大航海時代6攻略日記!艦隊の委任航海と一時中断の機能を便利に活用

大航海時代6

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『大航海時代6攻略日記!艦隊の委任航海と一時中断の機能を便利に活用』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

大航海時代6には便利な機能がある

大航海時代6をプレイする場合に大変便利に感じる機能が2つあるので、その機能について紹介したいと思います。

 

 

紹介所の日替り雇用

紹介所の日替り雇用という機能は特にありがたいと感じる機能の1つになります。何がありがたいのか?というと、必ず1つは無料で購入する事ができる航海士や船があるのです。

といっても、ランクが低い航海士や船の方が多いのですが、それでもレベルアップには役立つので便利で役立つと思います。

また、ランクが高い航海士や船も稀にジュエルで購入する事も可能なので、毎日無料でゲットできるジュエルを貯めてランクの高い船をゲットする事も可能になります。

船は造船でも手に入れる事が出来るのですが、ランクの高い船というのは何度も造船できないので確実性という観点から考慮すると怪しいと言った方が正解になります。

とは言え、ランクの高い船が日替り雇用に出現する可能性もそんなに高くはないので、毎日ログインしてチェックするしか方法がありません。

 

マーケットは便利

プレイヤーの拠点があるマーケットという建物はとても便利に利用できる機能になります。特に納品のクエストの場合では倉庫に品物を保有していない場合が多いですから、仕入れの為に何処かの港に出かける必要があります。

でも、マーケットから他のプレイヤーの商品を購入する事が出来るので、わざわざ移動しなくても目的の品物を購入できるので仕入れの為のロスタイムを軽減するのに役立ちます。

とは言うものの、実際には法外な価格設定になっている場合が多いのでお得感は無いと思います。

 

航海中で便利な機能

航海中でも便利な機能があります。それは委任航海一時中断の2つの機能になります。複数の艦隊を同時に操作したいといった場合にこの2つの機能を利用すると便利です。

特に各パートナーとのストーリーを進行させる場合では納品・遺跡調査・海戦といったクエストが連続でやって来るため、とても1つの艦隊だけで対応する事ができません。

このような場合に役立つのが委任航海と一時中断の機能になります。

 

AUTO(オート)戦闘

海賊などの討伐依頼で役立つ機能として、オート戦闘という便利な機能があります。これを利用すると、旗艦の操船を自動で行ってくれるため、プレイヤーは航海士の特殊能力の発動だけを担当していれば良いです。

操船と特殊能力の発動を同時に行うのは大変ですから、どっちかの1本化した方が便利です。

 

スポンサーリンク

大航海時代6の委任航海は便利

大航海時代6をプレイする場合に便利に役立つ機能は色々ありますけど、その中でも委任航海はよく使っている機能の1つになります。

 

 

委任航海のメリット

複数の艦隊を保有している場合に便利な機能が委任航海になります。1つは自分でそのまま操作しているので何も問題ありませんが、もう1つの艦隊は自分の商館のある拠点に係留された状態になります。

これでは係留させているだけなので時間が勿体ないです。どこかに探検に行くなり、仕入に行くなりして遠方に派遣した方が良い場合があります。この時に委任航海が便利に役立ちます。

但し、委任航海の場合は目的地への移動時間も○時間という単位で発生するのでデメリットにしか感じないのですが、この部分がメリットの1つになります。

どうしてメリットに感じるのか?というと、仕事に行く前に遠方の港に委任航海をセットしておけば、仕事から帰宅したら、目的地から大航海時代6をプレイできるのでロスタイムにならないです。

筆者にとっては非常に便利に感じる機能です。

 

委任航海のデメリット

委任航海のデメリットは、メリットの方でも触れましたが○時間という単位で移動する事になるのでその時間内は操作できないという部分になります。

これは正直のところ、ちょっと痛いですけれども、4つ以上の艦隊を保有していれば、2つぐらい委任航海させていてもそんなに痛いとは感じなくなるので、十分に対応できると思います。

むしろ、痛いと感じるのは2つの艦隊しか保有していない場合ぐらいなので3〜4つ艦隊を保有できるようになれば、このデメリットは克服する事が出来るようになります。

その他にデメリットに感じる所はないので、3〜4つの艦隊を保有できるようになるまで頑張るしかありません。

 

スポンサーリンク

 

大航海時代6の一時中断の機能も便利

大航海時代6の委任航海は便利に感じる機能の1つでしたが、一時中断という機能も便利に感じる機能の1つになります。よく使っている機能と言った方が良いかも知れません。

 

 

一時中断のメリット

一時中断とは?どういう事なのか?と言うと、そのまんまなのですが、現在操作している艦隊を一時中断させて他の艦隊を操作したいといった場合に使う機能になります。

これを行うことで複数の艦隊を同時に展開 及び 操作も可能になるため、納品・探検・海戦といった異なる任務が連続で発生する各パートナーとのストーリーの攻略時に役立ちます。

 

海賊からの襲撃にも役立つ

よく交易を担当する艦隊を操作している場合に発生するのですが、赤色の炎が表示されている船(海賊)から襲撃を受けてしまいます。

いつも海戦は委任の状態にしていますので90%の確率で敗戦になっています。海戦で負けてしまうと艦隊の耐久度も少なくなってしまうので商館に帰還するまでに持ち堪えられなくなる場合もあります。

このような場合に航海中にジュエルを1つ使って緊急修理を行う事が出来ます。実際には一時中断ではないのですが、同じ操作でボタンのみ違うだけなので便利に使えます。

 

一時中断のデメリット

一時中断の場合はメリットしかないのでデメリットに感じる事はないです。

 

大航海時代6の便利な機能は活用を

せっかくゲームに色々な便利な機能が搭載されているのですから、何も利用しないというのは色々と勿体ないと思います。

自分にとって最適に感じる機能をチョイスして楽しいゲームライフを行うのが最適です。

 

大航海時代6攻略日記!ストーリー攻略は艦隊の同時展開&操作が必要
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6の本編ストーリーの攻略には複数の艦隊を同時展開してクエストを実行する必要性に迫られる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです...

 

コメント