濃いはちみつ生姜レビュー食レポ!生姜(しょうが)糖ドライフルーツ

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『生姜しょうが糖ドライフルーツの濃いはちみつ生姜レビュー 及び 食レポ』についての内容になります。

いつも黒糖生姜の飲み物を愛飲している事もあり、マンネリ化しているので食べる生姜糖にチャレンジしたくなったのである。お試しで購入したので食レポも含めて紹介したいと思います。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

濃いはちみつ生姜について

黒糖生姜のドライフルーツと比較する目的で「はちみつ漬け」バージョンの濃いはちみつ生姜をセットで購入したので紹介となります。

濃いはちみつ生姜 商品詳細

名称糖 : 生姜菓子

原材料 : 砂糖、生姜、蜂蜜、トレハロース、酸味料

内容量 : 200g

製造者 : 味源

 

生姜ドライフルーツのような、お菓子

生姜(しょうが)糖は食べるタイプの生姜糖ドライフルーツになります。それに対して、生姜湯は飲み物になります。

読み方は同じなのですが字が違うので間違う事は無いと思いますが、間違えたら大変な事になるので、購入する場合はパッケージも確認してから購入した方が賢明です。

とはいえ、間違えても「濃いはちみつ生姜」は生姜のドライフルーツになるため、お菓子のように食べてもOK、生姜湯のようにカップに熱湯を注いで飲食してもOKという万能タイプになります。

はちみつ漬けになっていますが、お砂糖がバッチリ付いているお菓子です。

 

原材料表記が気になる

食べる生姜がメインなので、生姜の方が多く含まれていると思っていたのですが、原材料欄を確認してビックリ!完全に予想が外れてしまったのは意外でした。実際には砂糖の方が多く含まれているのである。

パッと見る限りでは、どうみても生姜ドライフルーツの方が面積が大きいと思うのですが、気のせいでしょうかね?錯覚なのか?ちょっと分からないです。

お砂糖がバッチリこれでもか!と言わんばかりに付着しいているのですが、それでも生姜の辛さが完全に勝っているので、お砂糖が多いのは或る意味、納得できます。

想定外と言えば!蜂蜜が少ないのも逆に想定外。いかにも蜂蜜がメインのように表記されている商品名称なのに砂糖の方が多いというアンバランス。

 

スポンサーリンク

味源「濃いはちみつ生姜」レビュー

ネット通販で購入した食べる生姜糖の「濃いはちみつ生姜」のレビューになります。食べて良し、生姜湯として飲んでも良し!という事で、お試し購入となります。

蜂蜜と砂糖がたっぷり

生姜のドライフルーツを蜂蜜漬けにした上で砂糖をまぶしてある状態になります。どのぐらい漬かっているのか?食べた感じでは良く分かりませんが、漬かっているのでしょう!といった感じです。

砂糖が「これでもか!」と言わんばかりに付着しているので、見た感じでは、いかにも美味しそうに見えます。食べる前のイメージとしては辛いという印象は持ちません。

この状態で食べると大きなギャップでビックリする事になります。実際に食べた時とのギャップの差が大きい事に気が付くのである。甘辛くて美味しそうなイメージが一気に崩れ去ります。

 

1個あたりのサイズ

袋の中に入っている生姜ドライフルーツはスライスされて食べやすい状態になっていますが、1個あたりの大きさはサイズは全てバラバラになります。

大きなタイプもあれば、小さな物もあるといった感じなので、選んで取り出す時にまぶしてある砂糖が袋の外に出てしまうので大変です。

全体の砂糖がまぶしてあるため、こぼれやすいという特徴もあるので選んで取り出す際は砂糖がこぼれないように細心の注意を払った方が良いです。

気が付かないとが長蛇の列でやって来る事に繋がります。

 

内容量について

内容量は200gなのですが、生姜の辛さで、あんまり食べれないという事も影響してかあまり減らないです。

一見すると、200gでは少ないと感じるのですが、実際に食べてみると200gでも、ちょっと多いかも知れないという事実に気が付きます。

 

味源「濃いはちみつ生姜」食レポ

食べる生姜ドライフルーツの「濃いはちみつ生姜」についての食レポになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

レベルが違うぐらいの辛さ

黒糖生姜の飲み物と比べると生姜のピリ辛さがハンパないぐらいにワンランク上の辛さというのが率直な感想になります。

はちみつ漬け&お砂糖タップリの状態なのに、こんなに辛いのか!といった感じで眠気も一気に冷めてしまうぐらいの勢いで、一気に顔がポカポカになってしまいます。

真冬の寒い時期 又は 睡魔が訪れる14時頃に食べたいお菓子なのではないかな?と個人的に考えます。

 

噛めば噛むほど辛い

飲み物の生姜湯の場合では甘辛さがあって美味しく飲めますが、生姜ドライフルーツの場合は、はちみつ&砂糖たっぷりでも充分に辛いです。辛甘さという表現が似合っているお菓子だと思います。

口の中に入れたら噛む事になりますが、噛めば噛むほど辛さが滲み出るといった感じになるため、生姜の辛さの味しか感じられないといった感じ。

 

食べ慣れると美味しい

これを食べ慣れるのは時間も必要になると思うのですが、ところがどっこい、2~3日ちょこちょこと食べていると舌が慣れて来るので3~4日目頃には美味しく感じるようになります。

慣れてしまえば普通に食べれる状態になるので、スライスされている小さな欠片を1~2個食べ続けているのが丁度良いと思います。

何故か?というと、1個のサイズがバラバラなので特大に大きい物もあれば小さな欠片も含まれているのである。

 

 

味源「濃いはちみつ生姜」の飲食方法

生姜ドライフルーツの「濃いはちみつ生姜」の飲食方法についての紹介になります。

間食のおやつ

濃いはちみつ生姜を間食のおやつとして食べるのも良いと思いますが、どちらか?というと、昼食後に食べるのが最適だと考えます。

何故か?というと、濃いはちみつ生姜は生姜が完全に勝っている甘辛さなので眠気も一気に吹っ飛ぶからです。14時頃になると睡魔が訪れる感じなので、この時間帯に食べるとバッチリです。

昼食後の場合だと満腹になって眠気を誘発するため、仕事中は睡魔との戦いになります。まさに、この場面で有効に使えるのが「濃いはちみつ生姜」だと言えます。

たったの1つでも、口の中が辛さで充満しているので眠気も何処かに吹き飛びます。但し、これは筆者の場合なので必ずしも参考にはならないと思います。

 

生姜湯のように飲んでもOK

濃いはちみつ生姜を1つ湯のみ茶碗に入れて、熱湯を注ぎ、生姜湯として飲食するのも良いです。

熱湯の中に蜂蜜と砂糖が溶け出して来るため、生姜が余計に辛く感じますが、生姜湯のように飲めるので、これはこれで良いかな?といった気分になります。

実際にこの方法で飲食した場合の感想は、お湯の方は溶け出して美味しかったのですが、生姜は余計に辛さ(生姜の辛さが際立つ感じ?)を感じました。

ちょっと一長一短があるかな?というのが率直な感想になります。

 

糖分の摂り過ぎに注意

濃いはちみつ生姜は生姜の辛さが完全に勝っている食べ物になります。この商品は蜂蜜と砂糖がたっぷり含まれているため、糖分が相当に含まれていると思います。

1回あたりの摂取量に気を付けながら食べ過ぎにならないように注意した方が賢明の選択になります。

食べ過ぎると糖尿病の予備軍 又は 肥満にも繋がってしまう可能性もあるため、節度ある食べ方を心掛けた方が良いです。

 

 

黒糖生姜レビュー&飲みレポ!味源の国産「黒糖しょうがパウダー」
皆さん こんにちは! 今回の記事は『味源の国産の黒糖しょうがパウダーのレビュー 及び 飲みレポ』についての内容になります。 黒糖生姜の飲み物は風邪や咳などの症状の時 又は 冬の寒いシーズンに飲みたい飲み物の1つになります...
ポカポカ温まる飲み物の黒糖生姜と生姜ドライフルーツの黒糖生姜どっちが好き?
皆さん こんにちは! 今回の記事は『黒糖生姜と言えば、ポカポカの飲み物というイメージになるかも知れませんが、ドライフルーツの黒糖生姜糖もある』についての内容になります。 筆者の場合は黒糖生姜=飲み物だと思っていたので、間...