iPad キーボード必要?いる・いらないは活用できる使い方次第!

iPad 活用術
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad 利用する場合では基本的にはタブレット端末のように指先のタッチ操作 又は Apple Pencilでのペン操作にて利用すると思います。

でも、iPadには専用のキーボードケース(Smart Keyboard Folio、Magic Keyboard)が用意されているので、これらの周辺機器を利用してノートパソコンのように利用する事もできます。

iPadで入力作業も行えるようになる関係で魅力的に感じるようになり、欲しいな(買いたいな~)といった感じになるパターンが多いです。

仮にApple純正のキーボードケースを購入した場合では買って満足になっていると勿体ない使い方になるので、可能な限りとにかく使う事をオススメ致します。

今回の記事は『iPad キーボード必要?いる・いらないは活用できる使い方次第!』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad 本体購入時にキーボードケースも購入する?

iPadシリーズを購入する場合では一緒に周辺機器アクセサリーも購入する場合が多いですが、その中に専用のキーボードケース(Smart Keyboard 又は Magic Keyboard)も含まれているのでしょうか?

新しいiPadは本体のみ購入する?

新しいiPadが欲しいな~と思って実際に購入する場合では、iPad本体のみを買うのでしょうか?たぶんアクセサリーも購入するのではないのかな?とお個人的に考えます。

買い換えるのであれば同じ物を利用できる場合もありますが、新しいiPadなのに付属で利用するアクセサリーは古い状態というのはアンバランスになりますし、新しいiPadには不釣り合いになるので、結局のところ新品に交換するパターン。

とはいえ、必ずしもこのようなパターンになるとは言えないですが、気分的には新しい物で揃えたい感じになるのが心情だと思います。

 

iPadと一緒に周辺アクセサリーも購入

新しいiPadと一緒に購入するアクセサリーと言えば、3点セット(Smart Folio、Smart Keyboard 又は Magic Keyboard、Apple Pencil 2)が多いと思います。

何故だか?分かりませんが、実際の利用頻度の事は考慮しないで、これが有ると便利に使える!と思い込んでいると、当たり前のように購入する選択を行う場合が多いです。

やっぱりiPad専用アクセサリーというのは、iPad以外のデバイスには利用できないので活用するにも限度というのがあります。

少なくともアクセサリー類を購入する場合は実際の利用頻度も考慮した方が良いのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

iPad キーボード 必要?買っても便利に使えるのかな?

iPad専用のキーボードケースを購入するのは何も問題ありませんが、買って満足しているという結果にならないように継続的に使う事が求められます。

iPad キーボードケースを購入する場合

ハッキリ言えば、iPad専用で使えるキーボードケースを購入するのは何も問題ありません。自分が欲しくて買うのですから、変えば満足すると思います。

但し、買ったからと言って、便利に使えるのか?という部分については、便利に使える場合も有れば不便に感じる事もあります。その理由としては、感じ方というのは個人差が有るからです。

失敗しない買い方をしたいのであれば、実物を見て触って確認してから購入するのが賢明の選択になります。でも、ネットで購入するパターンが多いので、この場合は写真や動画を見て判断する事になるので、見落としがないように注意が必要です。

 

iPad専用キーボードケースは継続的に利用するのか?

iPadとドッキングすると、ノートパソコンのように入力作業が行えるのが最大の魅力になりますが、基本的にはiPadなので本当に便利に活用できるのか?というのは実際に使ってみないと何とも言えません。

自宅にはメインで利用しているパソコンも有るので、つい比較する事になってしまうと思います。パソコンとiPadキーボードケースどっちが使いやすいのか?でも変わってきます。

前者の場合では確実に宝の持ち腐れになる可能性が高いです。それに対して、後者の場合では専用キーボードケースの購入は正解のパターンに繋がります。

正解パターンの場合では自分が使いやすいと感じているため、継続的に利用するようになります。

 

買ったは良いけど実際にはあまり使っていないのでは?

マウス不要で利用できるトラックパッドを搭載している iPad Air や iPad Pro で利用できる Magic KeyboardロジクールFolio Touch(Combo Touch)などのキーボードケースは魅力的に感じます。

見た感じノートパソコンといった感じなので、ノートパソコンの代用にも繋がるイメージになるのが魅力的に感じる確信要素に繋がっていると推察されます。

でも、実際にはノートパソコンのように使えるというだけなので、代用できません。この事をよく考えないで購入すると買って満足して実際にはあまり利用していないという結果に繋がります。

その理由としては、キーボードを利用してもiPadはパソコンではないの一言に尽きます。

 

iPad キーボード 必要?いる・いらないは活用できる使い方

iPad購入時に一緒に買う可能性の高いキーボードは本当に必要なのだろうか?というのをよく検討した方が良いです。継続的に利用できるのか?が重要になります。

パソコンとiPadノートPC活用の使い分け

メインで利用しているパソコンが有るのにも関わらず、iPad専用キーボードケースを購入する場合では、パソコンとの使い分けが運命の分かれ道になります。

今までパソコンで入力作業を行っていた状態でiPadノートPC活用を行って、果たして本当に使い分けできるのでしょうか?という部分。

購入当初は使い慣れる必要もあるため、よく使うと思いますが、時間が経過するに連れて徐々にあまり使わなくなると思います。

何故か?と言うと、適切な用途をiPadノートPC活用に与えていないのと、全てにおいてパソコンで作業した方が圧倒的に便利に感じるからです。

特に日本語IMEは使い慣れている方が便利です。

 

iPad キーボード いる?いらない?の判断

新しいiPadやSmart Connector対応キーボードケースを買うのは何も異論はありませんが、買うのであれば、少なくとも適切な用途を与えてあげる必要があります。

その上で、メインで利用しているパソコンとの使い分けできるのであれば、キーボードを買っても良いです。逆に使い分けできないのであれば、専用キーボードケースの購入は見送った方が良いと思います。

それでは目的が達成できない!というのであれば、スマホやパソコンでも活用できるタッチパッド付Bluetoothキーボードでも良いのでは?

入力作業が目的なのか?それともノートPCのように入力するのが目的なのか?どっちなんだろう?素直にノートパソコンを購入した方が良いと思います。

 

iPad Smart Connector対応キーボードの一長一短

① メリット
Smart Connectorに対応しているキーボードケースの場合では、iPadから給電するのでバッテリー切れの心配をする必要がありません。iPadとドッキングして一体運用できるので持ち運びも便利です。

 

② デメリット
iPad専用となるため、スマホやパソコンでは活用できないです。さらにはiPadと合体すると、重量もノートパソコン並に重たくなります。11インチのノートパソコンと考えるとメリットは感じません。

 

スポンサーリンク

iPadキーボードケースはiPad同時購入しない方が良い

新しくiPadを購入する場合では、一緒に利用すると便利に感じる各種専用アクセサリーも同時に購入する場合が多いですが、必ずしも最適な選択とは言えません。

iPadと一緒に購入して良いiPadアクセサリー

① Smart Cover(Smart Folio)
iPad miniの場合はSmart Cover、iPad Air はSmart Folioになりますが、これはiPad本体と一緒に購入しても何ら問題ありません。

ディスプレイの保護にもなりますし、簡易なスタンドとしても利用できるので便利に利用できます。でも、ネット通販で購入できるESR iPad Airケースの方がApple Pencilを収納できるので個人的には便利に感じます。

 

② Apple Pencil 2
続いてApple Pencil 2になりますが、これが有ると手書きノートアプリも便利に利用できるので、iPad本体と一緒に購入した方が良いと感じます。

但し、ペン先は消耗品になるため、摩耗したら交換が必要になります。摩耗しないように心がけるのであれば、NIB Coverなどのペン先カバーを利用するのも1つの方法になります。

 

iPad専用キーボードケースは一緒に買わない方が良い

Smart Keyboard や Magic Keyboard の場合は、実物を見て触って確認しているのであればiPad本体と一緒に買っても良いですが、実物を確認していない場合は一緒に買わない方が良いと思います。

その理由は、ズバリ!見落としが有る可能性が高いからです。仮に見落としが有ると、さらなる出費にも繋がる可能性も否定できないため、このリスクも考慮が必要になります。

どうしても写真を見て判断する事になるため、触り心地は分かりません。それにSmart Connector対応キーボードケースを買ったからと言って便利に活用できる保証はないため、焦って購入する必要はありません。