iPadは必要なのか?買ってもネット閲覧や動画視聴・ゲーム用途にしか使ってない現実

iPad 活用術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadの必要性を感じて購入したのに、購入してもネット閲覧や動画視聴 又は ゲーム用途にしか使っていない現実』についての内容になります。

iPadを購入しても実際にはネット閲覧や動画視聴といった用途にしか利用していない場合もあります。これではスマホかPCでもOKな事に気が付きます。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを購入しても大した用途に使ってない

iPadを買ったは良いけど、実際に使っているのはネット閲覧やYoutube、ゲームだけという場合も有ると思います。これでも使っているので活用していると言えるでしょう。

iPad購入時は用途が有った

何かを購入する場合では、それなりに用途が有るから購入すると思います。恐らくiPadも目的が有ったから買った訳になりますが、いつの時点だか分かりませんが、その目的が変わる場合があります。

途中で購入目的が変わってしまうと、その時点からメイン用途ではなくなる可能性が高くなるため、自分でも気が付かない内にスマホの延長線的な使い方になっていたりします。

ここで言う延長線とは何なのか?というと、スマホよりも大画面を活かせる用途と言えば良いのかも知れません。

 

ゲーム用途の場合

iPadは一般的なノートPCよりも高性能であるため、ゲーム用途に最適だったりします。高性能なCPUを搭載していますし、グラフィックス性能も高いです。

これは正にゲームを楽しめる環境と言っても過言ではないぐらいに利用できます。画面遷移が多いゲームだったとしても遅延はそんなに目立たないので、iPadの使い道に困った場合の救世主的な用途になります。

でも、高性能なiPadをゲーム用途に特化させるというのも、どうなんでしょう?微妙に感じます。本当に使い道に困った場合だけに限定した方が良さそうです。

それに、全てのゲームはiPadで行うという場合であれば有効活用と言えますが、スマホやPCでも行う場合は、サブでの使い方になってしまいます。

 

Youtubeなどの動画視聴

スマホよりも大画面で活用できる用途として、Youtubeなどの動画視聴の場合も多いかな?と思います。

画面が大きい方が見やすいですし、操作性も良いので、この用途で利用するのも有りです。

ただ、あえて言えば、iPad Pro以外のiPadシリーズの方が良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか?というのも、最上級のiPadを動画視聴の用途に使うのは勿体ないからです。

動画視聴ではなく、動画編集の用途に使うのであれば、iPad Proが最適ですけど、動画視聴だけの用途では微妙に感じます。

 

スポンサーリンク

iPad活用も考慮したけどイマイチ

実際に全然大した用途に使っていない場合では活用も考える場合がありますが、これは意外と難しい現実になると思います。

iPadはスマホとの棲み分けが難しい

スマホは実際にはLineなどのメッセージアプリやSNSの用途 及び ネット閲覧や動画視聴の用途で使っている事が多いと思います。

これ以外では何に使っているのか?というと、通話用途もあれば、ミュージックプレイヤーの用途、写真や動画撮影といった感じになります。

これと同じ事をiPadで行うのは難しいと思います。スマホは携帯できる必需品として利用できるのに対して、iPadは携帯性が悪いのでスマホと同じ利用方法ができません。

それでいて、スマホよりも優位に感じるのは大画面ぐらいなので、スマホとの棲み分けが難しいです。

 

iPad活用も簡単ではない

スマホやPCとの棲み分けが難しいのが実情なので、残念ながら簡単には活用方法が見つからないと思います。

使い道に困ってしまうと、結局のところ最後の行き着くのはゲーム用途、何でも使える便利なサブ用途になってしまいます。

サブ用途の場合は便利に使っているとは言い難いと思うのは気のせいでしょうか?

 

便利に使える人とそうでない人

会社の同僚はiPadを便利に使いこなしているので、自分も同じように使いこなせる筈と勘違いする事があります。

便利に使いこなせる人も居れば、便利に使いこなせない人も居ます。果たして自分はどっちのタイプなのだろうか?という事を理解する必要があります。

iPadの活用方法を考慮する場合では、便利に使いこなせないと厳しいと思います。

 

スマホやPCと用途が被るiPad

どうしてiPadを大した用途でしか利用していないのか?というと、結局のところ、スマホやPCと用途が被ってしまう現実というのが実情になります。。

スマホ代用に使えないiPad

iPadの場合は、スマホと用途が被ります。スマホよりも大画面なので使い道は多いのにも関わらず、用途が被ってしまうのです。

携帯性抜群なスマホは片手で簡単に持てますし、ポケットの中にも収納できますが、iPadを持ち歩くにはバッグ等が必要になるため、気軽に携帯といった感じになりません。

画面は小さいけれどもスマホで十分になってしまうのである。これではスマホの2番手の存在になってしまうのでサブとして使える便利なガジェットになってしまいます。

やっぱりメイン用途で使わないと利用頻度も低下します。

 

PC代用に使えないiPad

iPadの場合はキーボードやマウスを利用する事で、ノートPCのように利用する事が出来るため、もしかするとノートPC代用として利用できるのではないか?というイメージになりやすいです。

実際には、ノートPC代用にはできない現実が待ち構えている訳ですが、この部分に関しては購入前では分からない部分になります。

数ある情報の中から、どうにかして「PC代用には出来ない」と辿り着ければ良いのですが、これを認めたくない部分もあります。

PCとiPadでは明確に違う部分があり、1つの例がファイル管理になります。PC代用での利用を考えている場合ではiPadを買わない選択がベストです。

 

iPadはメイン用途で使う必要あり

iPadを買ったは良いけど、実際にはネット閲覧や動画視聴といった用途にしか利用していない場合では、メインで利用していない可能性が高いです。

ネット閲覧や動画視聴

この用途の場合では、スマホPCでも行えるので、メインで使っているとは言い難いです。これでは、残念ながらサブになってしまいます。

サブ用途では、大した用途に該当する事になるため、棲み分けが必要になります。

どこからどこまでがスマホ、iPadは何の用途で使い、PCでは何を行うといったように棲み分けしないと、iPadの存在価値がなくなります。

 

iPadはメインで使える用途で活用を

iPadの存在価値を最大限活用できる用途を見出して、その用途で利用するようにしないと、棲み分けは上手く機能しません。

最初の内は確かにPCスマホiPadを上手く使い分ける事が出来ますが、時間が経過するに連れて、効率化を行うようになります。

その仮定でどっちの用途にも代用できないiPadが効率化の障害になりやすいです。購入前にしっかり活用方法について検討しなかった自分が悪いと思います。

 

企画的な感じで試してみるのも1つの方法

Smart Keybord などのキーボードを所有している場合では、入力作業での用途で活用するのが賢明の選択になります。

とはいえ、ノートPCではないので、不便に感じる部分も有りますけど、慣れてしまえば多少はどうにかなるものです。

実際にアレコレ試して何が最適なのか?調べてみるのが最短コースと思います。

 

iPad購入前の悩み!買って後悔よりもiPad買わない選択も必要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadを購入する前に考慮&検討しないといけない事は、購入後に後悔しないように、疑問点や悩み事を解決しておく必要あり』についての内容になります。 iPadを購入しても他人は便利に利用し...