Chromebook USBメモリ使用できる・取り出し方(抜き方)

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

パソコンでOfficeファイルを利用する場合ではUSBメモリを利用する機会もありますが、ChromebookでもUSBメモリを利用したいと思う時もあります。

でも、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet のような2in1タイプのノートパソコンでは、搭載されているUSBメモリがUSB Type-Cのみだったりします。

Windowsパソコンの場合ではUSB Type-Aも搭載されていたりするので、悩むこともないのですが、Type-Cだけの場合ではどうしようかな?となってしまいます。

USBメモリを利用する場合はUSBハブが必要に感じます。

今回の記事は『Chromebook USBメモリ使用できる・取り出し方(抜き方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook USBメモリは使える?

Chromebook ではUSB Type-C端子のみ搭載している場合もありますが、この場合ではUSBメモリが利用できないのかな?と思ってしまいます。

USB Type-C の場合でもUSBメモリは使える

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持していますが、USBメモリを利用しています。どのように利用しているのか?と言うと、メインで利用しているWindowsノートパソコンで使っているUSB Type-C ハブを接続して利用となります。

直挿しできるタイプのUSBハブを持っていればスマートに利用できるのですが、残念ながらそのような便利に感じるUSBハブを持っていないので、邪魔な感があります。

ハッキリ言って、直挿しできないタイプのUSBハブの方が便利に使えると思います。その理由としてはUSBメモリも含めて機器を取り外す時が楽に感じます。

これが直挿しできるタイプの場合だと、USBハブごと取り出した方が逆に便利なんじゃないのかな?と考えます。

 

USBハブは新たに買う必要なし

Lenovo IdeaPad Duetの場合では、10.1インチのノートパソコンなので、サブPCの用途で購入しています。そのため、直挿しできるタイプのUSBハブを購入する必要性を感じていません。

USBハブの場合は色々と種類が豊富にありますが、結局のところ、一通り全部揃いでかつ、持ち運び性も良い物が1つあれば使い回しを行った方が逆に便利に感じます。

メインで利用しているWindowsノートパソコン 及び Chromebook、iPad Air は1つのUSB Type-C ハブを活用しています。

 

Chromebook USBメモリを使う場合に必要になる物

Chromebook でUSBメモリを利用する場合では、基本的にはUSB Type-C 対応のUSBメモリがあれば最適なのですが、必ずしも所持していない場合もあります。この場合はUSB Type-Cハブで対応できます。

Chromebookで利用しているUSBメモリ

USB Type-A と Type-C 両対応のTeam 64GB、128GB 及び USB Type-A 128GBのUSBメモリを利用しています。3種類も必要ないのですが、使い分けています。

というのも、Team 64GB、128GBの方はとても小さいのでストラップを付けていないと紛失する可能性が高いので、いつも携帯しています。携帯用と自宅用といった感じで使い分けとなります。

 

 

Chromebook で使っている USB Type-C ハブ

USB Type-A 128GBのUSBメモリを利用する場合では、QGeeM 7in1 USB-Cハブを利用しています。QGeem USBハブは2種類持っています。

どちらも軽量でかつ、必要性を感じる端子が揃っているので、常にどちらか?一方のUSBハブをメインで利用しているWindowsノートパソコンに接続しています。

 

 

USBメモリは、どうやって利用するのか?

USBメモリをChromebookのUSB端子 又は USBハブに差し込んだ場合では、どのようにUSBメモリを利用すれば良いのかな?と気になります。

USBメモリを差し込むと、「リムーバブルディスクが検出されました」というメッセージが表示されます。このメッセージをクリックすると、ファイルアプリが開きます。と同時に、差し込んだUSBメモリの中身が表示されます。

メッセージをクリックしない場合では、ファイルアプリを起動すれば良いです。

 

Chromebook USBメモリの取り出し方(抜き方)

Chromebook でUSBメモリを使う場合ではUSB端子に差し込めば利用できますが、今度は逆にUSBメモリをどうやって取り出せば良いのか?も気になると思います。

USBメモリはそのまま取り出して良いのか?

Windowsパソコンの場合では、USBメモリを取り出す際には「ハードウェアの安全な取り外し」を選択する事で安全に抜き出せるのですが、Chromebook の場合はどこで行えば良いのでしょうか?

一見すると何処にもそれらしい場所が無いので、そのまま抜いてしまっても何ら問題ないのではないか?と思ってしまいますが、そのように考えるのは時期尚早になります。

ファイルアプリで行えるようになっています。「リムーバブルディスクが検出されました」のメッセージをクリックして開くと、ちょうどUSB Driveが開きます。

USB Driveを右クリックすると、「デバイスの取り出し」が表示されます。

 

USBメモリの取り出し方(抜き方)

① ファイルアプリ
Chromebook に接続してあるUSBメモリを取り出す場合は、そのまま抜いてはいけません。ファイルアプリを開きます。

 

② USB Drive
ファイルアプリのUSB Drive にカーソルを当てて、右クリックします。Chromebook のタッチパッドで右クリックする場合では、任意の2本の指で同時にクリックする必要があります。

 

③ デバイスの取り出し
右クリックメニューに「デバイスの取り出し」が表示されるので、これをクリックします。

 

④ 実際に取り出し
デバイスの取り出しをクリックすると、ファイルアプリからUSBメモリが消えるので、この状態で安全にUSBメモリを取り出す事ができます。

 

スポンサーリンク

Chromebook USB Type-C ハブでWi-Fiマウス利用

Chromebook でUSBハブを利用する機会はUSBメモリだけではありません。Windowsパソコンで利用しているWi-Fiワイヤレスマウスも利用できるようになります。

QGeeM 7in1 USB Type-C ハブ レビュー(ドッキングステーション)
皆さん こんにちは! iPad Airで、デジカメの写真データを取り込む場合に利用しているのがドッキングステーションタイプのUSBハブになりますが、Windows PCやChromebookでも便利に使っています。 US...

Chromebook マウスは必要なのか?

Chromebook にはタッチパッドが有るのでマウスは必要ないのではないか?と思いますが、必要か?不要か?の2択であれば必要だと感じます。

その理由の1つとして、ドラッグ&ドロップ操作が挙げられます。タッチパッドでも行えますが、便利に利用できるというレベルではないため、使いづらいと思います。

それに対して、マウスの場合は自由自在に操作できるので、この操作では間違いなくマウスに軍配が上がります。そのため、マウスを利用した方が便利に使えると言った方が良いです。

 

Chromebookで利用できるマウス

① USBハブを利用しない場合
USBハブを利用しないのであれば、Bluetooth接続に対応しているワイヤレスマウスを利用できます。こちらのマウスでは、USBポートを使わないので他の用途にUSBを利用できます。

 

② USBハブを利用する場合
USB Type-Cハブを利用する場合では、Wi-Fiワイヤレスマウス 及び USB接続に対応したマウスを利用できます。

 

③ どっちのマウスが良いのか?
Bluetooth 又は Wi-Fiマウスどっちが良いのか?も気になりますが、これはどっちでも良いので、好みで判断して頂ければ良いです。