大航海時代6攻略日記!新しい港は航続距離の長い艦隊で早期に発見を

大航海時代6

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『大航海時代6では、新しい港は航続距離の長い艦隊で早期に発見しておいた方がストーリー攻略に役立つ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

大航海時代6を効率的にプレイする場合

大航海時代6のゲームをプレイする場合では効率的に資金稼ぎや造船、艦隊整備も必要になりますが、これらはどのように行えば良いのでしょうか?

 

 

世界地図の整備は必須

効率的にプレイする場合では世界地図の整備は欠かせないです。未開地の場合ではどこに港が有るのか?分からない状態になるので、効率的に資金稼ぎを行うのは難しいです。

少なくとも効率的に資金稼ぎを行う場合では、多くの港を発見しておくのは勿論のころ、各港で購入できる様々な交易品を把握する事も必要になります。

そうでもしないと、何処の港ならば相場よりも安く入手できるのか?という部分にも影響を及ぼす事になるからです。

また、ストーリーを制覇して万歳!といった場合でも、大航海時代というゲーム名称なのに世界地図を見ると真っ黒になっている部分もある状態というのも何かしっくりと来ないと思います。

最終的には未開地がないように世界地図を完成した方が良いと思います。

 

各任務に対応できる艦隊の整備

効率的にプレイするには新しい港を発見する事も必要になりますが、その港を発見するには艦隊の整備が必須になります。

艦隊といっても、大航海時代6では少なくとも3つの任務があるため、その3つの任務に対応できる艦隊の整備が必要になります。

最低でも交易・探検・海賊討伐の3艦隊は整備しないといけません。

また、新しい港を発見する場合では、どの艦隊が対応するのか?という事も重要になります。航続距離が短い艦隊の場合では新しい港の発見には不向きになるからです。

 

スポンサーリンク

新しい港は早期に発見しておいた方が良い

どうして新しい港を早めに発見しておいた方が良いのか?というと、各パートナーのストーリーを攻略する上で港が必要になるからです。

 

 

パートナー変更した場合の対策に繋がる

パートナー変更すると、商館のある港も変更になりますが、この場合では必ずしも近辺の港の投資レベルが高いという訳ではありません。

当然の事ながら、投資レベルは1〜2という場合の方が逆に多いと思います。この状態で毎日のように高レア造船に励んでしまうと、資金が枯渇してしまいます。

せっかく新しいパートナーのストーリーを攻略するぞ!と思っていても資金が続かないので結局は以前のパートナーに変更するしかなくなってしまいます。

次のパートナーに変更しても大丈夫なように先行して新しい港への投資も行っておく必要があります。

 

納品依頼などのクエストにも役立つ

◯◯の港に交易品を届けて欲しい』という依頼クエストもありますが、この場合に役立ちます。お届け先の港が既に発見している場合では委任航海を利用する事が出来ます。

それに対して、港を発見していない場合では、港を見つけないといけないので納品も大変になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

新しい港の発見には艦隊の整備が必須

大航海時代6では、未開地にも足を運んで新しい港を発見する目的もありますけど、この目的を達成するには、この目的に対応できる艦隊整備も必要になります。

 

 

航続距離が長い艦隊の整備

新しい港を発見する目的の船旅では、航続距離が長い艦隊を整備しないといけません。航続距離が短くても近辺の港で補給しながら移動できれば問題ありません。

でも、新しい港の場合では未開地にあるため、どの辺りに港が有るのか?分からない状態になります。それこそ探し回る事になります。

探し回ると余計に物資を消費する事になるので、航続距離も短くなってしまうのが実情です。そのようにならない為にも航続距離が少しでも長くなるような艦隊の編成が望ましいです。

海賊討伐艦隊の整備を中心に行っていると、新しい港の発見が疎かになりやすいです。

 

艦隊の積載量も考慮

新しい港を発見する旅の場合では艦隊の積載量も考慮した方が良いです。というのも、新しい港を発見した場合では港の投資レベル1になります。

投資レベル1の状態では、とてもじゃないですけど交易に役立つというレベルではないです。それこそ物資を補給する目的での寄港になってしまうのが実情になります。

船の物資を補給するにしても資金が発生するので、資金を稼ぎながら次の港に移動するというパターンが望ましいです。

その為には艦隊の積載量をある程度、増やしていく艦隊編成が望ましいです。レベル3程度にしておくと使える港になります。

 

大航海時代6の世界地図(地球儀)

大航海時代6をプレイしていると、ふと気になるのは世界地図になります。既に到達している場所と未開地とで色分けされています。

 

 

港がいくつ有るのか?不明

そもそも大航海時代6では、港はいくつ設定されているのでしょうか?全くと言って良いほど分からないと思います。

それこそ世界地図の地球儀を見て、真っ暗になっている部分(未開地)を探索に出かけて調査してみないと分からない領域になります。

でも、このような未開地に行くにも、暴風雨ネズミ発生船員の士気低下といったように様々なトラブルも発生するので、その対策も必要になります。

それだけでなく、海賊船も横行しているので襲撃対策も疎かにしてはいけません。

 

全ての港を発見する楽しみ

港が全部でいくつ有るのか?というのが初めから分かっていれば、消去法で1つずつ潰して行けば問題ないのですが、このゲームは港の数が分かりません。

という事は、自分で全ての港を発見するという楽しみも有るという事になります。つまり、全ての港を発見するイコール地球儀を完成させるという事にも繋がります。

ストーリーの攻略に詰んでしまった場合や、もう既にストーリーを全て攻略してしまった場合でも、楽しめる要素が用意されているのは助かります。

 

スポンサーリンク

 

港を発見しておかないと困る事

港を全て発見しておかないと困る事があります。それは、パートナー変更した場合や手紙&納品依頼のクエストで困る展開になります。

 

 

探検依頼のクエストで困る

遺跡調査などの探検クエストの場合では、商館のある近辺への調査とは限りません。とんでもなく遠方に行く事になる場合もあります。

このような場合では、探検値の近くまで委任航海で移動して、そこから探検場所に移動するのが最適になります。

でも、探検場所の近くに港がない場合では、港を探しながらの移動になるため、熱波によるダメージや海賊船からの襲撃に遭いやすくなってしまいます。どちらの場合でも航行に影響を及ぼす事になります。

特に天候が関係している場合では、物資が通常よりも多く消費するので、物資が尽きる事もあります。物資が尽きてしまうと強制的に商館に帰還する事になるため、また移動のやり直しになってしまいます。

 

手紙&納品依頼で困る

港を発見していない場合では、手紙や納品の依頼を受注した場合でも困ります。受注したは良いけど、世界地図に港がない!という展開になってしまいます。

この場合では自動航行モード委任航海して移動が出来ないため、ネットで検索してだいたいの位置関係を頼りに新しい港を発見する手間が発生します。

そういう時に限って流氷に激突したりして艦隊の耐久値も減ってしまうものです。

 

大航海時代6攻略日記!港の投資レベル5にして効率的な資金稼ぎを
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6で効率的な資金稼ぎを行う場合は港の投資レベル5にするのが最適』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 大航海時代...
大航海時代6攻略日記!商館経営・交易・探検・海戦どれも重要な役割
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6の攻略には、商館経営・交易・探検・海戦どれも疎かに出来ない』についての内容になります。 なぜそのような要約になるのか?と言うと、筆者は無課金プレイヤーになるため、どうやった...

コメント