Chromebook 基本操作方法 及び シェルフ&ランチャー

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを購入したは良いけど、操作方法が分からなかった場合もあるのでは?と思います。基本的にはトラックパッドやマウスを利用すれば便利に利用できます。

でも、デスクトップの壁紙にアプリのアイコンが表示されていませんし、ファイルの配置も行えないので、どうやって配置すれば良いのだろうか?と思ってしまうのでは?

これだけでなく、iPadではDockによく利用するアプリを登録できるけれども、Chromebook ではどうやって登録すれば良いのかな?といった感じで、自分がやりたい事が簡単にできない場合もあります。

今回の記事は『Chromebook 基本操作方法 及び シェルフ&ランチャー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookを購入したら基本操作を学習しよう

Chromebookを利用する場合では、iPadやWindowsと比べると似ている部分もありますが、操作が異なる場合も色々と多いので戸惑う場合もあります。

基本操作「電源OFF」

電源ONにして、3つのログイン方法(GmailパスワードやSmart Lock解除、PINコード)からどれか?を選択してログインした場合では、最初の関門が待ち受けています。

あれ?どうやって「電源OFF」にすれば良いのだろうか?といった感じ。何せ、アプリ一覧のランチャーを開いても電源OFFにできる場所が見当たらないので戸惑うのでは?と思います。

Chromebookの電源OFFは画面右下に表示されている時刻をクリックすると、「ログアウト」の隣に「終了」のアイコンが表示されているので、これをクリックすれば良いです。

 

基本操作「設定」を開く

Chromebookの基本操作と言えば、各種「設定」が該当します。起動時のログイン方法を変更する場合でも設定を変更する必要があるため、必須となります。

この「設定」を開く場合は、基本的には電源OFFと同じで時刻表示をクリックして表示し、設定のアイコンを開く事になります。

これ以外では、シェルフに設定のアイコンを登録して、いつでも利用できる状態にしておく方法もあります。どちらの方法が良いのか?は実際に使ってみて判断して頂ければ良いと思います。

 

基本操作「ランチャー(アプリ一覧)」

Chromebookにログインすると、Google Chromeが起動します。最小化 又は Chromeを閉じると、デスクトップ(壁紙)が表示されます。

ここで、ふと気が付くと思いますが、アプリのアイコンが1つも表示されていません。表示されているのはデフォルトの壁紙だけ。

Chromebookではアプリは、ランチャーに格納されているので、Google Chrome以外のアプリを利用する場合はランチャーを開いて選択 又は シェルフから起動するの2択になります。

 

Chromebook デスクトップには配置できない

ChromebookにログインするとGoogle Chromeが表示されますが、最小化又は閉じるとデスクトップ画面が表示されます。いわゆる壁紙なのですが、ここでは、あまり操作できないのが実情になります。

デスクトップで行える事

① 壁紙設定
デフォルトの壁紙を自分好みの写真(画像)に変更できます。また、Chromebookのカメラで撮影した写真も壁紙に設定できます。

 

② シェルフの位置
デフォルトではシェルフの位置は画面下に表示されていますが、「左・右・下」の3箇所から自由に選択できます。どの位置が良いのか?は実際に使ってみないと何とも言えません。

 

③ シェルフの非表示
基本的にはシェルフは常時表示になっていますが、自動的に非表示にする設定も選択できます。

 

デスクトップはファイルを配置できない

iPadやWindowsと決定的に異なる部分として壁紙が該当します。iPadではホーム画面にアプリのアイコンがズラーと表示されますし、Windowsでは自由にファイルを配置できます。

それに対して、Chromebookでは基本的にアプリはランチャーに格納されるので、デスクトップ(壁紙)にはアイコンやファイル等を配置できません。

或る意味、本当の意味での壁紙として利用となります。ちょっと勿体ないような気がするのは気のせいでしょうか?

 

ウィジェット

iPadではホーム画面にウィジェットを表示できますが、Chromebookの場合は基本的にデスクトップでは何も配置できません。そのため、ウィジェットも利用できないです。

でも、Androidアプリを利用する事で、ウィジェットを利用できる方法もあるので、どうしても表示したいのであれば、Taskbarアプリをインストールして利用するのも1つの方法になります。

 

アプリ一覧を表示する場合はランチャーを開く

Google Chrome以外のアプリを利用する場合では、ランチャーを開く必要がありますが、そもそもどうやってランチャーを表示すれば良いのでしょうか?

基本的なランチャー操作

① ●をクリック
画面左下の隅に●(白丸)が表示されているので、ここをクリックします。

 

② 検索画面
ランチャーをクリックすると、検索画面 及び 最近利用したアプリ一覧が表示されます。キーワード検索の上に矢印アイコンが表示されているので、それをクリックします。

 

③ 上の矢印アイコンをクリック
キーワード検索窓 及び 最近使用したアプリ一覧、アイコン一覧が表示されます。

 

④ 2ページ目
2ページ目を表示する場合は上下のカーソルキーを操作すると表示できます。

 

キーボード・ショートカットでランチャー表示が便利

ランチャーを表示する場合では、基本的にはタッチパッドを操作してカーソルを右下のランチャーアイコンをクリックする事になりますが、ハッキリ言って、ちょっと面倒に感じます。

これでは素早くアプリ一覧に辿り着けないので不便に思いますが、Chromebookにはキーボード・ショートカットという便利な方法も用意されているので、これを利用すると、素早くアクセスできます。

最近利用したアプリ一覧を表示する場合は「🔎検索ボタン」を1回押します。そうではなくて、アプリ一覧を表示したい場合は「Shift+🔎」で表示できます。

 

ランチャーのショートカット表示は慣れが必要

一発でアプリ一覧のランチャーを表示する場合では、「Shift+🔎」で表示できるのですが、コツが必要になります。タイミングによっては上手く表示できない場合も実際にあります。

やっぱり、それなりに感覚を掴む事も必要になるのでは?というのが個人的な見解になります。

因みに、ランチャー表示を終了する場合は「🔎を押す」又は「関係ない場所をクリック」するだけで良いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook よく使うアプリはシェルフに固定

iPadの場合では、マルチタスクで利用できるアプリをDockに追加して利用できますが、これと同様の機能を持つのが「シェルフ」になります。

Chromebook AndroidスマホでSmart Lock解除
皆さん こんにちは! Androidスマホを所持している場合では、Chromebookとも連携活用できるので相性が良いと感じます。具体的にはどのような連携になるのか? Chromebookを起動した場合にAndroidス...

よく使うアプリはシェルフに固定

よく利用するアプリをシェルフに登録する事で、わざわざアプリ一覧であるランチャーを表示しなくてもピンポイントで目的のアプリを起動できるようになります。

しかも、このシェルフの場合では、iPadDockと異なり、画面サイズによって追加できる数が決まっていますが、Chromebookでは限定されていません。

だからと言って、アレコレ登録するのは必ずしも便利とは言い難いので、やっぱり厳選したアプリを登録しておくのが賢明の選択になります。

 

シェルフにアプリを固定(追加)方法

① シェルフに固定
アプリ一覧であるランチャーを開いて、よく利用するアプリを右クリックすると、「シェルフに固定」と表示されるので、これをクリックします。そうすると、シェルフにピン留めされます。

 

② シェルフから外す場合
シェルフに固定したアプリを外したい場合もありますが、この場合はどのようにすれば良いのか?と言うと、シェルフ内にあるアイコンを右クリックして表示される「固定を解除」をクリックします。

 

Chromebook 右クリック操作

あれ?と思ったかも知れませんが、右クリックをするにはマウスが必要なのかな?と感じる場合もありますが、マウスは必要ありません。

タッチパッドを2本指(人差し指と中指)を同時にクリックすると右クリックになります。