Chromebook WindowsノートPC 比較!どっち選ぶ?選び方

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

新しくノートパソコンを購入する場合では比較的に安価で購入できるChromebookと比較的に高めの価格帯になるWindowsノートPCどっち?にしようかな?で迷う場合もあると思います。

見た目は同じでも中身が異なりますし、搭載されている基本ソフト(OS)も異なるので、どっちを選べば正解なのか?正直のところ、よく分からない事も多いです。

もし、このように悩んでいるのであれば、もしかすると参考になるのでは?と思いまして、選び方についての紹介をしたいと思います。

あくまでも個人的な見解になるため、参考程度に読んで頂くのが丁度よいと思います。というのも、やっぱり最終的には自分で判断するのが全てにおいて最適です。

今回の記事は『Chromebook WindowsノートPC 比較!どっち選ぶ?選び方』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook WindowsノートPC どっちを選ぶ?

ノートパソコンを購入する場合に大いに悩むのがChromebookとWindowsノートPCとの比較になります。安さで選べばChromebookで決まりなんですけど、継続的に使うのであればWindows PCが良さそうに感じます。

価格で比較するのは良くない

搭載されているOSが異なるノートパソコンのChromebookWindowsノートPCをどっちにするのか?で悩んだ場合では、両方の機種を比較するだけ判断してはいけません。

そもそもChromebookは比較的に安価で購入できるのが魅力ですが、その反面、Windows PCはChromebookと比べると比較的に高めの価格帯なので価格面では比較できないからです。

 

ノートパソコンで何をするのか?でパソコンを選ぶ必要あり

ノートPCを購入する場合で一番重要になるのが購入目的実際の用途になります。真っ先にこの2つを考慮しないで、何故だか?分かりませんが機種選びが先行してしまう場合が多いです。

この場合では、新しいパソコンを購入してから活用方法を考えるパターンになるため、買ったは良いけど自分が考えていた事ができないと使えないパソコンだな~と感じる事になります。いわゆる買って後悔するパターンに該当します。

そのため、新しいノートパソコンを購入する場合では、購入目的と実際の用途を準備してから購入するのが賢明の選択になります。

 

Chromebook WindowsノートPCには違いがある

ChromebookとWindowsノートPCでは基本的に大きな違いがあります。搭載されているOSが異なるのですが、あまりよく考えないで購入すると活用できないといったパターンに繋がります。

どっちのパソコンを購入すれば、自分にとって最適に使えるのか?を考慮する必要があります。

これを全く考慮しないで買うと、あまり使わないで買い換える結果に繋がるので、比較検討で判断するよりも、個別にそれぞれ検討した方が良いです。

 

Chromebook の特徴 及び メリット・デメリット

Chromebookを買う前に検討しないといけない事は、そもそもChromebookはどのようなノートパソコンなのか?をよく検討する必要があります。

Chromebook 特徴

① OS
ChromebookはChrome OSを搭載しているノートパソコンになります。

 

② データ
Chrome OSでは基本的に、データをクラウドに預ける仕様になっているため、Chromebook本体のストレージ容量は少なめになっている場合が多いです。

 

③ Google Chrome
Chromebookに搭載されているGoogle ChromePC版になるため、Chrome拡張機能を利用できます。これに加えて、Androidアプリも利用できます(一部のアプリには非対応)。オプションでLinuxも利用できる。

 

④ Chromeで完結
Chromebookは基本的に全ての作業をウェブブラウザのGoogle Chromeで完結するためのノートパソコンになります。

 

Chromebook メリット

① Androidスマホと連携
Andoroidスマホを利用している場合では、スマホと連携してSmart Lock解除を利用してログインできます。

デスクトップモードではEnterキー、タブレットモードではワンタップするだけでログインできます。PINコードでも素早くログインできます。

 

② Chrome拡張機能
AndroidスマホやiPadでもGoogle Chromeを利用できますが、これらのデバイスではモバイル版を利用できるのに対して、Chromebookの場合ではPC版が利用できます。

PC版ではChrome拡張機能が利用できるので、足りない機能は拡張機能で追加できます。

 

③ PC周辺機器が利用できる
Windows PCと同様にマウスや各種USB機器も含めてPC周辺機器及び ノートPCスタンドなどのデスク周り便利グッズが利用できます。

キーボードが着脱できるデタッチャブルChromebookの場合ではUSB Type-C端子が1つしか搭載されていませんが、USB Type-Cハブで対応できます。

 

Chromebook デメリット

① オフライン
基本的にインターネットに接続している状態で利用するノートパソコンなので、オフラインではどうしても利用できる機能に制限があります。オフラインでも利用できます。

 

② 本体ストレージ
Chromebookの特徴でも記載しましたが、Chrome OSではデータはクラウドに預ける仕様になっているため、本体ストレージが少なく搭載されている場合が多いです。

重要なデータもクラウドに預ける事になるため、この考えに抵抗がある場合はそのままデメリットに繋がります。

 

③ 物足らない
活用を考慮した場合ではPCソフトも必要に感じます。でも、PCソフトはインストールできないため、Androidアプリで見つけるしか方法がないのが実情になります。

全てのAndroidアプリが利用できれば良いのですが、残念ながら利用できないアプリも有るため、物足りない感じになります。

でも、Linuxも利用できるため、Linuxに明るい人は活用できると思います。

 

WindowsノートPCの特徴 及び メリット・デメリット

WindowsノートPCを買う前に検討する事は、何を行う目的で購入するのか?をよく検討する必要があります。もしかすると、Chromebookで良いかも知れないという場合もあります。

Windows PC 特徴

① PCソフト
Windows標準でインストールされているアプリ(ソフト)で足らない場合では、Windowsに対応しているソフトをダウンロードしてインストールできるため、色々な用途に活用できるようになります。

 

② 本体ストレージ
PC本体に搭載しているストレージはピンからキリまでありますが、大容量タイプもあるため、動画ファイルなどの大容量データもクラウドに預ける必要がありません。

 

③ ウィルス対策
Windowsにセキュリティソフトも含まれているため、基本的に別途ウィルス対策ソフトをインストールする必要がありません。

 

Windows 便利に感じる部分

① タスクバー
Windowsはタスクバーが便利に使えます。この機能をどれだけ便利に使うのか?によっても十分に活用できるのか?が変わって来るのではないか?と考えます。

 

② PCソフトが利用できる
Windows標準搭載の日本語IMEも含めて、標準搭載されているアプリの使い勝手が良くない場合もあります。

この場合では必要と感じているソフトをインストールして利用できるので自分好みにカスタマイズできます。

例えば、日本語IMEであればGoogle 日本語入力、ウェブブラウザであればGoogle Chromeを利用できるといった感じ。また、Office互換ソフトも利用できます。

 

③ オフラインでも便利に使える
Chromebookの場合ではデータを預ける仕様なのでオフラインでは制限も発生しますが、Windowsの場合ではオフラインでも基本的に利用できるので困る事はないです。

 

Windows デメリットに感じる部分

Chromebookの場合では比較的に安価で購入できる場合が多いですが、WindowsノートPCの場合ではMicrosoft Surfaceシリーズは価格が高いと感じます。

他社製のWindows PCでも、性能が良いとMicrosoft社製と良い勝負といった感があるので、価格が高いイメージが付き纏います。

それに対して、PC性能が低いWindowsノートPCではChromebook並の価格で購入できますが、軽快に動作した上で便利に活用できるといった感じではないため、購入検討する場合に大いに悩める要素となります。

 

スポンサーリンク

Chromebook WindowsノートPC 比較!選び方

ここでは、Chromebook と WindowsノートPC どっちを選べば良いのか?についての紹介になります。あくまでも個人的な見解になるため、参考になるのか?分かりません。

便利に活用する場合はWindowsノートPCで決まり!

新しく購入するノートパソコンで色々とアレコレ活用したい!と考えている場合では、WindowsノートPCを選択するのが最適になります。

但し、この場合では前提条件があります。Windows PCといってもピンからキリまであるので、それなりにPC性能は必要になります。

必ずではないのですが、「CPU Core i5、メモリ 8GB、SSD 256GB」は必要なのでは?というのが個人的な見解になります。

それ以上あれば尚更よいですが、価格もそれなりに高くなるので、お財布との相談も必要になります。

 

 

ネット閲覧や動画視聴の用途はChromebook

毎日のように利用している用途がネット閲覧やYoutube動画視聴といった場合では、WindowsノートPCよりもChromebookが最適に感じます。

ウェブブラウザのChromeで全ての作業が完結できるため、正にChromebookでOK!といった感じです。

文書作成や表計算、プレゼンテーションを利用する場合でも、Google アプリ(ドキュメント、スプレッドシート、スライド)が利用できます。

 

 

Chromebook Windows PC どっちを選ぶ?

こればっかりは個々の判断で決めて頂くしか方法がありません。使い方や活用も個人差がありますし、考え方も異なりますから、自分の考えと比較して選択して頂ければ良いと思います。

 

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet 使用レビュー

ここでは、キーボードが着脱できるデタッチャブルに対応したChromebook Lenovo IdeaPad Duet の使用レビューを紹介したいと思います。

Chromebook ログイン方法

Androidスマホを所持しているため、Smart Lock解除が便利に使えます。でも、そんなに素早くログインできないので素早さを求めるのであればPINコードでログインした方が良いです。

Smart Lock解除の場合では、デスクトップモードはAndroidスマホ(ロック画面ではない状態)をChromebookの傍に置いた上で、Enterキーを1回押すだけでログインできます。

タブレットモードの場合はワンタップするだけなので便利に感じます。

 

Chromebook デスクトップ画面

ノートパソコンのように利用する場合ではデスクトップモード、タブレット端末として利用する場合はタブレットモードを利用できます。

どっちが使いやすいのか?と言えば、タブレットモードが便利に感じます。

デスクトップモードでは、基本的に壁紙とシェルフのみが表示されます。壁紙にはファイルやアプリのアイコンは置けないので、タスクバーでもあるシェルフに固定するパターンとなります。

 

Chromebook シェルフ

① アイコン
Windowsの場合では、デスクトップ画面にファイルを置く事ができますが、Chromebookの場合ではデスクトップにファイルが置けません。その代わりにタスクバーでもあるシェルフに固定できるようになっています。

 

② ファイル
ファイルはシェルフの中にあるトート機能で固定できます。デスクトップ画面にファイルはおけないですけど、シェルフに固定できるので、これでも良いかな?と思っています。

 

 

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet 使用レビュー

Chromebook Lenovo Ideapad Duet の使い勝手はどうなのか?も気になりなすが、Chromebookを活用したいのであれば、Androidアプリの連携は必須になるのでは?というのが個人的な見解になります。

というのも、Chromebookではウィジェットに対応していませんが、Chrome拡張機能やAndroidアプリを利用する事でウィジェットにも対応できるようになるからです。

一見するとChrome拡張機能の方が便利に感じますが、便利に感じるウィジェットが少なかったりします。それに対してAndroidの場合では種類も多いです。

 

スポンサーリンク

Windows ASUS Zenbook 13インチ 使用レビュー

ここでは、顔認証によるログイン方法に対応しているWindowsノートPCのASUS Zenbook 13インチの使用レビューを紹介したいと思います。

ASUS Zenbook ログイン方法

Zenbookの場合では、顔認証によるログイン方法となるため、非常に快適でかつスマートにログインできます。ほぼ申し分ないといった感じなので満足しています。

マスクをしてログインできるのか?試してみましたが、残念ながらできなかったです。やっぱりマスクには対応していない模様です。

 

 

Windows 全般

① デスクトップ画面
Chromebookの場合ではデスクトップ画面にアプリのショートカットやファイルを配置できませんが、Windowsの場合では配置できるので便利です。

 

② 新規作成
Windowsの場合ではデスクトップ画面上でフォルダやファイルを新規作成できるのも便利に感じます。

 

Windows タスクバー

タスクバーには色々と不要に感じるアイコンも有るので、カスタマイズしています。特に検索ボックスは幅を利かせているので邪魔に感じるため、アイコン表示に変更しています。

任意のフォルダもツールバーとしてタスクバーに固定できるので便利に感じます。このツールバーの機能を活用すると、アプリのランチャーのように利用する事もできるので作業効率もアップします。

通知領域のアイコンも表示・非表示を選択できるので、完全オリジナル仕様のタスクバーにする事もできます。

 

Windows ASUS Zenbook 使用レビュー

ASUS Zenbookの場合では、サブディスプレイとしても利用できるスクリーンパッドを搭載しているのが特徴となります。

このスクリーンパッドは10キーとしても使えますし、タッチパッドにもなり、サブディスプレイとしても利用でき、専用アプリまで搭載されています。

面白いんですけど、スクリーンショットを撮影する場合は2画面合体バージョンになるので「Windowsキー + Print Screen」は利用できないのがイマイチに感じます。

利用しても良いのですが、この場合はペイントでトリミングする必要があります。