大航海時代6のゲームプレイはPCのエミュレータよりiPadが最適

大航海時代6

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『大航海時代6のゲームプレイはスマホよりもPCのエミュレータの方が大画面でバッチリのように思えるが、実はそうではなく、iPadの方が最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

PCで大航海時代6をプレイしたい!

筆者が好きなスマホゲームは大航海時代6なのですが、スマホでプレイするには画面が小さいのでPCでプレイしたいな〜といつも思っていました。そこでAndroidエミュレータを利用して、大航海時代6をプレイする事にしました。

 

Android エミュレータを利用

筆者の場合はスマホゲームをPCでプレイしているため、AndroidエミュレータのBlueStacksをPCにインストールしています。

スマホゲームをプレイするにはBlueStacksにゲームインストールする事でPCでもいつものスマホゲームがプレイできるようになります。

以前はEmuエミュレータを利用していたのですが、動作上の不具合が多いという事も含めて、BlueStacksに乗り換えました。

乗り換えたお陰もあり、動作上のトラブルに関して言えば、あまりない感じなのでベストな選択だったと自己満足しています・

 

BlueStacksに大航海時代6インストール

Android エミュレータのBlueStacks に大航海時代6をインストールするにはGoogle Playストアで大航海時代6で検索してインストールすればOKです。

ここまでは何も問題ないので特に問題になる事は何もありません。

大航海時代6インストールをインストールしたらゲームを起動すれば良いのですが、プレイするには先ずゲームデータを最新バージョンに更新する必要があり、WI-FIでデータをダウンロードしないといけません。

このデータが大容量なのでWI-FIじゃないとアウトです。

 

データ更新時の注意事項

ここで注意事項があります。データ更新では大容量ファイルを更新する事になるので、エミュレータを最小化してしまうと、エミュレータが固まってしまいます。

いつになってもデータ更新が完了しないという状況になるので、もし、このようになったら一度、タブを終了させて、ゲームを再起動してデータ更新を行う必要があります。

もっとも、これはBlueStacksの場合だけかも知れないので、一概には何とも言えません。

 

スポンサーリンク

PCでスマホゲームの大航海時代6を起動

PCのエミュレータに大航海時代6をインストールしてWI-FIでデータ更新をしたら、初めてゲームをプレイできる環境が整う事になります。

大航海時代6のプロローグが長い

データ更新したら直ぐに大航海時代6をプレイできるものと踏んでいたのですが、ところがどっこい甘くはありません。

プロローグが長いのである。オートで流しても選択画面が出て来るし、スキップしても次の画面への遷移が遅いし・・・

さらに、トドメはさっき大容量のゲームデータを更新したばっかりなのに、プロローグの途中でゲームデータの更新がやってきます。これは0.1MB程度なので直ぐに終わるのですが、ちょっと『えーっ』てなります。

はっきり言って前置きが長いと感じます。

 

マウスで操作ができるのが便利

そもそも、どうして、スマホゲームの大航海時代6をPCでプレイしたいと思ったのか?というと、画面が小さいという理由だけではありません。

タッチ操作になるのですが、首〜右肩がこってしまうような感じがやたらと多いので、不味いな!と思ったからである。

このゲームに夢中になると右手がやたらと使うのでゲームで肩こりになってしまうと判断したのが最大の理由になります。

PCのエミュレータならマウスでゲームプレイできるので肩こりにならずに便利に感じます。

 

大航海時代6はチュートリアルも非常に長い

長いと感じるプロローグが終わっても、それ以上に長いと感じるチュートリアルが待ち構えているのにも正直のところ、驚きました。いったい、いつになったら終わるんだ?といった気分になってしまいます。

 

 

プロローグ後はチュートリアル

プロローグが終わったら、やっとやるぞ!という気持ちになるのですが、先ず提督の名前を入力する事になります。

提督の入力が終わったら、ゲームの操作方法についてのチュートリアルに移ります。一通り終わったら、やっと船を動かせるようになるのですが、実はその動作もチュートリアルの一部だったりします。

そして、チュートリアルが終わったら、またここでプロローグの一部かな?と思ってしまう会話が始まるのである。オートにするか?スキップにするか?の2択になります。

一通り終わると、クエスト達成という画面が表示されますが、この後もまたやたらと長い会話が流れるため、オートスキップに設定しておくのが賢明の選択になります。

 

チュートリアルが疲れるほど非常に長い

大航海時代6の場合はやたらと長いチュートリアルなので、既にこれだけでお腹いっぱいといった感じになってしまいます。

このチュートリアルは海賊の討伐(海戦)で終わりかな?と思いきや、そうではなく、まだならに続きがあるので、これは仕方ないと諦めて下さい。このゲームは、交易・探検・海戦の3種類のクエストが発生するので、どれも疎かにする事が出来ません。

因みに交易の納品までおわったら、やっと終わりか〜と思ってしまいますが、その後に探検、謎の嵐まで進行しないとチュートリアルが終わりません。

謎の嵐が終わると、やっと第1章になります。今までの長い長いチュートリアルは0.5章だったという事になります。

 

章が終わるとフリーズ

筆者の場合はチュートリアルが終わって、1章と表示されたら、そこで画面がフリーズします。いつになっても停止している状態になっていました。

大航海時代6のタブを落として再起動しました。

 

実際にPCで大航海時代6をプレイ

やたらと非常に長いチュートリアルが終わったら、初めて、自分で思い通りにクエストをこなしていく事が出来ます。

 

 

実際にプレイして気になった事

PCのCPU性能やメモリーも関係あるのかも知れませんが、画面遷移が非常に遅いと感じます。スマホでプレイした方が、ぜんぜん早いのでイライラして来ます。

どうしてこんなに画面遷移が遅いんだ?といった感じになってしまうので、スマホゲームをPCでプレイできるようにしたからといって、必ずしも自分にとって最適なプレイ環境になるというのは時期尚早になります。

筆者のPC環境は、CPUがCore i5、メモリーが8GB、SSDが256GBになります。他のゲームは快適そのものなのですが、この大航海時代6に関して言えば、遅いの一言に尽きます。

 

画面遷移での注意事項

筆者のPC環境では画面遷移する場合に画面が真っ暗になる場合が非常に多いのですが、この時にマウスのクリックを連打してしまうと、ゲームが固まってしまったり、落ちてしまいます。

そのため、ゲームが落ちないようにするには、ひたすら待つしかないので、ワンテンポ狂ってしまいます。

 

スマホとPCのどっちが快適なのか?

スマホゲームをPCでプレイしたいと思った場合では、少なくともスマホよりも快適な環境でプレイするのが大前提になります。

スマホの小さいな画面でプレイするよりもPCの大画面でプレイした方が良いのですが、画面遷移がやたらと遅く感じるというのは論外になります。

筆者の環境で考慮すれば、残念ながら大航海時代6のゲームプレイはPCのBlueStacks では不向きになります。

 

大航海時代6はiPadが最適

筆者の場合はPCのAndroidエミュレータのBlueStacksでは大航海時代6は不向きと判断に至った訳ですが、スマホに戻ったのか?というと、そうでもありません。iPad mini 5 でプレイしています。

 

 

大航海時代6は iPad mini 5 でプレイ

どうして iPad mini 5 でプレイに至ったのか?というと、スマホよりも大画面ですし、PCのAndroidエミュレータのBlueStacks よりも快適に動作するからというのが決めてになりました。

超快適といった方が正解なので、スマホゲームはPCでプレイしなくても良いな〜といった感じになってしまいました。

でも、基本的にスマホも iPad mini にも根本的な解決には至っていないため、ちょっと工夫を凝らしてプレイしています。

スマホからPCのエミュレータに切り替えようとした本来の目的が肩こりになるため、これへの対策が必須になります。

これが容易に可能だったのが iPad mini 5 だったのである。

 

肩こりへの対策は、iPad mini 5のPC化で対応

仕事で活用する場合は iPad mini 5 のPC化を行っているため、これが大航海時代6のゲームプレイに活用する事が出来ました。

宿泊を伴う出張に持参しているINOVA 折りたたみスタンドSmile と Bluetoothマウス 及び victsingマウスパッドを利用して快適なゲームプレイ環境になりました。

iPad mini 5のSmart Cover もスタンドになりますけど、角度調整ができないので、自分にとって最適な角度になりません。でも折りたたみスタンドがあれば自分にとって最適な角度に調節する事ができるので快適にゲームプレイできます。

キーボードは必要ないので、この組み合わせでOKになります。

 

iPadスマホ INOVA 折りたたみスタンドSmileレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張や旅行に持参できる携帯性抜群な iPadスマホに対応する INOVA 軽量折りたたみスタンド Smileのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで...
ゲーム&仕事に最適な滑止めvictsingマウスパッド・レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『ゲーム&仕事に最適な滑止め付きの victsing マウスパッド・レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 マウスパ...

 

気になる部分もある

Bluetoothマウスのクリック音が気になります。クリック音がカチカチするので何か違和感を感じます。何か自分でもよく分かりませんが落ち着かないといった感じです。

この音が消したいな〜と感じるので、カチカチ音がしないマウスに変更したいな〜と考えています。

でも、そこまでしなくても良いかな?とも思っているので試行錯誤がしばらく継続するのでは?と思っています。

 

ELECOMワイヤレスBluetoothマウス5ボタンのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『仕事や出張で使う機会のあるiPad mini 5 専用に利用しているELECOM Bluetooth5ボタンマウスのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最...