大航海時代6攻略日記!イベント広場の海戦アリーナシーズンが楽しい

大航海時代6

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『大航海時代6にログインしたら、必ずやるイベント広場の海戦アリーナが楽しい』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

大航海時代6には色々な楽しみがある

大航海時代6では基本的には各パートナーのストーリーを攻略するという目的がありますけど、それ以外にも派生する形で色々な楽しみがあります。

 

 

仲介所の日替り雇用

日替り雇用で航海士や高レアな船を購入するのも楽しみの1つですが、必ず無料で購入できるアイテムは1つだけですし、高レアな物はないので、おまけ的な感じになります。

それでも稀に高レアな船をジュエルで購入する事が出来るので毎日のようにチェックする楽しみがあります。

エピック船ならば1333必要ですが、レジェンド船の場合は7500必要になるので、効率的にジュエルを貯める必要も発生します。

 

高レア造船にチャレンジ

楽しみの1つとして高レア造船もあります。エピックやレジェンドといった船を造船で手に入れる事が可能なので無課金プレイヤーでも楽しめます。

でも、高レア造船へのチャレンジの場合だと、ハズレも含めて19時間以上という単位で建造時間ga
必要になる場合もあるため、1日1回しか楽しめない場合もあります。

これでは満足して楽しんでいるという訳ではないですし、一喜一憂している事になります。

 

最近の楽しみはイベント広場の海戦アリーナ

最近嵌っているのが海戦アリーナの8艦隊バトルロイヤルになります。短時間で終わるため、やった!という充実感が味わえます。

結果はいつも最下位なんですけど、最下位でも不思議と明日こそは!という気分になるのである。1回あたり短時間で終わってしまうので逆に面白さが増すといった感じなのかも知れません。

 

スポンサーリンク

ストーリー攻略よりもイベント広場の海戦アリーナが楽しい

大航海時代6ではパートナーのストーリー攻略も楽しみの1つになっていますが、これは長い時間を要するので1日という単位で楽しめるものではありません。

 

 

各パートナーのストーリーも楽しいけど・・・

各パートナーのストーリーを攻略するには山あり谷あり壁ありといった感じでポンポン進行するという訳ではありません。

ポンポン進行するにはゲームを初めて序盤ぐらいで、パートナーが入れ替わるごとに難易度も上昇するため、ストーリーの進行度も徐々に遅くなっていきます。

そのため、1つのパートナーのストーリーをクリアするにも相当の時間が必要になる場合も多いです。これだと1日という単位で楽しめない長期戦になるため、毎日が満足できる訳ではないです。

その副産物として、クエストがクリアできない期間が継続すると詰んでしまうため、もう無理・・・という気分になってしまう。

これを回避するには違う楽しみも見つけておくのが必要です。

 

短時間決戦のバトルロイヤルの方が楽しい

1回のバトルロイヤルでは180秒間で艦隊が最後まで他のプレイヤーよりも多く生き残れば勝利する事ができるので楽しいです。

ほぼ8割の確率で最下位なんですけど、1度だけ1位になった事があります。気分爽快といった感じで満足な気分を味わう事ができました。

短期決戦に合う最高の艦隊と航海士を編成して挑む事になるため、どういう編成ならば勝利できるのか?を考慮する事になります。

意外と戦略も必要になるので、これが逆に良いのかも知れません。

 

 

航海士や艦隊の編成の大切さを実感

航海士と船の総合力が問われるので、編成の大切さを改めて実感する事が出来ます。ここで実感する事が出来た事もあり、ずっと長い間停滞していたシャーリアール編4章の赤髪との最終決戦で詰んでいたクエストをクリアする事ができました。

航海士と船の編成というのは非常に大事なんだな〜というのを学習する事が出来たのは非常に良かったです。

 

スポンサーリンク

 

8艦隊バトルロイヤル や 2vs2対戦バトルは負けても楽しい

アリーナのバトルロイヤルは別に5回とも最下位だったとしても楽しいです。明日こそはもっと上に行くぞ!という気分になるので、こういう楽しみも有った方が面白さも倍増します。

 

 

負けても明日がある魅力

普通ゲームの場合だと負けてしまうと悔しい気分になりますが、大航海時代6の8艦隊バトルロイヤルだけは負けても後を引きません。

だって1回あたり短期決戦(180秒決戦)なので1度負けてもあと4回できますから、再チャレンジが行えるのです。

合計で5回チャレンジできるので、その内の1回でも勝利できれば良いのである。例え、5回とも全て最下位になってしまった場合でも明日があるので、航海士や船の編成次第では順位が上昇できる可能性が残されています。

 

ゲームなのに頭を使う

180秒決戦なので、編成に頭を使います。筆者の場合は海戦はオート戦闘にしているので自分で操作はしていないのですが、航海士のスキル発動のタイミングは自分で行っています。

発動のタイミング次第でも順位が変わりますから、意外と重要です。

海戦を担当する艦隊の編成にも頭を使うので、頭の体操には丁度良いです。

 

最大で180秒という持ち時間

持ち時間が180秒しかないのですが、180秒も持ち堪える事が出来ないのが実情になります。たったの180秒なのに開始早々15秒程度で全て撃沈になる事も珍しくありません。

そのぐらい筆者の海戦を担当する艦隊はへっぽこ艦隊なんですけど、それでも負けても尾を引かなないので楽しいです。

へっぽこ艦隊だったとしても毎日のように高レア造船に励んでいれば、その内に艦隊の戦闘力を強化する事が出来るのは今は辛抱していれば良いのである。

 

大航海時代6攻略日記!休憩所(酒場)では親密度でアイテムが貰える
皆さん こんにちは! 今回の記事は『大航海時代6の休憩所(酒場)では親密度に応じて探検や海戦で役立つ消費アイテム等が貰えるので非常に助かる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸...

 

コメント