iPad FitCloudPro(スマートウォッチ)使用レビュー

iPad use App
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadでスマートウォッチをアプリ連携(Bluetooth)で利用できる場合がありますが、この場合では専用アプリをiPadにインストールした上でペアリング設定となります。

スマートウォッチはスマホと連携して使うガジェットになるため、接続設定もスマホと行うのが基本でかつ、行った方が良いのが実情です。

でも、iPadの場合は全てのiOSアプリではないですが、iPhoneで利用できるアプリも使えるので、スマートウォッチ専用アプリも利用できる場合があります。

実際にiPadにインストールして利用できるスマートウォッチアプリは「FitCloudPro」になるため、このアプリが利用できるスマートウォッチはiPadで連携活用できる可能性が高いです。

今回の記事は『FitCloudPro(スマートウォッチ)iPad 使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadでスマートウォッチを使う方法

スマートウォッチはスマホとペアリング設定して利用すると思います。何故か?というと、専用アプリはスマホに対応している場合が多いからです。タブレット端末では利用できない場合が多いです。

iPadは利用できない場合が多い

スマートウォッチはスマホと連携するガジェットなのでペアリングもスマホで行う場合が多いです。

ペアリング設定が完了すると、スマートウォッチの日付と時刻がスマホと同期されます。スマートウォッチでは日付や時刻の設定ができない仕様になっている場合が多いです。

この点がスマホと連携するウォッチなんだな~と感じる点であり、不便な部分でもあります。ペアリング設定は専用アプリを利用してBluetoothにて行うパターンになります。

iPadもBluetoothを利用できるので、ペアリング設定が行えるのではないか?と思いますが、あくまでも専用アプリ経由でペアリング設定となるため、Bluetoothが利用できても専用アプリが対応していないと、どうにもならないのが実情になります。

専用アプリがiPadで利用できれば、おそらくスマートウォッチと連携活用できる可能性が高いですが、たいていの場合はiPadも含めてタブレット端末には対応していない場合が多いです。

つまり、利用するのであれば、自己責任で使ってくださいね!という事になります。

 

iPad連携する目的でスマートウォッチを購入する場合

iPadでスマートウォッチをペアリング設定して利用する場合では、本体を購入する前に、購入したいスマートウォッチの専用アプリは何なのか?と調べる必要があります。

iPadで利用できるスマーウォッチ専用アプリは「FitCloudPro」になります。これは実際に利用しているので確認済みです。それ以外のGloryFitなどのアプリではiPadにインストールできない場合が多いです。

iOSで利用できるからと言って、iPadでも利用できると考えてしまうと、スマートウォッチを買ったは良いけど、iPadでは利用できなかったという結果に陥る場合が多いです。

このような結果にならないようにするには、本体を購入する前によく調べる事が重要になります。

 

iPad連携スマートウォッチを購入する順序

① 商品を決める
買いたいスマートウォッチの候補を決める

 

② 専用アプリを調べる
商品ページには専用アプリが記載されているので調べます。アプリの記載がない場合はその商品の購入は見送った方が賢明の選択になります。

 

③ iPadにインストール
アプリをiPadにインストールして初期設定が行えるのか?を確認。ここではペアリング設定以外の内容です。ペアリングしていなくてもアプリは使えますからiPadで操作できるのか?確認します。

 

④ 確認完了後に購入
購入しようとしているスマートウォッチの専用アプリがiPadにインストールする事ができる 及び ペアリング以外の設定も行える場合は利用できる可能性が高いです。

 

⑤ 注意事項
専用アプリを調べずに買ってしまうと、購入したは良いけど実際にはiPadで利用できなかった!という展開が訪れます。この場合は素直にスマホとペアリングして使う事をお勧め致します。

 

スポンサーリンク

iPadにインストールできるFitCloudProアプリ

アプリがiPhoneに対応していても、iPadでは利用できない場合も実際にあるのがスマートウォッチ専用アプリになりますが、FitCloudProというアプリはiPadでもインストールして利用できます。

iPadにインストールできる FitCloudPro

色々なスマートウォッチ(活動量計)を利用して来ましたが、iPadでペアリング設定して利用できるスマートウォッチ専用アプリはFitCloudProだけのような気がします。

知らないだけで他にも利用できるアプリは有ると思いますが、筆者が実際にiPadにインストールして利用できたアプリは、このアプリだけなので、iPad連携活用する事を目的に買う場合は、このアプリに対応している商品を買うように心掛けています。

1つでも確実に対応している事が分かっている状態なので、購入したいと感じるスマートウォッチの比較検討する場合に役立ちます。

 

iPad連携はFitCloudProが使えるスマートウォッチ購入

FitCloudProというアプリは、iPadでもインストールして利用できるため、iPadで連携した活用する場合は、このアプリに対応しているスマートウォッチを購入する事になります。

但し、機種も限られてしまう事になるため、必ずしも最適な選択にはならないのも実情になります。そのため、基本的には保険的な意味合いで参考にする目的で候補の1つに入れておく戦略となります。

その理由としては、買いたい!と感じる商品は個人差がありますし、必ずしもFitCloudProに対応していない場合もあるからです。

とりあえずキープしておき、他の商品も探すといった感じ。それでも見つからなかったら、FitCloudProに対応しいているスマートウォッチを購入するパターン。

 

iPad連携に拘る必要なし

iPadで利用できるアプリだから、FitCloudProに対応しているスマートウォッチを購入するのも1つの方法になりますが、この選択は残念ながら最適とは言えません。

何故か?と言うと、このアプリは確かに便利に使えますけど、実際に使っているとイマイチに感じる部分も意外と多い事が判明するので、拘る必要はないと思います。

特にスマートウォッチの場合では、基本的にスマホとペアリングして利用するガジェットになるので、他のアプリも使ってみて総合的に判断した方が自分にとって最適だと考えます。

 

FitCloudPro デバイス設定 特筆事項

FitCloudProで設定できる便利な機能についての紹介になります。そんなに便利ではない機能も含まれているのが実情になります。

自動健康設定

自動健康設定のスイッチをオンすると、スマートウォッチが設定した時間帯内で、「心拍数」、「血圧」、「血中酸素濃度」を測定します。このスイッチをオンにすると、開始時間と終了時間を変更できるようになります。

実際にオンに設定すると、ペアリング設定しているiPadと頻繁に通信するようになるため、結果的にバッテリーが早く消耗する感じです。

同時にスマートウォッチのバッテリーも影響を受けるので、OFFにしています。基本的に必要な時にワンタッチ測定を行えば良いのでは?というのが個人的な見解になります。

 

スイッチ類

① 手首回転スクリーンオン
手首回転スクリーンオンのスイッチをオンにした場合は、設定した時間内に画面を自分に向けて手首を上げた場合に時刻を確認できるようになります。一応、オンに設定していますが、あまり関係ない感じです。

 

② センサー強化
よく分からないスイッチの1つが、センサー強化というスイッチになります。一応ですがオンに設定していますが、何のセンサーなのか?全く分からないのが実情になります。

 

通知設定

iPadとペアリング設定している場合では、SNSとの連携はあまり関係ないと思います。この通知設定を開くと、各種SNSとの通知をONにできるようになっています。

この機能を利用するのであれば、スマホとペアリング設定した方が良いと思います。

 

FitCloudProアプリ iPad 使用レビュー

iPadにインストールして利用できるスマートウォッチ専用アプリのFitCloudPro 使用レビューについての紹介になります。ペアリング設定しているのはiPad Air 4になります。

スマートウォッチT98レビュー!体温測定1.4インチ活動量計
皆さん こんにちは! 1.3インチのF07スマートウォッチを利用していましたが、24時間いつでも体温測定が行えるT98スマートウォッチに買い換えたので紹介したいと思います。 基本的には、iPadとペアリング設定できる機種...

横画面表示に対応していないのが残念

FitCloudProをiPadで利用する場合は、横画面表示に対応していないため、いつも縦画面表示にて利用する事になるのがイマイチに感じます。

あくまでもスマホ向けのアプリなので、iPadのようにタブレット端末に最適化されていないのである。アプリを使用する場合は縦表示にて使う事になります。

11インチサイズのiPad Air 4ではちょっと使いづらいな~と感じる反面、文字の表示は大きいので、これはこれで良かったのかな?と感じます。

 

体温測定 及び 血中酸素濃度測定

体温測定に対応しているスマートウォッチの場合では、血中酸素濃度の測定にも対応している場合が多いです。

スマートウォッチ側でも体温や血中酸素を測定できる場合が多いですが、1.69インチの大画面だったとしてもじっくり見る事ができません。

何故か?と言うと、省電力の関係で長くても9秒程度しか表示できないからです。でも、アプリで測定等が行える場合ではiPadの大画面で表示して確認できるため、便利に感じます。

FitCloudProアプリの場合では、「体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度」測定もワンタップで行えるため、1つずつ測定する手間が発生しません。

 

FitCloudPro iPad 使用レビュー

① アプリ
このアプリは、アカウント登録しなくても利用できるので、何かと煩わしいと感じるアカウント登録がなくて便利です。アプリを起動すると自動的にスマートウォッチとの同期が行われるので初期設定後は基本的にはアプリを確認するだけで良いです。

 

② 運動目標の設定
初期設定時に運動目標を設定しますが、必要に応じて臨機応変に変更できるので助かります。基本的には運動目標はその都度変更しなくても良いですが、距離や目標カロリーの場合は無理な設定にしておくのは良くないです。

 

③ 健康管理項目
体温・睡眠・心拍数・血圧・血中酸素をアプリ側で測定できます。この部分は普通なのですが、ワンタッチ測定を1回行うだけで「体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度」を測定できるのは便利です。

特に測定する時間帯が朝とか忙しい時間帯の場合では、1分だったしても貴重な時間になるため、1回で測定できると助かります。

 

スポンサーリンク

FitCloudPro ウォッチフェイス変更する方法

FitCloudProでは、スマートウォッチの文字盤を変更できるようになっています。iPadの大画面で文字盤の一覧を表示しながら行えるので使いやすいです。

スマートウォッチ LF27 レビュー!iPad連携活用できる1.69インチ
皆さん こんにちは! スマートウォッチの場合ではAndroidスマホやiPhoneと連携して活用する場合が多いですが、iPadシリーズでも連携して利用できる機種もあります。 だからと言って、iPadで利用できる機種はとて...

ウォッチフェイス(文字盤)を変更した感想

操作は特に難しいと感じる事はないので誰でも簡単に行えます。無料で利用できるウォッチフェイスも豊富にあるため、どれにしようかな?といった感じで悩んでしまう場合が多いです。

とはいえ、そんなに豊富にあるとは言えないので、その中から自分にとって最適に感じる文字盤を見つける事ができるのか?はちょっと分かりません。

使用者によっても「好み」や「考え方」も異なるので、2~3個見つかれば十分なのでは?というのが率直な感想になります。

実際に3つほど変更してみましたけど、1回ずつ変更するといったパターンになるため、アップデートにちょっと時間が掛かります。

選択するウォッチフェイスによってもアップデート時間が異なります。

 

ウォッチフェイスを変更する方法

① アプリ起動
FitCloudProを起動すると、ホームページが開きます。ここでは、「体温、心拍数、血圧、血中酸素濃度、睡眠」管理が行えるようになっています。

 

② デバイス
デバイスをタップして開いたら、ウォッチフェイスを選択して表示します。

 

③ ウォッチフェイスストア
ウォッチフェイスストアには色々な文字盤が一覧表示されているため、この中から自分にとって最適に感じるウォッチフェイスを見つけます。

 

④ 文字盤を選択
最適に感じるウォッチフェイスが見つかったら、タップして選択し、「ウォッチフェイスを同期」というポップアップが表示されます。

 

⑤ タップ
「ウォッチフェイスを同期」をタップすると、「ダウンロード・・・同期しています」と経過が表示されます。完了すると同期成功となります。

スマートウォッチのタッチスクリーンを確認すると、ちゃんと変更されています。