Chromebook ウィジェット Taskbar 使用レビュー

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを便利に活用する場合では、どのように使えば良いのか?も気になる要素となります。何故か?と言うと、サブPCの用途で購入しているため、使い道に困って活用方法で悩む展開も珍しくないからです。

だからと言って、基本的にChromebookは何でもかんでもGoogle Chromeで全て完結するパソコンになるため、物足りなさも感じます。

特にウィジェットに対応していないため、これを実現するのはChrome拡張機能を利用する 又は Androidアプリを利用するのか?の2択になってしまいます。

どっちの方法が自分にとって最適に感じるのか?は実際に両方とも試して見ないと分からないので試行錯誤を繰り返す必要もあります。

今回の記事は『Chromebook ウィジェット Taskbar 使用レビュー(Android タスクバーアプリ)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook ウィジェットを利用する場合

Chromebookの場合は基本的にはGoogle Chromeで何でもかんでも行うノートパソコンになるため、ウィジェットもChrome拡張機能で対応する事になります。

Google Chrome 拡張機能を利用する

実際に利用した事があるChrome拡張機能は、ProductivityTab – Custom Homepage Dashboardになります。この拡張機能を利用すれば、Chromeのタブにウィジェットを配置できるため、デスクトップ画面に配置しなくても似た感覚で利用できます。

その反面、この拡張機能を利用しても便利に使えるという訳でもないのが実情になります。というのも、日本語に対応していないウィジェットも多いので使える機能が限られてしまうからです。

せっかくChromeでウィジェットを利用しても、自分にとって最適に感じるウィジェットが利用できないと意味がないので、結局のところ利用しなくなってしまうと思います。

そのため、Chromeではなく別の方法にてウィジェットを実現するのが賢明の選択となります。

 

Androidアプリを利用する方法もある

Chromebookの特徴として、全てのAndroidアプリには対応していませんが、Androidアプリも利用できるのがメリットの1つになります。

この特徴を活用して、Androidアプリをインストールしてウィジェット利用する方法も現実的な手段になります。でも、どのように行えば良いのでしょうか?

というのも、ウィジェットに対応したAndroidアプリをインストールしてもChromebookにウィジェットが配置できないため、利用する事ができません。

これがどうにか?できるアプリを見つける事になりますが、幸いな事にこれが実現できるアプリがあり、Taskbar PC-style productivity for Androidというアプリになります。

 

Chromebook ウィジェットはTaskbarアプリで対応

Taskbar PC-style productivity for AndroidアプリをChromebookにインストールする事で、このアプリ上にウィジェットを配置して利用できるようになります。

タスクバー Taskbar Android アプリ できること

① ウィジェットが利用できる
このアプリのメリットは何かな?と考えた時に、真っ先に思い付くのがウィジェットを利用できるという部分に尽きます。

独自のウィジェットではなく、他のAndroidアプリでウィジェットに対応しているアプリ。

 

② ランチャーも利用できる
Taskbarはウィジェットに関心が行ってしまいがちになりますが、ランチャーアプリなので、ランチャーとして利用する事もできます。

Chromebookのランチャーより便利に使えるので、このアプリを使う事で効率的な操作方法を実現できるのではないかな?と個人的に考えます。

 

タスクバー Taskbar アプリ できないこと

このアプリをインストールして利用する事でAndroidアプリのウィジェットを利用できるようになるのは正直のところ、とても便利に感じます。

でも、全てのアプリがTaskberに対応している訳ではないため、ウィジェットに対応しているアプリでも利用できない場合も意外と多いです。

表示できるサイズが予め決められているため、大きいサイズの場合だと追加登録しても搭載されません。

利用できるのは小さいサイズのウィジェットだけなのではないかな?と解釈しておいた方が良いと思います。

 

Chromebook ウィジェット Taskbar 使用レビュー

ここでは、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet にAndroidアプリのTaskbar PC-style productivity for Androidをインストールした上で、実際に使ってみた評価レビューになります。

イマイチに感じる部分

残念に感じる部分としては、ウィジェットに対応している全てのAndroidアプリに対応していないという部分に尽きます。

というのも、天気予報のウィジェットを導入する時に、Androidスマホで利用している天気予報ウィジェットが使えない事実に気が付き、Taskbarで利用できる天気は何かな?といった感じで試行錯誤を繰り返したからです。

入れては削除しての繰り返し作業が少ない方が使いやすいのですが、なかなか、そう簡単にはいかないようです。

とはいえ、Taskbarに対応できるウィジェットが見つかればChromebookをパワーアップできるので、この辺りは仕方ない部分かも知れません。

 

実際に使っているウィジェット・アプリ

① 電卓
便利に感じる部分と言えば、電卓ウィジェットを登録できる部分に尽きるのではないかな?と感じます。ウィジェット上で計算できるので素直に便利に感じます。

Real Calculator というアプリをインストールしています。

 

② 天気
天気というアプリをインストールしています。本当は週間天気予報を表示できるアプリを探していたのですが、Taskbarに対応していないみたいなので諦めて妥協した結果がこのアプリです。

他にも色々あるので、もっと良いアプリも見つかると思います。その都度変更すれば良いかな?と考えています。

 

③ カレンダー
カレンダーは正直のところ、どれもイマイチに感じます。良さそうに感じた背景が透明な物も有りましたが、壁紙によっても左右されるため、どれもイマイチといった感じなので、どれでも良いかな?で配置しています。

 

Taskbar PC-style productivity for Android 使用レビュー

これまでChromebookにインストールして便利に使っているAndroidアプリは、デジタルノートのMicrosoft OneNote 及び ファイル転送アプリのSendanywhereぐらいなので、正直のところ、どの程度使えるのか?懐疑的で利用していました。

実際に使ってみると、全てのAndroid ウィジェット・アプリに対応していないので使えないな~という評価だったのですが、この枠内に収まるサイズのウィジェットが見つかれば便利に使えるのが判明したので、しばらく使ってみようかな?という評価に変化しています。

一長一短に感じる部分も多いですが、便利に感じている部分も有るので、良い所取りを選択できれば使えるかも知れません。

 

スポンサーリンク

Android Taskbar 使い方(ウィジェット表示・登録)

ここでは、Chromebookで利用するAndroidアプリのTaskbarについての使い方紹介になります。起動 及び ウィジェット登録までの内容となります。

Chromebook ウィジェットはChrome拡張機能の活用で対応できる
皆さん こんにちは! iPadではホーム画面にウィジェットを固定できますし、ロック画面でも利用できるので便利に使う事ができます。それに対して、Chromebookではどうやって配置するのかな?といった感じになります。 と...

Taskbarの起動・ウィジェット表示する方法

① 手動で起動
Chromebookに電源を入れて起動し、ログインした場合ではTaskbarは起動していません。ランチャー 又は シェルフからTaskbarを起動する必要が有ります。

 

② スイッチ
Taskbarを起動すると全画面表示で設定ウィンドウが開きます。設定ウィンドウ上部にあるスイッチをオンにすると、「」が左下のシェルフの直ぐ上に表示されます。

 

③ 機能選択
タスクバーを利用する場合では、シェルフの上(左側)に小さな「 」が表示されているので、このアイコンをクリックすると、シェルフの上にあるアイコンをクリックすると、タスクバーが表示されます。

 

④ タスクバー
表示されたタスクバーにはランチャーウィジェット 及び 電源関係のアイコンが表示されます。

 

⑤ 左側のアイコン
一番左端にあるアイコンはランチャーになります。ここをクリックすると、インストールされているアプリの一覧が表示されます。🔎ではアプリの検索が行えます。

尚、ランチャー表示を終了する場合はアイコンをクリックしてください。

 

⑥ 右側のアイコン
ランチャーの右横の四角いアイコンをクリックすると、ウィジェットが表示されます。電卓ウィジェットはそのまま計算できますが、クリックに対応していないアプリはクリックするとTaskbarが終了します。

因みにTaskbarウィジェットを終了する場合はアイコンをクリックすると終了できます。

 

Taskbar ウィジェットの追加登録する方法

Taskbarにウィジェットを追加する場合は、空いている部分をマウスのカーソルを移動させると、「クリックしてウィジェットを追加」が表示されます。

どこでも良いので、クリックすると、ウィジェットを選択できる画面が表示するので選択します。下にスクロールすると、最後まで表示できます。

クリックしてウィジェットが表示されたら、追加登録完了となります。選択したのに表示されない場合もあります。この場合はTaskbarで利用できないサイズを指定しているので、登録できないのである。

枠内に表示できるサイズを指定してください。