iPad mini 折りたたみ式タッチパッド・キーボードのレビュー!iClever IC-BK08

スポンサーリンク
iPad Review

 

皆さん こんにちは!

iPadシリーズで利用できるキーボードと言えば、Smart KeyboardやMagic KeyboardなどのApple純正キーボードケースがあります。

でも、これ以外でもBluetooth接続に対応したキーボードも利用できるので、自分にとって最適に感じるキーボードを選択できます。

特にタッチパッドにも対応していると便利に利用できるため、購入する場合は検討してみても良いのではないか?と考えます。

今回の記事は『出張に持参するiPad mini 5 と一緒に使用する機会のある iClever 折りたたみタッチパッド(トラックパッド)キーボードのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボード

iCleverのBluetooth接続タッチパッド付き折りたたみキーボードを出張に持参する機会があります。主にiPad mini 5 との連携で使っています。

 

 

iClever タッチパッド付き折りたたみキーボード 詳細

通常使用時 : 278mm × 90mm
折りたたみ : 158mm × 90mm
重量    : 208g

接続方式  : Bluetooth
付属品   : MicroUSB充電ケーブル、専用のキーボードケース

 

携帯に便利な折りたたみ式

折りたたみ状態にすると、コンパクトなサイズになり、キーボード部分もホコリなどによる汚れから保護する事が出来るため一石二鳥になります。

重量も208gなのでスマホよりもちょっと重たいといった感じになります。これならば十分に持ち歩いても違和感を感じる事は少ないと思います。

さらに付け加えると、専用のキーボードケースが付属されているので、携帯時はこのケースに収納して持参するのが最適になります。

 

タッチパッド搭載(クリックボタン付トラックパッド)

折りたたみキーボードの右側部分にタッチパッドを装備しています。左右のクリックボタンまで装備しています。クリックボタンは意外と大きいので押しやすいです。

でも、決して丁度良いサイズといった感じではないため、筆者のように過度に期待して購入すると実際に見てちょっとガックリする事もあるのではないか?と考えます。

ノートPCに装備してあるタッチパッドと比べると小さいので、この辺は割り切って使う事になります。左右のクリックボタンも装備してあります。

 

Bluetooth接続

iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボードはBluetooth接続での利用になります。そのため、最初に使用する場合はペアリングが必要になります。

筆者の場合は、iPad mini 5 と スマホの Pixel3aXL でペアリングしています。

 

スポンサーリンク

iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボードのレビュー

主に出張やCafeといった場所でiPad mini 5 と一緒に使っている iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボードのレビューになります。あくまでも気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

Bluetooth機器の切り替えボタンは便利

このキーボードの場合は最大で3台までのBluetooth機器とペアリングする事が出来ます。ペアリングしたPC機器との切り替えは専用の3つのボタンを切り替える事で可能となります。

例えば、スマホは1、iPadは2、PCは3のボタンといった感じでボタンを押すだけで簡単に切り替える事が出来ます。

この切り替えボタンは実際に利用して便利に感じます。

 

タッチパッドはノートPCよりも小さい

タッチパッドはノートPCに搭載されているパッドよりも小さいです。それでも折りたたみキーボードで便利に利用できるのは嬉しい部分でもあります。

実際に出張等でタッチパッドが搭載されていないキーボードを持参する場合では別途、Bluetooth対応のマウスが必要になりますが、このタッチパッド付きキーボードがあればマウス不要になります。

この点に関して言えば、とても便利なアイテムになります。別途にマウスを持参というのは余計な荷物感があるため、色々と考えてしまいます。

 

キーボードは小さい感あり

肝心要のキーボードに関してはどうなのか?と言うと、ちょっとボタンのサイズが小さい感じになります。このサイズに慣れてしまえば特に気になりませんが、慣れるまではちょっと注意が必要になります。

あと、数字キーに関して言えば小さいです。慣れても小さいな〜と感じるのでサブの用途で利用するキーボードに最適といった方が正解になります。

10キーは装備していませんが、英文字と日本語の変換は簡単に行えるため、文章入力は特に問題になる事はありません。

 

イマイチに感じる部分

長文を入力したいと思っていても、キーボードのサイズが幅は有っても奥行きが狭いのでボタン部分にもしわ寄せがきている感じになります。長文入力には不向きなキーボードになります。

 

スポンサーリンク

iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボード活用レビュー

出張やCafe等で使う機会がある iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボードの活用レビューになります。

 

 

出張報告の下書き作成に最適

いつも出張には iPad mini 5 を持参していますが、この場合に入力機器であるキーボードもセットで持ち歩きます。

通常であれば、Smart Keybord case に装着して持参する事になりますが、この場合だとタッチパッドが装備されていないため、別途、Bluetoothマウスを持参しないといけません。

結構これが余計な荷物といった感じになるため、最近では、iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボードを持参するようにしています。

余計な荷物感のあるBluetoothマウスを持参しなくても良いという便利さが魅力の1つになります。ほぼマウス代用という目的のために購入したと言っても過言ではありません。

 

Cafeでも使っている

出張だけでなく、Cafeにも出かける事が多く、この場所でも折りたたみキーボードを使う機会があります。

流石に長文入力には向いていないため、ブログ執筆はしていませんが、研究はしています。どういう事なのか?というと、実際にブログはノートPCで執筆しているので、あくまでも研究目的での利用になります。

研究目的であれば、どのように使っても特に問題ないので自由自在です。

 

ポジション的には外出専用

サイズや入力のし易さから考慮すると、メインの用途には不向きになるため、外出時というポジションで利用する目的が主任務になるキーボードになります。

ポジション的にはサブのキーボードと言った方が正解で、サブよりもちょっと機能が優秀なスーパーサブといった感じです。

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー
皆さん こんにちは! iPad mini を仕事に活用している場合も多いですが、主に通勤に持参する目的で購入しています。 というのも、電車通勤なのですが、いつも立っている場合が多いので、特に問題ないのですが、それでも週に...

 

iPad Air 4 でも連携活用できるのが便利(iClever IC-BK08)

iClever IC-BK08は、iPad miniで利用する目的で購入していますが、iPad Air 4に接続して利用する機会も意外と多いのが実情になります。

iPad Air 4 とも連携できる

iClever IC-BK08 タッチパッド付き折りたたみキーボードは基本的に外出時に持ち歩く用途に向いていますが、自宅で利用にも十分に対応できます。

何せ、タッチパッドが搭載されているので、自宅のPCが置いてある部屋に限らず、リビングといった部屋でもiPad Air に接続して利用できるのである。

基本的にはキーボードケースの方が便利に感じますけど、ドッキング装着すると、全体重量がメインで利用しているWindowsノートPCよりも重たくなってしまうので不便に感じます。

でも、このiClever IC-BK08 であれば、2つになってしまうデメリットはありますが、キーボードケースよりも圧倒的に軽量なので、この選択も十分に有りというのが個人的な見解です。

 

iPad Air 4 と連携する場合の補足事項

iPadでもスマートウォッチを利用できる場合がありますが、この場合はちょっと注意が必要になります。というのも、上手く機能しないといった感じなので、実際に利用する場合はスマートウォッチとの接続を一旦解除した方が良いと感じます。

iClever IC-BK08は複数のデバイスと接続できますけど、それはあくまでもデバイスのみなので、それ以外のパターンでは、他のBluetooth機器との関連も注意するのが賢明です。