薄型 Wi-Fi ワイヤレスマウス USB充電式 レビュー(DeliToo)

PC & Accessories
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

仕事や生活の用途で利用しているWindowsノートPCの周辺機器は基本的には4つ有りますが、その中でもセットで利用しているのはマウスになります。

マウスがないと始まらないと言っても過言ではないぐらいにマウスが必須の状況になっています。とはいえ、ノートPCなのでタッチパッドも利用できます。

とはいえ、ドラッグ&ドロップ操作やウェブページ閲覧といった用途では、タッチパッドよりもマウスで操作した方が圧倒的に便利に感じます。

今回の記事は『薄型Wi-FiワイヤレスマウスUSB充電式レビュー(DeliToo)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

薄型 Wi-Fi ワイヤレスマウス USB充電式

プライベートや仕事用途で利用している薄型Wi-Fiワイヤレスマウス(USB充電式)の紹介になります。同じ種類のマウスを2つ所持して使っています。

DeliToo 薄型 Wi-Fi ワイヤレスマウス 仕様

サイズ : 112mm 58mm 23mm
重量等 : 70g

伝送等 : ワイヤレス 2.4G
充電等 : USB充電式(MicroUSB)

本体等 : ワイヤレスマウス本体、USBレシーバー
付属品 : マウスパッド、充電ケーブル、日本語説明書

備考等 : 7色イルミネーションライト、スリープモード搭載、静音

 

超薄型の形状

マウス本体は厚みが23mmだけあって超薄型に感じます。そのお陰もあり、ポケットにスッポリ収納できるので携帯性も抜群に感じます。

幸いな事にUSB充電式なので本体重量も軽量なので携帯しても問題ありません。

 

マウスパッド付き

一番意外だったのはマウスパッドが付属されている事に尽きます。マウスを買ってマウスパッドが付属されるなんてラッキーに感じますが、必ずしも最適という訳ではないのも実情になります。

というのも、一緒にマウスパッドを買っている場合では、よく確認しておけば良かったといった気分になってしまうからである。

もっとも予備のマウスパッドとして保管しておけば良いので、これはこれでラッキーかも知れません。

 

スポンサーリンク

薄型Wi-FiワイヤレスマウスUSB充電式の機能

ここでは、DeliToo 薄型 Wi-Fi ワイヤレスマウスの機能についての紹介になります。魅力的に感じる機能はスリーブモードですがUSB充電式も便利に感じます。

省エネ・スリープモード搭載

ワイヤレスマウスにスリープモードが搭載されている関係で省電力にも繋がるため、待ち受け時間も長くなります。

利用できるスリープモードは「一級省電力モード、二級省電力モード、知能スリープモード」の3種類あります。必要に応じて選択できないみたいです。

時間によって自動的に変更されるようになっている模様です。

 

7色イルミネーションライト

マウスの電源ONにするとレッドが点灯しますが、イエロー、ブルーといった感じでライトの色がクルクル変わっていきます。

最初のうちは、7色イルミネーションライトは面白いな~と感じますが、慣れてしまうと別に光らなくても良いかな?といった気分になります。

 

充電方法はUSB充電式

ワイヤレスマウスの場合では乾電池式が多いのですが、このマウスはUSB充電式になります。USB充電の場合では、もしものバッテリー切れになった場合に充電しながら利用できるのが便利です。

それに対して、乾電池式の場合では、電池のストックがあれば良いですけど、無い場合ではコンビニ等に買いに出かける必要があるため、ちょっと大変です。

そのため、もしものバッテリー切れ対策でも安心なUSB充電式は便利に感じるため、メインで利用しているノートPCにおいてはUSB充電式を購入しています。

因みに、充電中はブルーライトが点灯します。

 

薄型Wi-FiワイヤレスマウスUSB充電式のレビュー

ここでは、7色イルミネーションライトに対応しているUSB充電式の薄型Wi-Fiワイヤレスマウスの使用レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

ゲーミングマウスパッド「手首 疲労軽減」レビュー(PCアクセサリー)
皆さん こんにちは! メインで利用しているパソコンはWindowsノートPCになりますが、タッチパッドは使わずにマウスを好んで使っています。タッチパッドを使わない理由はタッチパッドのサイズが小さいので便利に感じないからです。 ...

USB充電のメリット&デメリット

DeliToo薄型Wi-FiワイヤレスマウスはUSB充電に対応しているので、もしものバッテリー切れになってもUSB充電しながら利用できるのがメリットになります。

メリットが有るという事は当然ながらデメリットもあります。それは、付属のUSBケーブルがMicroUSB(USB Type-A と MicroUSB)なのである。

Androidスマホを所持していますが、充電端子はUSB Type-Cですから、別途3in1充電ケーブルが有った方が便利に感じます。

 

イマイチに感じる部分

USBレシーバーがマウス本体裏面に格納されているのですが、簡単に取りはずしできません。爪で外そうとすると爪が折れるのでは?と心配になるぐらいに固いです。

出張等も含めてこのマウスをどこかに持ち歩くのであれば、USBレシーバーをちょっとはめている程度にしておく事をお勧め致します。

しっかり奥まではめ込んでしまうと簡単に外ずせないですから、爪以外の何か別のモノでかつ、USB端子が壊れない物で外した方が良さそうに感じます。

 

薄型マウスの使用レビュー

本体価格もそれなりに安く購入できる事もあり、全体的に安っぽさがあります。特にUSBレシーバーを格納する場所がこんなに固いのか!には驚きました。

安く購入できる場合では細部に詰めの甘さが目立つような気がするのは気のせいでしょうか?これ以外は特に不満に感じる部分はないので便利に使っています。

というのも、予備も含めて同じマウスを2種類購入しているので、それなりに満足しているのではないかな?と個人的に考えます。

あと、実際の操作感については、薄型タイプではない通常タイプが使いやすいと感じます。Bluetoothワイヤレスマウスと比較した結果、そのように感じました。

 

スポンサーリンク

ワイヤレスマウスの比較レビュー

現在、Chromebookで使っているBluetooth接続のワイヤレスマウスと、薄型Wi-Fiワイヤレスマウスを利用しています。実際に使い比べてみると色々と気がつく事も多いので、その紹介となります。

Chromebook Bluetooth マウス 使用レビュー(ELECOM)
皆さん こんにちは! Chromebookでは基本的にタッチパッドを搭載しているため、マウスを利用しなくても便利に使えますが、それでもマウスが必要に感じる場面が訪れます。 例えば、ドラッグ&ドロップ操作が良い例なのではな...

ワイヤレスマウス比較「操作感」

① Bluetoothマウス
使用しているのは通常タイプのELECOM乾電池式のワイヤレスマウスになります。乾電池式なので持った場合はズッシリ感があるので持ち運びに適しません。その代わりに、しっかりと持つ事ができるため、実際の操作感は良好です。

5本の指をしっかり載せる事ができるので指が疲れないのも関係あるのでは?と感じます。

 

② 薄型Wi-Fiワイヤレスマウス
薄型マウスの場合では、マウス本体の高さが低いので違和感を感じます。しっかり指を載せる事ができない感じになるので、これが違和感の正体かも知れません。

慣れてしまえば何ともないのですが、慣れるまでに時間が掛かったので特に印象が残っている感じです。

 

通常タイプと薄型マウスどっちが良いのか?

ワイヤレスマウスに限った話ではないのですが、通常タイプと薄型マウスはどっちが良いのか?と言えば、用途によっても異なると思います。

自宅で利用するのであれば、通常タイプのマウスが最適に感じます。やっぱりしっかり指を載せる事ができる方が疲れにくいと感じます。

それに対して、外出先等に携帯するのであれば、薄型ワイヤレスマウスが最適です。マチ幅のないポケットにもスッポリ収納できるサイズ感なので快適です。