Googleスプレッドシートの使い勝手&メリット・デメリット

Officeアプリ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は「無料で利用できるOffice互換アプリである Googleスプレッドシートの使い勝手&メリット・デメリット」についての内容になります。

Googleスプレッドシートは、MicroSoft Office(Excel)互換アプリに該当しますが、利用方法はPCに限らずスマホやタブレット端末でも利用できるのが魅力的です。

しかもAndroid、iOSともに操作方法が共通なので利便性が高そうに感じます。

Googleスプレッドシートを実際に使ってみて、使い勝手はどうなのか?についての紹介になります。参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートについて

PCだけでなく、iPadスマホでも利用できるOffice互換アプリのGoogleスプレッドシートについての紹介になります。

スプレッドシートはOffice互換アプリ

Office互換アプリの場合は正規のOfficeファイルを開いて編集できるのが特徴の1つになっています。

有料で利用できるWPS Officeもあれば無料で利用できるLibreOfficeもあるため、Office互換ソフトも色々と種類が有って、どれが最適なのか?の判断が難しいと思います。

因みに今回紹介するGoogleスプレッドシートはGoogleアカウントがあれば無料で利用できるオフィスソフトになります。

 

iPadスマホでも利用できる

Android、iOSで利用できるのも特徴の1つになります。操作方法は両OS共通で利用できるため、AndroidスマホとiPadと使い分けする場合でも利用しやすいです。

OSによって操作方法が異なる場合では利便性も悪くなってしまうため、使いやすい端末に一本化する傾向が高いですが、これならば場所を問わず、いつでも何処でも利用できて便利です。

とはいえ、モバイル端末での利用では、ちょっとした編集する程度が最適と考えます。

 

ファイル自動保存

Googleスプレッドシートを利用する場合では基本的にGoogleドライブにファイルが保存されます。うっかり、いつものようにChromeブラウザを閉じてしまった場合でも、自動保存なので、また直ぐに入力できるのが助かります。

 

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートのメリット・デメリット

Windows PC と iPadでGoogleスプレッドシートを使ってみて感じたメリット・デメリットについての紹介になります。

メリット1(ローカル保存)

基本的にGoogleスプレッドシートの場合ではGoogleドライブに保存されますが、PCでも管理できるようにMicroSoft Excel形式にダウンロードできるようになっています。

いつもインターネットが利用できる環境であれば何も問題ありませんが、ネットに接続していない場所でアプリを利用する場合もあります。

この場合ではExcel形式で保存しておき、Office互換ソフトはPCにインストールして利用するという選択肢も行えるので便利です。

 

メリット2(自動保存)

Chromeブラウザで利用できるGoogleスプレッドシートは誤ってブラウザを閉じてしまった場合でもファイルを自動保存しているため、内容が消えてしまう事はありません。

この機能はとても便利に感じます。特にiPadで利用する場合ではアイコンをタップすれば直ぐに起動できるため、その恩恵が有るのではないか?と思います。

 

デメリット

ズバリ!デメリットに感じるのはどの部分なのか?と言うと、操作方法だと思います。特にExcel操作に慣れてしまった場合では違和感を感じます。

違和感程度であればそんなに大勢に影響は無いのですが、細かい部分を調整したい場合に困ります。ココで言う細かい部分に該当するのは「数値の3桁区切り」や「関数入力」等になります。

マクロも使えて便利なのですが、操作方法を把握しておく必要があるため、簡単には乗り換えられないのが実情です。

 

Googleスプレッドシートの使い勝手

Windows PC 及び iPad Air でGoogleスプレッドシートを使ってみた使い勝手についての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

PCでの使い勝手

Windows PCでのスプレッドシートの使い勝手になりますが、数値の3桁区切りなどのカンマを表示させたい場合は、ちょっとわかりづらいと感じます。

iPadで利用した場合よりも優しい表示設定になっているため、使いやすいと感じますが、実際に使い込んでみると、色々と違いが出てきます。

特に操作方法が異なると作業の効率化に影響が出るため、表計算ソフトに限って言えば、一本化した方が良いのでは?と感じます。

 

iPadでの使い勝手

GoogleスプレッドシートをiPad AirロジクールFolio Touch 及び iCleverタッチパッド付き折りたたみキーボードで利用した場合の使い勝手は微妙に感じます。

というのも、PCでは表示されていたファイルや表示形式などが表示されていないため、アイコンで判別しないといけないからです。

これでは作業効率も落ちると思います。例え、スプレッドシートに使い慣れていた場合でも、いきなりアイコン表示だけになった場合では効率化には繋がらないのでは?と思います。

とはいえ、ライトテーマで表示する事も出来る部分は便利に感じます。

 

一長一短に感じる関数入力

関数入力の方法がイマイチに感じます。関数ウィザードに慣れてしまった影響も関係して、いつもと同じ感覚で関数を挿入できないもどかしさ。

セルに直接入力も出来るため、関数の挿入に関しては使い易い配慮がされているのですが、操作に慣れていないと空回りすると思います。

 

Googleスプレッドシートはサブ限定が丁度よい

OfficeソフトをPCやモバイル端末で共通して利用する場合に便利に感じるのがGoogleスプレッドシートになりますが、実際に利用する場合ではサブの用途が最適に感じます。

メイン用途では心許ない

ファイルをGoogleドライブで管理しているため、自宅PCに限らず、スマホやタブレット端末を利用して、いつでも何処でも編集などの作業が行えて便利に感じますが、それでもメインの用途での利用は厳しいと感じます。

利便性が高いのは事実ですが、実際にメイン用途で使う場合では利便性よりも効率性が求められると思います。

より効率的に利用できるのか?を考慮した場合では残念ながら効率的ではないと感じます。

でも、慣操作方法に慣れてしまえば効率的な作業が行えるため、操作方法の理解は重要なポイントになると思います。

 

サブ用途が丁度よい

どうしてサブ用途が良いのか?と言うと、利便性が高いのが大きく影響しています。PCに限らずiPadスマホでも利用できるOfficeアプリなので使う端末を選ぶ必要がありません。

そういう便利さが有るため、サブ用途に徹する使い方が丁度よいと思います。サブと言っても人によっては2台目PCを購入した場合に利用する場合もあるため、この需要の用途でも十分だと思います。

 

Googleドキュメント・スプレッドシート Officeレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は「無料で利用できるOffice互換アプリである Googleドキュメント 及び Googleスプレッドシートの使用レビュー」についての内容になります。 MicroSoft Office互...