ファスナー式トラベル圧縮収納バッグのレビュー!衣類圧縮2way収納トラベルポーチ

便利グッズ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『宿泊を伴う旅行に持参すると便利なファスナー式トラベル圧縮収納バッグのレビュー』についての内容になります。

宿泊旅行では着替え衣服が必需品になりますが、この場合に有ると便利に感じるのがトラベル圧縮収納ケースになります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ファスナー式トラベル圧縮収納バッグ

旅行や出張の用途で使っているファスナー式トラベル圧縮収納ケース(トラベルポーチ)についての紹介になります。

ファスナー式トラベル圧縮収納バッグの仕様

通常時: 350mm × 250mm × 20mm
展開時: 350mm × 250mm × 160mm

重量 : 145g

サイズ: Mサイズ、ブラック

備考 : 撥水加工、ファスナーポケット2つ、マチ幅拡張

 

2つのファスナーポケット

ファスナー式トラベル圧縮収納ポーチは、表裏両面にファスナーポケットを装備しています。

ファスナーポケットが1つだけの場合では、衣類を分けて収納するといった芸当を行うには収納袋などを用意する必要があります。、表裏両面に収納できるようになっている場合では、収納袋を用意しなくても良いです。

また、汚れ物衣類と綺麗な衣類を分けて収納する事も容易なので宿泊を伴う旅行に持参すると重宝します。

但し、旅行で便利に使う場合はサイズも重要になります。残念ながら小さいサイズでは使い勝手が良いとは言えないからです。

 

マチ幅拡張&ファスナー圧縮

100円ショップで販売している圧縮収納袋を利用する場合では、袋に衣類を入れてチャックで閉じてからクルクル巻きながら空気を押し出す必要があります。

この場合のデメリットとしては、収納枚数が少ない&意外と圧縮作業が大変なのと、巻きながら空気を押し出す事になるため、シワになりやすいという点に尽きます。

でも、ファスナー式トラベル圧縮収納ケースの場合だとファスナーマチ幅を拡張して広くし、衣類を収納してファスナーで閉じれば良いので簡単です。

但し、両面に収納した場合ではイメージしていたよりも厚みが有ると言った方が正解になります。

 

スポンサーリンク

2ルーム構造のトラベル圧縮収納ケース

2ファスナーポケットを装備しているトラベル圧縮収納ケースになりますが、サイズによっても使い勝手異なるため、購入する場合は大きさも考慮した方が良いです。

Mサイズは丁度良い大きさ

筆者の場合は宿泊を伴う旅行では、スーツケースを利用しないで普通のリュック(バッグパック)を愛用しています。

スーツケースの場合では確かに移動が楽なので便利ですけど、階段を移動できないので歩く場所を選ぶ必要があるので逆に不便に感じます。

リュックで旅行する場合ではサイズに合わせて衣類収納ポーチも選ぶ必要がありますが、愛用しているカリマーのイクリプス27でも問題なく使えるMサイズが丁度良いと感じます。

スーツケースの場合であれば、1つ上のLサイズという選択肢もありますけど、旅行ではリュックなので一回り小さいMサイズで問題ありません。

 

Mサイズの厚み

圧縮時 : 20mm
展開時 : 150〜160mm

※ 片面75mm程度の厚みになります。

 

仕分け収納が便利

表裏2箇所にファスナーポケットが装備されているため、圧縮しても問題ない着替え衣類を2箇所に分けて収納する事が出来ます。

この場合の注意事項は、片面だけ収納すれば沢山の衣類が収納できると勘違いしてしまう事です。

マチ幅を拡張した時に真ん中部分に仕切りが入っているため、片面だけ収納しても75mmまでしか収納できません。

とはいえ、生地が柔らかいですから多少はサイズ以上に収納する事が出来ます。

 

ファスナー式トラベル圧縮収納バッグのレビュー

旅行や出張の用途で利用しているファスナー式トラベル圧縮収納ケースのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

残念に感じる部分

片面だけ収納したい場合では、75mmの厚み部分しか利用する事が出来ないのが唯一の残念に感じる部分になります。

このファスナー式トラベル圧縮収納ケースをフルに使うのであれば必ずではないですが、両面に収納しないといけないのである。

宿泊日数によっても持参する着替え衣類は異なりますし、旅行する季節も関係あると思います。真ん中にある仕切りは着脱できる方が良かったな~と感じました。

 

トラベルポーチの使い勝手

ファスナー式の圧縮収納ケースの使い勝手は、久しぶりに旅行グッズとしては良い買い物をしたのではないかな?と思ってしまうぐらいに良い印象になります。

あえて言えば、Mサイズの場合はリュック(バッグパック)に最適ですが、出張ではスーツケースで出かける場合もあるため、必ずしもMサイズが最適という訳ではないのです。

Lサイズも購入しておけば良かったかな?といった感じになります。とはいえ、用途は有っても実際に宿泊を伴う旅行や出張の回数は少ないのでLサイズを買わなくて正解でした。

旅行にはどのようなバッグで行くのか?も関係あるため、自分にとって最適なサイズを選んだ方が良いです。

 

2wayで使えるのが便利

基本的にはファスナーで圧縮して使いますが、別に圧縮しなくても利用できる部分が良いと思います。この使い方はリュックでは厳しいですけど、スーツケースであれば容易いです。

遠方への出張の場合では、出発時は圧縮しないで収納し、帰りのパッキングでは圧縮して持ち帰るといった事を行っています。

このパターンの場合では底面には何も収納していません。厚み的に丁度良いです。

 

 

ファスナー式トラベル圧縮収納ポーチの使用レビュー

旅行や出張の用途で利用する目的で購入して使用していますが、この用途だけで使うのは勿体ないため、日常生活の用途でも使うように心掛けています。

気になったのは用途が少ない事

旅行以外の用途で活用できれば良いかな?と考えた時に、具体的にどんな用途での使い方があるのかな?と逆に考えてしまうぐらいに活用の幅が狭いです。

旅行便利グッズの場合は旅行以外では不便な場合が多いので購入する場合は少なくとも日常生活でも使えるのか?という部分を考慮した方が良いと思います。

この部分を考慮しないで購入すると、最悪の場合、実際に使うのは旅行時のみという選択に落ち着いてしまうため、勿体ない買物をしてしまう結果に繋がります。

 

日常生活での活用

乾いた洗濯物を一時的に収納する用途に活用しています。特に下着や靴下、タオルなどの衣類の一時保管庫の役割になります。

特に回転率が高い衣類の場合では、毎回綺麗に畳んで収納するというのは面倒に感じます。どうせ直ぐに着るのだから別に綺麗に畳まなくても問題ないだろう!と思うからです。

正に、この用途に最適なのが、このファスナー式トラベル圧縮収納ケースになります。両面使えますし、サイズ以上に収納できます。

但し、デメリットもあります。確かに用途的には最適なのですが、構造上、厚みは75mmプラスα程度に限定されてしまうため、そんなに収納できない事です。

 

 

イーグルクリークPack-itスペクターキューブのレビュー!旅行トラベル衣類収納ポーチ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行トラベル衣類収納ポーチの超軽量イーグルクリークPack-itスペクターキューブのレビュー』についての内容になります。 宿泊を伴う旅行には着替え衣服を持参しますが、軽量な衣類収納ポー...