大航海時代6攻略日記!トゥカタ2章10節のミャンマー艦隊は難敵

大航海時代6

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『大航海時代6のトゥカタ2章10節(ミャンマーの将軍)は2章最後の難敵』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

大航海時代6のトゥカタ2章10節

トゥカタ2章1節のシダーウッド集めでも大変苦労したというのに、最後の10節でまさかの難敵が出て来るとは・・・想定はしていましたけど、強くて全く勝てません。

 

 

普通に海戦して勝てない

いつも1回目は海戦で役立つアイテムは全く使用しないで戦闘しています。なぜか?というと、どのぐらいの強さなのか?知るためです。

感触としてジュエルを消費しなくてもどうにかなりそうなのか?を先ず確かめているのである。結果は、見事に惨敗。

このミャンマー艦隊の戦闘力は6819あります。それに対してこちらの戦闘力は4646なので、その差は2173と圧倒的に少ないので、負けて当然なのである。

シャーリアール4章の赤髪との最終決戦でも苦労しましたけど、このミャンマー艦隊も強いです。

 

ミャンマー艦隊の戦闘力は6819

1回目は何かよく分からなかったんですけど、敵の砲撃に当たると致命的とは言わないですけど、被害が甚大といった感じで応急修理が間に合わない感じでした。

一度、商館に戻ってから再出撃して、2回目にもう一度、全く同じ編成で再チャレンジしてみたら、何かよく分からないですけど、スキルを発動している感じで、そのスキル発動後に砲撃を受けると艦隊の被害が大きいという事に気が付きました。

砲撃被害を軽減できる編成じゃないと駄目だな〜という事を学習しました。

 

スポンサーリンク

ミャンマー艦隊への対策として航海士を再編成

過去2回の海戦で学習したことを考慮して、砲撃被害を軽減できる艦隊の編成が必要だと感じまして、この砲撃被害対策を実施しました。といっても変更したのは1箇所だけです。

 

 

航海士の再編成

① Lv50 ロッコ・アレムケル
② LV30 エヴァ・マーテロー
③ LV39 グラート・ザネッティ
④ LV40 カトリーヌ・ド・メディシス
⑤ Lv38 イネス・カミーロ
⑥ Lv47 エミリー・カルヴァーリョ

 

航海士の選定理由

① ロッコ&エミリー
ロッコとエミリーに関して言えば、個人的に好きなので不動のポジションになっています。この2人に限っていえば、最後まで変更しないでおきたいというのが本音です。

 

② エヴァ・マーテロー
2番手はいつも白兵戦攻撃が出来る航海士にしているので、ウルグの代わりにエヴァ・マーテローに変更したのが最大の変更点。

移動速度も上昇できるスキルも持っているのでレベル30しかないですけど、個人的な判断になります。今回初めて編成になります。

 

③ グラート・ザネッティ
連続砲撃できるスキルを持っているので、海戦で役に立つかな?ということで編成している航海士になります。特に思い入れはないので、いつでも交代できる要員になります。

 

④ カトリーヌ・ド・メディシス
砲撃防御力を上昇するスキルを持っているので、必ず編成している航海士になります。

 

⑤ イネス・カミーロ
旗艦の耐久を回復 及び 一定時間状態異常に掛からなくなるスキルを持っているので必ず編成しています。

 

スポンサーリンク

 

ミャンマー艦隊と海戦(3回目のチャレンジ)

白兵戦の航海士をウルグ・アリからエヴァ・マーテローに変更しただけなので、基本的には大して変わらないという事もあり、アイテムを使って勝利するという考えで臨みました。

 

 

3回目は4つアイテムを使ったけど敗北

今回は海戦で役立つアイテムを4つ使いました。酒場(休憩所)で貰ったアイテムを使っただけなんですけど、無駄になってしまったのが残念です。

アイテムを使っても勝てないという事は根本的に艦隊の戦闘力が足りていないという事を意味するので、2173も低いので無理なんだな〜と感じました。

でも、回復が間に合わない感じだったので、回復が間に合えばどうにかなる!という感触を得ました。

 

旗艦の耐久の回復が間に合わない

旗艦の耐久を回復するスキルを持っているイネス・カミーロと被害のもっとも大きい船の耐久を回復するエミリーが居るのにも関わらず、耐久回復が間に合わないというのが結論になります。

逆を言えば、これさえ、どうにか出来れば、全てのアイテムを使えば何とかなる!のではないか?と考えました。

 

ミャンマー艦隊の攻略対策(2回目の再編成)

3回目の敗北結果で耐久回復が全く追い付いていない事が判明したので、イベントストーリーのスヴォルドの海戦でもらったハルフレズ・オッタルソンを活用する事にしました。

 

航海士を変更(2回目)

旗艦の耐久回復が間に合わないのであれば、旗艦の耐久を回復できるスキルを持っている航海士を増やせば良いんだ!という発想に至りました。

その結果、いつでも交代できる要員であるグラート・ザネッティからハルフレズ・オッタルソンに変更。

このキャラは白兵攻撃力も上昇できるので、白兵攻撃にも役立つのである。

 

艦隊構成は変更しない

① Lv45 (エピック) チャールズ・V
② Lv45 (エピック) サン・マルチーニョ
③ Lv40 (エピック) サン・フィリッポ
④ Lv40 (レア)   ラ・キャバリア・アンジェロ

 

《艦隊を変更しない理由》
艦隊を再編成しない理由は、レベルが40以上あるのは5隻のみなのである。交易艦隊の旗艦を務めているサン・ペドロの戦闘力が他の4隻よりも低いので、必然的な選択になります。

 

スポンサーリンク

 

トゥカタ2章10節『ミャンマーの将軍』クリア

旗艦の耐久を回復できる航海士2名 及び もっとも被害の大きい船の耐久を回復できる航海士1名という回復系重視の編成で、4回目の正直で何とかクリアする事が出来ました。

 

 

4回目の正直はアイテムをフルに使った

これ以上は負けられないという背水の陣という感じなので、これで負けたら、艦隊の戦闘力をそれこそ5000以上に上げないと勝てないと思いました。

背水の陣に相応しいという事でジュエルを消費して全てのアイテムを使いました。前回は4つのアイテムだけだったので、それが良く無かったのかも知れません。

最終的にエピックのサン・マルチーニョのみ残るという辛勝になりましたけど、何とかクリアする事が出来ました。

 

旗艦のチャールズ・Vは撃沈

最初に撃沈されたのはラ・キャバリア・アンジェロ。その次は旗艦であるチャールズ・V、その後は持ち堪えていたんですけど、サン・フィリッポが撃沈になりました。

最終的に一番耐久値が高いサン・マルチーニョのみ残るという結果になったので、耐久回復が間に合えば何とかなるという事になります。

何せ、エミリーのスキルも旗艦の回復に充てる事が出来るので、これが良かったのかも知れません。

最終的なロッコ艦隊の戦闘力は4646になります。

 

大航海時代6攻略日記!トゥカタ2章1節はシダーウッドの入手が大変
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6のストーリー攻略で、トゥカタ2章1節はシダーウッドの入手が大変』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 トゥカタ...
大航海時代6造船攻略!エピック(チャールズ・V)造船結果の報告
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6の造船攻略日記です。エピック船チャールズ・Vの造船(建造)報告』についての内容になります。 この船はエピック船なのですが、海戦仕様の戦闘艦のため、砲撃能力が特に優秀な船にな...