadにキーボードやマウスを接続すれば簡単にパソコン化する事が出来ますが、逆に弊害も発生します。ウインウインの関係で活用という訳にはいかないのが実情です。

メインPCがどのタイプなのか?でも変わる

自宅でメイン用途に使っているパソコンがどのタイプなのか?によっても活用できるのか?自己満足で終わるのか?が関係して来ます。

魅力的に感じる持ち物が2つ有った場合では同時に使いこなす事が出来ないため、どっちか?一方をメイン、もう1つをサブとして使う事になります。

ここで言う魅力的な持ち物というのはパソコンが該当します。自宅で使っているのはデスクトップなのか?ノートパソコンなのか?でもiPadを上手く活用できるのか?も変わって来ると思います。

特にノートPC化する場合では尚更です。

 

iPadをノートPC化してもPC代用は出来ない

一番残念に感じるのは「iPadをノートPC化してもPC代用は出来ない」という部分に尽きます。ハッキリ言って、自己満足する為に行うのかな?と思ってしまいます。

その理由としては、iPadはPCソフトを利用する事が出来ないため、PCのようにキーボードやマウス等の周辺機器を利用できるようにしても満足できない場合が多いです。

実際にどんな用途でPCを利用しているのか?は個人差があるため、一概には何とも言えませんが、インターネットを中心とした利用方法であれば、iPadなどのタブレット端末で十分に役立ちます。

でも、必ずしもこのパターンに該当しない場合も実際には多いため、PC代用として利用するのは厳しいのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iPadノートPC化は役立つ?役立たない?

iPadをノートPC化した場合の弊害として、PC代用として利用する事が出来ない事が挙げられますが、これは役立たないという訳ではありません。

iPadノートPC化が役立たないパターン

iPadノートPC化が全く役立たないのはメインで利用しているパソコンがノートPCの場合に尽きます。どうして役立たないのか?と言うと、用途が全くではないですけど同じだからです。

ノートPCの重量も関係ありますが、持ち運べるパソコンが2つ有っても、どちらか一方のPCしか外出先に持ち出さないため、意味が無いと思います。

あくまでもPC化出来て自己満足するパターンで終わります。

 

iPadノートPC化が役立つパターン

それに対して、メインで使っているパソコンがデスクトップPCの場合では、iPadノートPC化が役立ちます。

前提条件として、ノートPCを所持していない事が求められますが、正にこの条件下においてはiPadノートPC化が役立ちます。

必要に応じてタブレット端末、キーボードやマウスを接続して、ノートPCのように外出先でも利用できるようになるからです。活用方法は自由自在となります。

 

デスクトップPCのサブ端末でiPadノートPC化を活用

iPadをノートPC化して活用したい場合は、メインで利用しているパソコンがデスクトップPCの場合に限り、有効な手段に該当すると考えます。

デメリットが少ない

iPadシリーズをノートPC化した場合では、メインで利用しているPCがデスクトップPCの場合はデメリットが少ないと感じます。

何故か?と言うと、デスクトップPCの場合は、そもそも持ち運び出来ないですから自宅や職場に限定して利用する事になります。

この場合は持ち歩くという事が出来ないため、サブ端末が必要になる場合があります。このサブ端末がノートPCであれば何も問題ありませんが、別に大した用途でなければタブレット端末でも問題ない場合もあります。

正に、この用途に最適なのが、iPadノートPC化なのである。

 

活用方法が自由自在

何せ、デスクトップPCのデメリットは外出先に持ち歩く事が出来ないという部分に尽きます。これをどうにか克服するには別途ノートPCが必要になる場合が多いです。

でも、ノートPCは無いけどiPadなら所持しているというパターンも有ると思います。この場合ではApple純正のSmart Keyboard FolioロジクールFolio Touchなどのキーボードケースを利用するのが最適です、

USB Type-C端子を搭載しているiPadであれば、USB Type-Cハブも利用する事が出来るため、生活やビジネス用途にも活用できるようになります。

 

アプリも重要

iPadをノートPCのように利用する場合では、キーボードを活用できるアプリも必要になります。ビジネス用途で使うのであれば、スケジュール管理アプリやOfficeアプリなど。

自分にとって最適に感じるアプリをiPadにインストールしてあるのか?も重要な要素になるため、そういうアプリが無い状態でノートPC化はオススメ致しません。

せっかく購入したiPad Air・Pro Magic KeyboardやロジクールFolio Touchの利用頻度が少なくて逆に勿体ないと思います。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC化で、よく検討した方が良い事

iPadシリーズをノートPC化する場合では、よく検討して欲しい事があります。それは実際の利用頻度になります。あまり使わないのにキーボードを購入するパターンが該当します。

キーボードケースを購入しても利用頻度は少ない

iPadはSmart Keyboard や Magic Keyboard などのキーボードケース 及び マウスやトラックパッドを利用する事が出来ます。

iPad本体を購入する時に、これらの周辺機器をセットで購入するパターンも多いです。でも、買ったは良いけど、実際にはあまり使っていない場合も意外と多いのでは?と思います。

実際の利用頻度が少ないのに購入するのは宝の持ち腐れに繋がるため、この辺の事情も考慮&検討の上、購入するのが賢明の選択になります。

 

入力を伴う作業はどの程度あるのか?

キーボードを使っての入力作業はどの程度あるのでしょうか?これは個人差が関係して来るので入力作業が多い人も居れば、少ない人も居ます。

それならば、自分はどうなのでしょうか?これを考慮しておかないと、買ったは良いけどあまり使っていないという展開に発展する場合に対応できません。

買う順番を間違えているのでは?と思います。魅力的に感じるから買うのではなく、実際に利用する機会が多いから購入するというパターンが理想的です。

特に魅力的に感じる周辺機器アクセサリーの場合は、よく検討した方が良いです。