Googleドキュメント・スプレッドシート Officeレビュー

Officeアプリ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は「無料で利用できるOffice互換アプリである Googleドキュメント 及び Googleスプレッドシートの使用レビュー」についての内容になります。

MicroSoft Office互換アプリには有料で利用できる物もあれば無料で使える物もあります。無料で利用できるOfficeアプリの中には利便性が高いタイプや使い勝手がイマイチという場合もあるのが実情です。

Googleドキュメント、Googleスプレッドシートも無料で利用できるOfficeアプリなので、実際に使ってみてどうだったのか?についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

GoogleのOffice互換アプリ

GoogleのOffice互換アプリには、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドがあります。それぞれの特徴についての紹介になります。

Google Officeアプリの特徴

① Googleアカウント
Googleアカウントがあれば無料で利用できるため、Officeソフトを購入しなくても利用する事が出来ます。

 

② Googleドライブ
ファイルの保存先はGoogleドライブになります。

 

③ 自動保存
ChromeブラウザでOfficeアプリを使う場合では、いつものようにブラウザを閉じてしまう場合もあります。この場合に困るのがデータ保存。

でも、Google Officeアプリはデータが自動保存されるため、その心配がありません。

 

④ ローカルに保存
Officeファイルを保存する場合では基本的にGoogleドライブにて管理されますが、PCに保存したい場合もあります。この場合では各ファイル形式にダウンロードする事も出来ます。

 

Google Officeアプリの紹介

① Googleドキュメント
Chromeブラウザにて利用できるMicroSoft Word相当の文書作成ソフトになります。

 

② Googleスプレッドシート
Chromeブラウザにて利用できるMicroSoft Excel相当の表計算ソフトになります。

 

③ Googleスライド
Chromeブラウザにて利用できるMicroSoft PowerPoint相当のプレゼンテーションソフトになります。

 

スポンサーリンク

Googleドキュメントの使用レビュー

Googleドキュメントを実際に使ってみてどうだったのか?についての紹介になります。気になった事や感じた感想なので参考になるのか?分かりません。

使い勝手

パッと見て普通に使える操作感は良いのですが、逆に使い慣れていないと、おっかなビックリといった感じで利用できないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

そのように思うのはウェブに公開などの機能があるので、クラウドにファイルを保存する等のサービスを利用していない人にとってはハードルが高そうに感じます。

とはいえ、Wordを購入しなくても利用できるのは助かるのは事実ですから、使い慣れるのが良いかも知れません。

 

Word代用として使える

Chromeブラウザで利用できるWordといった感じのGoogleドキュメントなので、普通に文書作成が行えるといった感じです。

文書作成の用途で使うのであれば別に正規OfficeのWordを利用しなくても何ら問題ないのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

テンプレートも利用できる

文書作成では空白の状態から作成する事も有れば、テンプレートを利用して作成する場合もあります。

この場合に便利なのがテンプレートになりますが、Googleドキュメントにはテンプレートが充実とは言い難いですが利用できるため、何かしら1つは使えるテンプレートも見つかるかも知れません。

 

Googleスプレッドシートの使用レビュー

Googleスプレッドシートを実際に使ってみてどうだったのか?についての紹介になります。気になった事や感じた感想なので参考になるのか?分かりません。

一長一短に感じる部分

関数入力の方法がイマイチに感じます。関数ウィザードに慣れてしまった影響も関係して、いつもと同じ感覚で関数を挿入できないもどかしさ。

セルに直接入力も出来るため、関数の挿入に関しては使い易い配慮がされているのですが、操作に慣れていないと空回りする感じです。

 

セル入力は注意が必要

セルに数値を入力する場合は注意が必要になります。何に注意するのか?と言うと、10キー以外で数値を入力する場合が該当します。

ノートPC等ではたいていの場合は数値を入力する場合に便利な10キーは搭載されていない場合が多いと思います。

この場合では普通に数字を入力すると全角として入力されてしまうため、必ず半角英数で入力しないといけません。ちょっと面倒に感じます。

 

サブ用途での使い方が最適

Excel相当の表計算アプリなので使い方さえ理解しておけば便利に使えると感じるため、利用できる状態にしておくのも1つの方法になります。

でも、現状で言えば、メイン用途よりもサブ用途に徹する使い方の方が良さそうに感じます。筆者の使い方では残念ながらメインでは利用できないという印象です。

とはいえ、使い方は人それぞれなので自分にとって便利に使えればメイン・サブどちらでも良いと思います。

 

Google Officeアプリのレビュー「まとめ」

筆者の場合はプレゼンテーションソフトはあまり使わないため、Googleスライドについては実際に使っていません。

Googleドキュメントについて

Word相当の文書作成のドキュメントはiPadでも利用できるので便利に使えます。正規のMicroSoft Officeを購入しなくてもWEBブラウザ上で文書作成 及び 管理ができるのが良いです。

USBメモリーなどに文書ファイルをバッグアップしなくても簡単に引き出せるのが便利に感じます。

これもGoogleドライブでファイル管理できるお陰だと思います。

 

Googleスプレッドシートについて

Excel相当のスプレッドシートはiPadでも利用できるため、使い方を覚えてしまえば結構使えるのではないか?と考えています。

現在、キングソフトのWPS OfficeをiPadで利用していますが、使い勝手が必ずしも最適という訳ではないため、代用できるのであれば、変更したいかな?といった感じです。

正直のところ、現段階ではあまり使わなくても良いかな?というのが率直な見解になります。というのもセル入力する場合に文字と数値の入力に注意が必要だからです。

 

あまり利用していない

正規のOfficeソフト相当に利用できるGoogleのOffice互換アプリになりますが、筆者の場合は正直のところ、あまり利用していません。

今まで使っているOfficeソフトの使い方に慣れてしまっているため、これを使ったからと言って便利に感じるという訳ではないのが最大の理由になります。

但し、スプレッドシートに関しては使い方だけは覚えておいても損は無いので暇な時に学習する用途で使っています。

 

WPS Office LibreOfficeの使用・比較レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は「キングソフトWPS Office と 無料で利用できるLibreOfficeの使用・比較レビュー」についての内容になります。 Microsoft OfficeのWord、Excel、P...