キーボード着脱できるChromebookはタブレット活用できる

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持して使っていますが、もともとメインで利用しているWindowsノートパソコンのサブPCの用途で購入している事もあり、完全にサブ用途になっています。

サブ用途の場合では絶対的な利用頻度が少ない傾向にあるので本当に使わないと確実に宝の持ち腐れになってしまうのではないかな?と考えます。

現にその傾向がもう既に始まっている状態なので、真面目に活用方法を考えるないとイカンな~という感じになっているのも実情です。

でも、キーボードが着脱できるデタッチャブルな 2in1 Chromebook の場合ではタブレットモードを利用できるので、タブレット端末として活用も可能なのである。

今回の記事は『キーボード着脱できるChromebookはタブレット活用できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

キーボード着脱できる 2in1 Chromebook

Chromebookにはキーボードが着脱できるデタッチャブル2in1ノートパソコンもあります。このタイプの場合ではデスクトップモードとタブレットモードを利用できます。

ノートパソコンとして利用できる

キーボードとドッキングしている状態ではデスクトップモードを利用できます。このモードではデスクトップ画面が壁紙とシェルフのみという殺風景な感じなのが特徴の1つになります。

アプリ一覧であるランチャーを表示する場合では最短で2ステップ必要になるため、よく利用するアプリはシェルフに固定しておいた方が良いです。

 

タブレット端末としても利用できる

キーボードを取り外すと自動的にタブレットモードに変更となります。このモードでは、アプリ一覧であるランチャーとシェルフ+壁紙が合体したバージョンなのが特徴です。

よく使うアプリはシェルフに登録しなくてもランチャーを操作した方が使い勝手が良いので利便性も良くなります。

 

Chromebook ログイン方法

2つのモードが利用できるのがデタッチャブル 2in1 Chromebookになりますが、それならばログイン方法はどうなるのか?も気になると思います。

最初にログインする場合ではGmailパスワードにてログインしますが、この方法は最適とは言い難い場合が多いです。

デスクトップモードの場合では、PINコード 又は Smart Lock解除が最適な方法なります。タブレットモードの場合はSmart Lock解除が最適です。

因みに、Smart Lock解除にはAndroidスマートフォンが別途必要になります。予めAndroidスマホをBluetoothペアリングしておく必要があります。

Chromebook Smart LockやPINコード設定方法(ログイン・ロック解除)
皆さん こんにちは! Chromebookを起動する場合では、基本的にGmailパスワードを入力してログインする事になりますが、必ずしも最適な方法とは言い難いのが実情になります。 何故なら、パスワードが長い文字数の場合で...

 

Chromebook 特徴 及び できる・できないこと

Chromebookを利用する場合では、「できる・できない」及び 特徴を理解しないで使うと、ぜんぜん使えないじゃん!といった感じになります。

Chromebook 特徴

① データ管理
Windows PCやMacbookといったパソコンでは基本的にPC本体のストレージにてデータを管理しますが、Chromebookの場合ではクラウドにデータを管理します。

 

② Google Chrome拡張機能
基本的にGoogle Chromeで何でもかんでも全て行うパソコンになるため、GoogleアプリやChrome拡張機能も利用できます。

 

③ Androidアプリ
Googleドキュメントやスプレッドシート・スライドなどのGoogleアプリだけでは満足できない場合ではAndroidアプリも利用できます。

 

Chromebook できる・できない

① できること
Chromebookでは、Google Chrome拡張機能、Googleアプリ、Androidアプリ、Linuxを利用できます。Linuxに限って言えば、標準では利用できませんが、設定でオプション変更する事で利用できるようになります。

Androidアプリでは満足できない場合ではLinuxアプリを利用する選択方法も利用できるのでLinuxの知識がある場合はLinux版Libreofficeも利用できるので活用方法も多いです。

 

② できないこと
Chromebookではできない事もあります。それは、Windows PCやMacbookのように、ソフトウェアをダウンロードしてPCソフトをインストールできません。

ノートパソコンなのに、豊富に存在する他OSソフトウェアを利用できないため、物足りなさを感じる場合もあります。

Chromebook 右クリックできない?右クリック操作方法(タッチパッド)
皆さん こんにちは! Chromebookでアプリをシェルフに固定する場合では、タッチパッドを利用して右クリックする必要がありますが、この場合では右クリックしているのにも関わらず、実際には左クリックしている事も多いです。 ...

 

キーボード着脱できる 2in1 Chromebookはタブレット活用できる

Chromebookを購入したは良いけど、自分がやろうとしていた事ができない場合では、使えないパソコンという認識になってしまうので活用方法も悩んでしまう事になります。

Chromebook 活用方法で悩んだ場合の解決策

2in1非対応ノートパソコンの場合では活用するにも自分がやりたい事ができないと判断に至ってしまった場合ではどのように他の用途で活用すれば良いのか?試行錯誤を繰り返す事になるのでは?と思います。

何せ、Windows PCやMacbookのようにPCソフトをダウンロードしてインストールできないですから、足りない機能やアプリはAndroidで見つけるしか方法がありません。

とはいえ、Androidアプリは基本的にモバイルアプリになりますから、全てのアプリがChromebookに対応しているという訳ではないのも実情になります。利用できないアプリもあります。

 

デタッチャブル 2in1 Chromebook 活用

2in1非対応のChromebookの場合では、活用方法で悩む展開に発展する場合もありますが、キーボードが着脱できるChromebookの場合ではタブレット端末として使う活用方法があります。

キーボードが有ると、ノートパソコンの用途に限定されてしまいますが、不要に感じるキーボードを取り外してしまえば、タブレットモードが自動的に切り替わるため、使いやすくなります。

どこでもタブレット本体とスタンド利用できる背面パーツをドッキングしておけば、キッチン台所リビング活用できるようになります。

エプロンの中にスマホを入れておくのも1つの方法ですが、スマホよりもChromebookの方がディスプレイが大きいですから、丁度良いと感じます。

 

タブレットモードは便利

Chromebookデスクトップモードの場合では、デスクトップ画面には壁紙の画像とシェルフが表示されます。

それに対して、タブレットモードの場合では、アプリ一覧であるランチャーに加えてシェルフ 及び 壁紙となります。

壁紙も表示されるため、ガチャガチャしている感がありますが、その代わりに使い勝手は良くなっているので使いやすいと感じます。

タブレット端末として活用するのも十分に有りなのではないかな?と考えます。

 

スポンサーリンク

Chromebook 他のパソコンから乗り換える場合は要注意

Chromebookの場合では比較的に安価で購入できる事もあり、他のパソコンから乗り換える場合もありますが、この選択は必ずしも最適とは限りません。

Windows PCから乗り換える選択は良くない

Chromebookの特徴として、比較的に安価で購入できるのも特徴の1つに該当しますが、この安価で購入できるという部分に着目して他のパソコンから乗り換える選択は良くないです。

その理由としては、Chromebookに乗り換えても今まで出来た事が行えなくなる可能性の方が高いからです。

例えば、Windowsから乗り換える場合では、他のソフトをダウンロードしてインストールする事ができません。

これだけでもインパクトが大きいと思います。ウェブブラウザが良い例になりますが、Chromebookでは基本的にPC版Google Chromeが利用できます。

他のウェブブラウザを利用する場合はAndroid版を利用するしか方法がありません。Android版はモバイル仕様なのでPC版ではないのである。

 

Windows PCとの併用はどうなのか?

Windows PCからChromebookに乗り換えるのが良くないのであれば、Chromebookとの併用という活用方法も選択肢の1つに入って来ますが、こちらの方法も良い選択とは言えません。

その理由としては、併用する必要がないからの一言に尽きます。というのも、Windows PCでを利用すればChromebook代用が行えるからです。

Androidアプリもエミュレータを利用すれば利用できますし、Windows11ではAmazonストアのAndroidアプリが利用できるので併用しなくても問題ありません。