Chromebook Android アプリでウィジェット 活用

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

スマホやiPadではウィジェットを利用する事ができるので、便利に活用するのも容易になりますが、Chromebookの場合ではウィジェットに対応していないのでChrome拡張機能やAndroidアプリの助けを借りる必要があります。

幸いな事に標準で対応していなくても実現できる手段が用意されているため、Chromebookでも利用できるのですが、そこまでに辿り着く事ができないと使えないんだな~と諦めてしまう場合も多いのでは?と思います。

その理由としては、説明書を読んでもそのような記載はないですから、自分で書籍等を購入したり勉強して目的の部分に辿り着くしか方法がないからです。

こんな感じなので、そんな面倒な事をやりたくない人にとっては物足りないノートパソコンだな~と思う事もあるのでは?

今回の記事は『Chromebook Android アプリでウィジェット 活用』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookでは標準でウィジェットを利用できない

Chromebookでは基本的にChromeで全てを完結するためのパソコンになるため、物足りなさを感じる場合も意外と多いのが特徴かも知れません。

Chromebookの特徴

① Chrome OS
ChromebookはChrome OSを搭載しているノートパソコンになります。基本的にデータはクラウドに預ける仕様になっているため、本体ストレージは少なめの場合が多いです。

 

② Chrome 拡張機能
Chromebookに搭載されているGoogle ChromeはPC版となるため、Chrome拡張機能を利用できます。拡張機能が利用できると、足りない機能を追加できるのでパワーアップに繋がります。

 

③ 起動時ログイン
Androidスマホと連携してSmart Lock解除を利用できます。

 

Androidアプリも利用できる

Chromebookは全てのAndroidアプリには対応していませんが、Androidアプリを利用できます。具体的にどのようなアプリが対応していないのか?というのは残念ながら実際に試してみないと分かりません。

あえて言えば、FitCloudProGloryFitなどのスマートウォッチのアプリは利用できません。というのも、インストールしようとしましたが、アプリをインストールできませんでした。

Playストアは、Chromebookで利用できるAndroidアプリしか表示されないようである。

 

ウィジェットはChrome拡張機能やアプリで対応

ChromebookではChrome OS標準でウィジェットをサポートしていないので、一見するとウィジェットは利用できないのではないか?と思ってしまいますが、別の方法で対応できるようになっています。

Google Chrome 拡張機能 で対応する方法

Chrome 拡張機能を利用する方法でウィジェットが使えるようになります。この場合では、基本的にChrome上で動作する事になるため、Chromeを表示していない場合では利用できません。

ChromebookはChromeで何でもかんでも行うノートパソコンなので、ウィジェット機能はChromeで実現した方が良いかも知れません。

とはいえ、必ずしも最適という訳ではないため、Androidアプリで対応した方が良い場合もあります。

 

Android アプリで対応する方法

ChromebookはAndroidアプリを利用できるので、Playストアからウィジェットを登録できるアプリをインストールして対応する方法もあります。

この場合では、ウィジェットを登録するためのアプリとウィジェット機能があるアプリの2本立て方式によるパターンで実現する方法となります。

イメージ的にはアプリの上にアプリを重ねて表示する感じになるため、土台となるアプリをインストールして最初に起動する場合では「アプリを重ねて表示する設定」を加えても良いのか?聞いて来る場合があります。

とはいえ、これを拒否すると利用できないので1択となるのが実情になります。

 

Taskbar アプリで Chromebook ウィジェット活用

Chromebookでウィジェットに対応する方法としてはChrome拡張機能でも対応できますが、Chromeに特化したウィジェットになります。それでは物足りないと感じる場合ではAndroidアプリで実現するのが最適です。

Taskbar PC-style productivity for Android

ChromebookではAndroidアプリも利用できるので、OS標準には含まれていない機能でもAndroidアプリをインストールして対応できる場合があります。

ウィジェットもその内の1つであり、Taskbar PC-style productivity for Android というアプリをChromebookにインストールする事で対応できるようになります。

Taskbarを利用した場合ではシェルフの直ぐ上にタスクバーが表示されますが、利用しない場合は非表示にしておく事もできるので便利に使えます。

 

Taskbar ランチャー機能

Taskbarアプリの特徴として、シェルフの直ぐ上にタスクバーを表示できるという特徴がありますが、それ以外にもランチャー機能があります。

Chromebookにも標準でランチャーを搭載しているため、別にランチャーアプリは必要ないのですが、Chrome OS標準のランチャーは2段階表示なのでピンポイントで表示できないです。

但し、Chrome OS タブレットモードの場合はランチャーとシェルフが合体しているので使いやすいです。

このアプリのランチャー機能はメニューボタンをクリックすると表示できる

 

Taskbar ウィジェット機能

Taskbarアプリにはウィジェット機能も搭載されています。どういう機能なのか?と言うと、アプリの上から重ねてウィジェットを表示する機能になります。

つまり、ウィジェットを表示するための土台としての機能になるため、このアプリ単体ではウィジェットを利用できません。

Playストアでウィジェットに対応しているアプリをインストールした上でウィジェット登録が必要になります。

 

スポンサーリンク

Chromebook Taskbar でウィジェット利用する場合

ChromebookにAndroidアプリのTaskbar PC-style productivity for Androidをインストールすると、ウィジェットが利用できるようになります。

Chromebook ウィジェット Taskbar 使用レビュー
皆さん こんにちは! Chromebookを便利に活用する場合では、どのように使えば良いのか?も気になる要素となります。何故か?と言うと、サブPCの用途で購入しているため、使い道に困って活用方法で悩む展開も珍しくないからです。...

全てのウィジェットには対応していない

実際にTaskbarにウィジェットを登録する場合では対応するアプリをPlayストアからインストールする必要があります。この場合に注意事項があり、全てのウィジェットには対応していません。

どういう事なのかな?と思いますが、ウィジェットの場合ではいくつかの種類が用意されていますが、Taskbarで利用できるサイズは小さいサイズに限定されます。

横長タイプは登録できないので要注意です。

 

ウィジェットは8個まで登録できる

Taskbarアプリに登録できるウィジェットは全部で8個までとなります。9個以上のウィジェットをChromebookにインストールしている場合もありますが、実際に登録できるのは8個までなので、厳選する必要もあります。

登録方法は至って簡単なのですが、登録したつもりでも実際には登録できない場合もあります。

どうしてなのかな?と思ってしまいますが、この場合はウィジェットサイズが適切ではないと解釈した方が良いです。

この事に気が付かないと何回か?同じ事を繰り返す事になります。

 

Taskbar メリット・デメリット

① メリット
ランチャー機能とウィジェット機能が利用できるので確実にChromebookをパワーアップに繋がるのが良い部分に感じます。

 

② デメリット
登録できるウィジェットが8個までに限定されるのと、全てのウィジェットサイズに対応している訳ではないので、登録できない場合もあるという部分がデメリットに感じます。