大航海時代6造船攻略!エピック船(ダトゥ・カランチャウ)造船報告

大航海時代6

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『大航海時代6の造船報告です。エピック船(ダトゥ・カランチャウ)造船報告』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

エピック船ダトゥ・カランチャウについて

エピック船ダトゥ・カランチャウについての紹介になります。この船を入手する場合は仲介所の日替り雇用でジュエルを消費して購入 又は 造船所で建造の2択になります。

 

 

交易艦隊向きの船

ダトゥ・カランチャウは交易艦隊向きの船になります。積載枠に関して言えば、それほどズバ抜けて優れているという訳ではないですが、船体の物資がAランクになるため、レベルが上昇すればするほど、船体能力が強化される事になります。

その結果、物資を多く積めるため、より遠くに港に補給しないで行けるようになるため、航続距離も長くなります。

特に交易では、いつも近場とは限らないですしから、後続距離の長い船も交易艦隊に編成しておいた方が良いと考えます。

 

ダトゥ・カランチャウの船特性

船特性は海底地形図になります。どのような船特性なのか?と言うと、東南アジア航海士が艦隊に編成されていると、船が座礁した場合の被害を軽減する効果があります。

特にトゥカタ 又は 楊徳興をパートナーにした場合では、東南アジアへの交易がメイン又はサブになるため、船が座礁する事が多くなります。

船が座礁すると船体の耐久も減少するので、座礁時の被害を軽減できる船特性があると交易にも恩恵を受ける事が出来ます。

 

東南アジア航海士の編成を

ダトゥ・カランチャウの船特性の海底地形図は、あくまでも東南アジア航海士が艦隊に編成されていないと、この恩恵を受ける事が出来ません。

東南アジア航海士は必ず1人以上を交易艦隊に編成して下さい。そうしないと、船特性を活用する事が出来ません。

別に船特性なんてどうでも良いと考えている場合は、航海士は誰でも良いです。

 

スポンサーリンク

エピック船ダトゥ・カランチャウ造船(建造)報告

エピック船であるパバッキーを建造した同じ材料で造船できる高レアのエピック船ダトゥ・カランチャウの建造報告になります。

 

 

ダトゥ・カランチャウ材料

① 建材1 : 釘
② 建材2 : 救命具
③ 建材3 : 釘
④ 内装品 : ヴェネツィアングラス
⑤ 支援品 : バナナケーキ

 

建造コストが安価で魅力的

ダトゥ・カランチャウの建造費用は6650ドゥカートになります。エピック船なのに、こんなに安価な費用で建造できるのである。

建造にあたって使われている材料も比較的に安価であり、しかも入手しやすい材料になっているのも特徴の1つになります。

救命具や釘に関していえば、戦利品の宝箱から入手する材料になるため、マーケットに加えて、戦利品の宝箱からも入手できるのが魅力的です。

 

建造できたのは1隻のみ

ダトゥ・カランチャウは交易艦隊向けの船になりますが、まだ1隻しか建造できていないため、即戦力とは言い難いのが実情になります。

高レアのエピック船だったとしても、たったの1隻では船RANK1なので最大レベル20止まりになってしまいます。これではレベル上限開放できないため、積載枠を増やす事が出来ません。

それに船特性(海底地形図)もレベル1の状態で停滞する事になるため、航海中に座礁すると、あまり船特性の恩恵が受けられない事になります。

特に交易の場合では、航続距離が長くて積載枠数も多い方が戦力になるので、最低でもRANK4以上にしたいところです。

 

スポンサーリンク

 

ダトゥ・カランチャウとパバッキーどっちが魅力的?

全く同じ材料でエピック船のダトゥ・カランチャウとパバッキーが建造できるのですが、両方とも交易艦隊向けのエピック船になります。どっちが魅力的なのでしょうか?

 

 

船特性で考慮した場合

パバッキーの船特性は投資訓練室になりますが、これはインド航海士が艦隊に編成されていると港の投資効果が増加する能力になります。

それに対して、ダトゥ・カランチャウの場合は海底地形図になるため、東南アジア航海士がいると座礁時の被害を軽減する能力となります。

どっちが良いのか?と言えば、どっちでも別に何ら問題ないと思ってしまうのは気のせいでしょうか?あえて言えば、投資効果が増加する船特性の方が各港の投資レベル上昇に役立つ事になるため、パバッキーの方に軍配が上がるのでは?と考えます。

 

船体で考慮した場合

船体で考慮した場合ではどうなるのか?というと、パバッキーもダトゥ・カランチャウも船体の物資に関しては両方ともAランクなので甲乙つけがたいです。

異なるのは耐久と積載枠になります。レベル1の状態で船の積載枠5あるパバッキーの方が魅力的に感じます。

耐久に関しては、ダトゥ・カランチャウの方がBランクになるため、優れているのですが、交易艦隊の場合は積載枠が多い方が使えると思います。

 

総合的な結論

あくまでも筆者の場合に限定されますが、パバッキーとダトゥ・カランチャウを比較した場合では、積載枠がSランクのパバッキーの方が優秀になるのでは?という見解になります。

その1つの理由としては、複数隻のパバッキーを建造できているので船のRANKもダトゥ・カランチャウよりも高いです。

 

大航海時代6造船攻略!エピック船(パバッキー)造船結果の報告
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6の造船報告です。高レア船(エピック)のパバッキー造船結果の報告』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 エピック...

 

コメント