iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー

iPad アクセサリ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad Air 4 & iPad Smart Folio レビュー』についての内容になります。

iPad mini 好んで仕事でも使っていましたが、画面サイズが小さいという事も関係して、仕事用とゲーム用に分ける目的でiPad Air 4を購入しました。

購入してどうだったのか?についての紹介になります。参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 及び Smart Folio 購入

USB Type-Cを搭載した iPad Air(第4世代) 及び スタンドも兼ねるカバーの Smart Folio を購入したので、その紹介となります。

iPad Air 4(256GB)Wi-Fi 仕様

サイズ : 247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重量  : 458g
容量  : 256GB

チップ : A14 Bionicチップ
画面等 : 10.9インチ Liquid Retina ディスプレイ

端子等 : Smart Connector、USB Type-C

その他 : ステレオスピーカー、12MP広角カメラ
同梱物 : USB Type-C充電ケーブル(1m)、20W USB-C電源アダプタ

 

Touch ID(指紋認証)

iPad のロック解除にはTouch IDで指紋認証による解除が行えます。

電源ボタンに Touch ID が組み込まれているのですが、Face IDではないため、自宅で使う場合では煩わしさを感じる場合があります。

 

Wi-Fiモデル

仕事で活用する場合ではセルラーモデルの方が最適に感じますが、Wi-Fiモデルを購入しました。基本的にWi-Fiが利用できる場所での利用方法となるため、セルラーモデルは必要ないという判断になります。

 

同時購入したアクセサリー

iPad Air 4 と同時に購入したアクセサリーは全部で3つになります。カバーケースも兼ねるSmart Folio、キーボードケースも兼ねる Logicool Folio Touch、Apple Pencil(第2世代)になります。

Magic Keyboard や Smart Keyboard は購入しませんでした。その理由は両方とも必要ないと感じたからです。

ロジクール Crayon for iPad を持っているので、Apple Pencil は必要なかったのですが、使い心地などが気になっていたので購入しています。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 購入レビュー

iPad Air 4 Wi-Fi 256GBモデルの購入レビューになります。あくまでも気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

一長一短に感じる256GB

筆者の場合は iPad mini 5(64GB) を所有していますが、64GBでは足らないというのを実感していた事も関係して迷わず256GBを購入しました。

でも、256GBも果たして本当に必要なんだろうか?と感じているのも事実です。

大は小を兼ねると言いますから、容量が大きければ大きいほど良いかも知れないですけど、実際の使用量を考慮しても256GBまで使うのか?というのは微妙に感じます。

購入の際は、お財布と相談になるため、余裕があれば256GBを購入しても良いと思います。

 

Touch ID(ロック解除)

電源ボタンにTouch IDが組み込まれていますが、ロジクールのFolio Touch キーボードケースに装着した状態で利用すると、押しづらいと感じます。

特にそのように感じるのは横向きスタイルでロック解除を行う場合になります。縦向きでは非常に押しやすいです。

キーボードケースに装着する場合では、使用する製品によっても実際の感じ方が異なります。

 

USB Type-C は超便利

iPad Air 4 には USB Type-C 端子が装備されていますが、超便利に感じます。USB Type-Cハブを接続できるため、ワイヤレスWi-Fiマウスも利用できるのである。

ハッキリ言って、iPad でマウスを利用するのは使い勝手が悪くて非常に少ないのですが、PC周辺機器の USB Type-Cハブを利用できるのは助かります。

USBメモリ等の連携が便利に感じます。

 

ステレオスピーカー

iPad Pro と Air の違いの1つとして、スピーカーが挙げられますが、ステレオスピーカーでも全然問題ないと思います。

上下に1つずつ合計2つのスピーカーがあるため、横向きのノートPCスタイルの場合でも左右から聞こえる事になります。

 

 

iPad Smart Folio 購入レビュー

iPad Air 4 と同時に購入したスタンドも兼ねる iPad Smart Folio の購入レビューになります。

オートスリープ

カバーを閉じると自動的に iPad Air をスリープ状態にし、カバーを開くとスリープ状態から使用モードに瞬時に変更できるのは便利です。オートスリープ機能は便利です。

 

内側の肌触り&表面

触ってみるとフリースのような感じの触り心地になるので気持ち良いです。ディスプレイにホコリなどが付着している場合では、ちょっと綺麗になるといった程度に取れます。

表面に関して言えば、カラーによっても変わるといった感じになります。筆者の場合はネイビーを購入したのですが、この色は良くないと思います。

何故か?というと、白っぽい汚れが目立つ色だからです。購入するのであれば、ブラックやネイビーは避けた方が良さそうに感じます。

 

iPad Air Smart FolioとESR iPadケースの比較レビュー
皆さん こんにちは! Apple純正品のiPad Air 4のスマートカバーであるSmart Folioはマグネット吸着&オートスリープに対応していますが、この機能だけで言えば、他のメーカーも同様の製品があります。 しか...

 

iPad Smart Folioは持ち運ぶ用途に最適

iPad Air 4 を購入する場合では、ロジクールの Folio Touch キーボードケース 及び iPad Smart Folio も同時に注文したのですが、ハッキリ言って買わなくても良かったかな?と感じました。

というのも、ロジクール Folio Touch を使うと、重たいだけで他は満足してしまうのである。でも、通勤に持参するようになってから、購入して正解だった事に気が付きました。

Folio Touch は重たいのである。とてもじゃないですけど、持ち運びに適しません。自宅で使っているノートPCの方が軽いのである。

持ち運ぶ用途では iPad Smart Folio は必要に感じます。

 

 

iPad Air 4 及び Smart Folio 活用レビュー

iPad Air 4 を購入したのは仕事で必要になったというのが理由になります。今までも iPad mini を仕事や通勤で利用していたのですが、iPad Air 4に変更してどうだったのか?についての紹介になります。

仕事ではオフィスソフトを利用する

iPad シリーズを仕事に活用する場合では、オフィスソフトの有無は重要になります。本来であれば、標準でインストールされているアプリを利用した方が良いのですが、MicroSoft Office との互換性や使い勝手も影響します。

互換性が有ったとしても操作方法も含めて全部同じという訳ではないので、使い勝手という要素はとても重要です。

そうなると、MicroSoft Office をiPad でも利用するのが賢明の選択になるため、「Office for iPad」をインストールするのが良いと思います。

 

Collabora Office 及び WPS Office

筆者がiPad Air で使っているオフィスソフトは、WPS Office 、iPad mini で利用しているアプリは Collabora Office です。無料で使えるLibreoffice のiPadバージョンになります。

ファイルは iCloud に保存するのではなく、iPad 本体に保管されるため、オフラインでも使えるので便利です。

使い勝手については、LibreOffice よりも使い勝手が良くないです。日本語に対応すれば魅力的ですが、現時点ではWPS Officeの方が格段に良いと思います。

 

iPad Air 4 を通勤に持参してみた感想

通勤に持参する場合では、iPad mini の方が圧倒的に便利に感じます。ロジクール Folio Touch キーボードケースを装着した状態での持ち運びは苦痛です。

という理由で、通勤で持参する場合は、iPad Air 4 に Smart Folio を装着した上で、iClever タッチパッドキーボード IC-BK08 を持参するようにしています。